意味・文例

使える!「大過なく」の使い方や意味・例文

image&illustration by フォトイラ
「大過なく」という言葉は、よく定年退職の場面や退職・退任のスピーチで使われます。よく間違われるのが、「大禍」という言葉と間違えられます。気を付けましょう。

よく使われる表現

  • 大過なく過ごす
  • 大過なく生きる
  • 大過なく終わる
  • 大過なく乗り切る

「大過なく」は挨拶文でもよく使われる言葉です。「大過なく」を正しく理解していないと間違った使い方をしてしまいますので、今回は、「大過なく」の意味などを例文を交えてご紹介します。

「大過なく」の読み方

まずは、「大過なく」の読み方をご紹介します。

「大過なく」の読み方

  • 「大過なく」
  • 「たいかなく」と読みます。

漢字字体は難しい漢字ではないですが、あまり日常的に使う言葉ではないので、読めない人が多いです。これを機に覚えておきましょう。

「大過なく」の意味

まずは、「大過」という言葉の意味を見ていきましょう。「大過」という言葉は2つの意味があります。

「大過」の意味

  • 1.大きなあやまち。ひどい失敗。
  • 2.きわめて大きいこと。すごく大きいもの。

「大過」に「無い」という言葉をつけて「大過なく」となります。

「大過なく」の意味

  • 1.大きなあやまちが無かった。ひどい失敗が無かった。

これで「大過なく」の意味を理解できたことでしょう。



「大過なく」の使い方

「大過なく」はよく定年退職した時に、送別会などでのスピーチなど時候の挨拶などで、退職を報告する手紙を書く時によく使われます。

1 2 3 4