意味・文例

早々にご対応いただき&「はやばやと」ビジネスの使い方と意味とは

image&illustration by フォトイラ

「早々」という言葉を皆さんも聞き覚えがあり、使っている中で「早々」という言葉の使い方を正しく使えているでしょうか。

「早々」という言葉は様々なシーンで使われています。

  • 手紙
  • ビジネスにおける文書
  • ビジネスメール
  • 年賀状

「早々」という言葉は簡単に使われがちな言葉だけに、「早々」という言葉を正しく理解したいところです。

そこで今回は「早々」という言葉の意味、使い方、例文、類語、語源、読み方などを交えて紹介していきます。

「早々」の読み方

「早々」は2つの読み方があります。

  • 早々と=はやばやと(はやはやと)
  • 早々に=そうそうに

「はやばや」は古くからの慣用句の読み方になります。

「そうそう」は漢語的な音読みの読み方となります。

「はやはや」は滅多に使われることはありませんが、知識として覚えておきましょう。

意味は両方ともほとんど同じになります。それでは意味を見ていきましょう。

「早々」の意味

「早々」の意味は「はやばや」と「そうそう」と両方とも早くに、直ちに、すぐにという意味で使われます。

「早々」と=「はやばや」と

「はやばや」と読み方の場合は副詞となり、意味は普通よりも早く(早い時期)に物事を行うさま。たいへん早くに。という意味と急いで物事を行うさま。さっそく。という意味になります。

  • 彼は早々(はやばや)と帰っていった
  • 早々(はやばや)と食事を終える

早々に=そうそうに

「そうそう」と読み方の場合は名詞と副詞で使われ、名詞の場合は他の言葉の後につけて使われます。

名詞の時の例

  • 出発早々
  • 入学早々

ある状態になってまだ間がないこと。すぐ。直後。

副詞の時の例

  • 彼は早々(そうそう)に引き上げた
  • 私はゲーム早々(そうそう)に勝ったと思った

副詞の場合はほとんど(早々に)という形で使います。意味はできるだけ早く物事を行おうとする気持ちを表す。急いで。はやばやと。となります。

はやばやもそうそうも意味は同じになりますが、使い方、使う場面が違ってきますので気をつけて下さい。

それでは早々の使い方を見ていきましょう。

「早々」の使い方

「早々」の文章での使い方は、「はやばや」は副詞で使われ、「そうそう」は名詞と副詞で使われることから下記のように使います。

副詞

○○は早々(はやばや)と□□する

名詞

○○は△△早々(そうそう)に□□する

副詞

○○は早々(そうそう)に□□する

「早々」という言葉は「すぐに」「早く」という言葉を表しています。基本的に自分、もしくは、対等か目下の人に対して使う言葉です。

目上の人に「早々」という言葉を使う場面はあるのでしょうか?見て行きましょう。

「早々」の敬語表現

「早々」という言葉にこれだという敬語表現は無いです。

敬語に近い言葉はありますので、紹介していきます。

目上の人に「早々」という言葉は失礼にあたる場合がほとんどですが、使い方ではOKな場合があります。

「早々」のご対応

「早々」に「ご」など尊敬、丁寧な接頭語は付けないですが、他の言葉につけてセットで使う場合は、目上の人に使ってもセーフです。

ただ、目上の人に使う時は、

「迅速」なご対応

こちらを使う方がベターです。

「早々」「迅速」はよくビジネスでも使われる言葉ですので、その使い分けを見ていきましょう。

「早々」「迅速」ビジネスにおける使い分け

「早々」「迅速」のビジネスにおける使い分けですが、例えば取引先が思ったよりも早い対応をしてくれて、仕事がスムーズに進んだ時にお礼のメールを送る時に使われます。

  • この度は、早々のご対応、誠にありがとうございます
  • この度は、迅速なご対応、誠にありがとうございます

上の例文はどちらも間違いではありませんが、目上の人に使う場合は「迅速」の方を使う方が良いです。

ビジネスでは対外的にも対内的にも丁寧な表現をする方がベターですので、「迅速なご対応」で間違いないです。

ヘタに「早々のご対応」を使って丁寧さが無いなと思われてマイナスイメージを与えるよりも「迅速なご対応」「早速のご対応」などを使ってしっかりとお礼の気持ちを表現しましょう。

「早々」「迅速」ビジネスメールでの使い方

「早々」「迅速」と使い分けはご説明した通りです。次はビジネスメールでの使い方となりますが、皆さんは正しく使えているでしょうか?

正しく理解してない人が多いので、「早々」「迅速」の使い方を例文を交えてご紹介します。

まずは「迅速」の例文をみてみましょう

  • ○この度は、迅速なご対応、誠にありがとうございます
  • ×この度は、迅速なご対応頂きまして、誠にありがとうございます

×の文章の方が一見、丁寧な感じに見えますが、一文に「ご」という丁寧を表す言葉と「頂きまして」という敬語表現を一緒に使うことはありません。

わかる人が見たらバカだなと思われてしまいますので、気を付けましょう。

もし、「頂きまして」を使うなら「ご」を取りましょう。

  • ○この度は、迅速な対応頂きまして、誠にありがとうございます

「早々」は目上の人には使いません。ほとんど対等か目下の人に使う表現となります。

ビジネスにおける「早々」の使い方を例文で見ていきましょう。

ビジネスメール 例

  • 来週早々(そうそう)には、対応致します。
  • 早々(そうそう)に対応して頂きまして、誠にありがとうございます。

ビジネス 例

  • 入社早々(そうそう)に申し訳ないないけど頼むね
  • 早々(そうそう)に対応してくれてありがとうね
  • 早々(はやばや)と対応してくれてありがとうね

「早々」の手紙での使い方

ビジネスにおける「早々」の使い方は理解できたことでしょう。他に「早々」は手紙でも使われます。

手紙では、頭語として「拝啓」「前略」という手紙の始まりの言葉があります。この頭語に対(つい)で文末に使うのが締めの言葉です。「拝啓ー敬具」「前略ー草々」のように、セットで使います。

