挨拶・スピーチ

安全大会で今すぐ使える挨拶やスピーチ例文と意味

大小問わず建設現場は常に危険との隣合わせです。30階以上のマンション、ビルの建設は、高所での作業などは、ちょっとした落下物でも人が死ぬ場合もあります。

通常の2階建ての注文住宅でも気を抜いたら足を滑らせて落ちてしまう場合もあります。

安全大会とは、このような死につながるトラブルも含め現場で働く労働する方たちが気持ち良く働いていけるように促すようなものになります。

安全大会を行っていく上で、大事なことを順を追ってご紹介していきます。

安全大会とは?

皆さんは安全大会ってご存知ですか?建設業関係で働いてない方はピンとこないですよね?「何の大会なの?」って感じですよね?実は大事なので、どのようなも意味、目的があるのかご紹介していきます。

安全大会の目的

安全大会とは、各現場における働く方たちの安全と健康を確保するように、働きやすい労働環境を整え、より高めていくことを目的に、各現場の協力会社が一斉に集まり、安全への意識をより高めるために、安全意識を共有するために開催されるものです。

建設現場は本当に危険との隣合わせですので、安全大会は必要なことかと思います。現場で働く一人一人が、安全への意識を高く持つことが一番必要なことです。

昨今では、安全大会が定型化してきておりますが、必要な情報の共有など関係会社の顔合わせなど他の会社との連携が大事な現場においては安全大会は重要な集まりとなります。

安全大会の意味

安全大会は現場が立ち上がる前に必ず行うことであります。そういったことを踏まえると安全大会を開催する側、安全大会に出席する側とお互いが定型化してしまうといったことが、しばしば起きてしまいます。

安全大会を主催する側の危険性

  • 形式的にやっている
  • 恒例になっている
  • やらないとイメージが悪い

安全大会に出席する側の危険性

  • 何回も同じ内容
  • 同じ内容なので、ボーtっとしてる
  • 顔出しとかないとイメージが悪い

上記のような危険性も含んでいますので、安全大会を行う際は、おざなりにならないような主催者側の工夫が必要かと思います。

本来の安全大会の意味は安全講習や安全に対する抗議を聞いいたり見たりすることによって各々が安全に対する意識の向上、再確認をする場であるので、常に安全に対して危機感を持たなくては意味がありません。

安全大会を主催する側は大変だが、現場で働いてくれる協力会社がしっかりと安全意識が高まるような安全大会を企画しなければ安全大会の意味がありませんので、注意しなければならないポイントです。

安全大会の式次第(進行)

安全大会がいかに重要なことかとおわかり頂けたと思います。ここでは、安全大会の式次第(進行)についてご紹介します。

安全大会の式次第の基本的な流れ

  • 1.安全大会の開会宣言(開会の挨拶)
  • 2.来賓の紹介・挨拶
  • 3.現場の管理者の紹介
  • 4.協力会社の紹介
  • 5.現場の概要・工程の説明
  • 6.安全に関するビデオ講習など
  • 7.安全宣言<
  • 8.閉会宣言(閉会の挨拶)

上記の流れが基本的な流れになります。各現場、建設会社の現場責任者によって内容は異なります。

なぜなら安全大会がおざなりな定型化になってしまうと安全大会に来る会社は何回も安全大会に出席しているので、安全大会慣れしているので、同じ内容では危機感の意識が薄れてしまう場合があります。

安全大会は毎回よく考え安全意識を高められるような内容にしなければならない。

1 2 3 4