意味・文例

「ご厚意」の例文・意味や使い方【好意との違いも】

「ご厚意」という言葉について正しく理解していますか?「ご厚意」はビジネスシーン、手紙などで、「思いやり」や「気づかい」を丁寧に表現するときに多く使われる言葉です。

主に目上の方や対等な立場の人に対して使用します。同じ読みの言葉に「好意」とあります。「厚意」と「好意」で間違える人が多いです。今回は「ご厚意」の意味と使い方、例文、「厚意」と「好意」の違い、使い分けを交えながら解説していきます。

「ご厚意」の意味

「厚意」は「思いやりのあるあつい気持ち」「厚情」を意味しています。これらは他人の行為に関して言います

「厚意」は、相手が自分に対する「優しく思いやりのある配慮」、相手の「親切心」を意味します。

「ご厚意」の漢字・読み方

「厚意」は「コウイ」と読みます。

「厚」は音読みだと「コウ」、訓読みだと「あつ(い)」と読みます。

「厚」の意味

  • 1.ぶあつい。
  • 2.ゆたか、ゆたかにする。
  • 3.心づかいが親切で丁寧、てあつい。
  • 4.あつかましい。

「厚意」という言葉では、2.ゆたか、ゆたかにする、3.心づかいが親切で丁寧、てあついという意味合いが表現されています。

「意」は音読みだと「イ」、訓読みだと「こころ」「おも(い)」「おも(う)」と読みます。

「厚」の意味

  • 1.心の中の思い、気持ち、考え。
  • 2.言葉や物事に含まれる内容、わけ。
  • 3.おもう。

「厚意」という言葉では、「意」の漢字の全ての意味が表現されています。

「ご厚意」の使い方・例文・言い回し

「ご厚意」は相手の親切心や心遣いに対して使用する言葉です。自分の行動に対しては使いません。相手の親切心、心遣いへの感謝やお礼の気持ちを表す時に使います。また、謝罪や断りを入れる時などにも使えます。

感謝、お礼の気持ちに対して使う場合

「ご厚意」は相手の親切心や心遣いに対して感謝を伝える時に使う言葉です。様々な場面で使えるので、言い回しを含めて色々な使い方をご紹介します。

感謝・お礼の言い回し

ご厚意に預かる(預かり)

ご厚意に感謝

ご厚意ありがとうございます

1 2 3 4 5 6 7 8