意味・文例

「相成る」「相成りました」の使い方や意味・例文・類語・英語表現

「相成る」「相成りました」という言葉をご存知でしょうか。「10万円に相成ります」「いかが相成りましょうか」などと聞き覚えがあると思います。

この「相成る」「相成りました」はどのような意味を表すのでしょうか。普段使わない言葉だから正しく理解してない方が多いです。

「相成る」「相成りました」は丁寧な言い回しなので、ビジネスメールでも使う場合があります。一体どうのように使うのでしょうか。しっかりと正しく使えるように意味を確認しておきましょう。そこで今回は「相成る」「相成りました」の意味と使い方、類語、言い換え表現について解説していきます。

「相成る」「相成りました」の意味

まずは、「相成る」「相成りました」の意味をみていきましょう。

「相成る」

「なる」 の改まった言い方。「なる」は動詞です。

「あい」 は改まったニュアンスを伝える接頭語です。

「あい」 は漢字で書くと「相」。「対面」「相対」「向かい合う関係にある意を表す。いっしょに。互いに。」という意味を表します。

このように「お互いに」「一緒に」という意味合いから動詞にくっつくことで、「しっかりと」「確かに」という意味に変化していきました。

例文

  • 1.10万円に相成ります
  • 2.いかが相成りましたでしょうか?
  • 3.相わかった

「お互いに」という感覚から「お互いにしっかりと確認しあった」という意味で使われます。このように「しっかりと」「確かに」という意味を添えることで、重々しい雰囲気、安易ではない雰囲気が加えられることになます。

「相成る」「相成りました」の使い方

普段の日常生活の中で使用することはほとんどなく、ビジネスシーンにおける会社の報告や、結婚の報告といったかしこまったときに使用することが多いです。

「相成る」「相成りました」だけで使われることもありますが、「相成る」「相成りました」の前に「運びに」や「運びと」という言葉を付けて使う言い回しもよく使います。

「運び」を使った例文

  • 来年、当店は閉店する運びと相成りました。
  • この度、代表取締役に就任する運びと相成りました。
  • この度、○○に新店舗をオープンする運びと相成りました。

このように事業であったり、物事の進捗を報告するような文章、挨拶で使われる言葉です。

1 2 3