「前略ー草々」の代わりに「前略ー早々」が使われることがあります。「草々」と読み、字が似ているから遊び言葉で使われるようになっていったと推察されています。

「早々」の年賀状での使い方

新年を迎えて年賀状を一枚一枚見ていると「あっこの人に出してなかった!?」ということがあります。

そんな遅れて出す時に「早々」を使う場合があります。

  • 早々(そうそう)の年賀状ありがとうございます。新年の挨拶が遅れて申し訳ありません。

この時に注意したいのが、目上の人には使わないということです。もし、目上の人に遅れて年賀状を出す時は、きちんとした挨拶で出しましょう。

  • 年賀状頂きまして、ありがとうございます。新年の挨拶が遅れて申し訳ありません。

早々の年賀状~は身近な友達や対等の人に使うにとどめておきましょう。

「早々」の例文

「早々」の使い方を理解して頂いたところで、「早々」の例文をご紹介していきます。

早々(はやばや)

  • 今日は早々(はやばや)と仕事を切り上げる
  • 今日は人通りが少ないから、早々と店じまいする
  • さっきの報告書ですが、早々と仕上げて下さい
  • 予定よりも早々と到着した
  • 私が早々と席を立つと皆の驚きの顔が見えた
  • さっきの報告書ですが、早々と仕上げて下さい

早々(そうそう)

  • 早々のご連絡頂き、誠にありがとうございます
  • 開始早々に彼のゴールが決まった
  • 入社早々に風邪をひいてしまった
  • 早々にご対応いただき、助かりました
  • 早々のお返事、ありがとうございます
  • 新婚早々に離婚したいと思う
  • 来週早々の予定はいかがですか
  • 出社早々に上司に怒られた
  • 就任早々に解任される

このように「早々」は色々なシチュエーションで使うことができますが、自分の行動に対してや対等、目下の人へ使うことがほとんどで目上の人には使いません。目上の人には他の言い換えで対応していきましょう。

「早々」の類語・言い換え

「早々の意義別に類語をご紹介します。

ほとんど遅れのない状態を表す場合

「早速」「迅速」「猶予なく」「たちまち」「大至急」「すぐさま」「いち早く」「至急」「即刻」

慌ただしく急いでる場合

「取り急ぎ」「そそくさ」「さっと」「そこそこに」「さっさと」「急遽」「早急」「速やかに」「直ちに」

これらの類語があります。これらの中で日常的にもしくはビジネスシーンでよく使われる「早々」の言い換え表現をピックアップしてみます。

「迅速」

「迅速」(じんそく)は名詞です。「物事の進行がきわめて速いさま。すみやか。」という意味になります。

「迅速」は言葉の意味のイメージ通り「極めて非常に速い」という意味になりますので、「早々」「早速」よりも早いイメージで使われます。

「早々」は目上の人に使わないのに対して「迅速」「早速」は目上の人にも使える言葉で、自分の行動にも使えます。ビジネスにおいては、「早々」ではなく「迅速」「早速」を使っていれば間違いはないです。

「迅速」(じんそく)例文

  • 迅速なご対応ありがとうございます
  • 迅速な対応を頂き、誠にありがとうございます
  • 彼女は、クレームに対して迅速に対応することができる
  • あそこの報道局は迅速に報道する
  • 迅速な応対とサービスが売りです

「早速」

「早速」(さっそく)は名詞、形容動詞、副詞と様々に使われます。

名詞・形容動詞で使われる場合は「すみやかなこと。すぐ行うこと。また、そのさま。」という意味で使われます。

「早速」は自分の行動、目上の人にも使える言葉です。「迅速」が早さを表しているのに対して「早速」は「物事に対して早く(早い段階)に取り掛かる」という意味合いを持っています。

話の切り出しや本題に入る際にも枕詞のように「早速」は使われることもあります。例文を作ってみたので、色々な「早速」を使った文を見てみましょう。

「早速」(さっそく)例文

  • 早速のご対応、誠にありがとうございます
  • 早速ですが、来週の予定はいかがですか?
  • 早速のご来店、誠にありがとうございます
  • 早速の配送、誠にありがとうございます
  • 早速のご返信ありがとうございます
  • 早速ですが、来期の予算はどうなりますか?

「早々」の英語表現

「早々」の英語表現を見ていきましょう。

「早々」の英訳

「right away」「pronto」「too soon」「as soon as」「fast」「early」「readily」「promptly」「early on」

様々な英語表現があります。

例文を見てみましょう。

「早々」の英語表現 例文

  • 新年早々
  • early in the New Year
  • 明日の朝、早々に出発する
  • I start bright and early tomorrow morning.
  • 来週早々に電話する
  • I’ll call you early next week.

「早々」の語源

「早々」も元々の意味は「あわただしい。忙しい。」というニュアンスになります。
これは、手紙の頭語、結語のセットで使われる「前略ー早々」から由来されていると言われています。

「早々」は結語で忙しくて簡単な文になったことを謝る気持ちがこもってる意味合いを持っています。