女性の行動

めんどくさい??うざい??彼女が泣く理由と対処法

涙とは色々な役割があります。目を潤す役割、目を保護する役割、感情を表現する役割。人間は悲しい時はもちろん、嬉しい時にも涙を流します。

思う力が強いほど、涙の量も増えます。涙を流すことで、嫌な気持ちを涙と一緒に洗い流したり、嬉しい気持ちを再確認出来たりと、涙というものはどんな人にも常に優しく寄り添っています。

女性が泣く理由と心理ケース別にご紹介

恋愛をしていると、相手とぶつかりあったり、理解し合えなかったり、別れてしまったり、色々な問題に直面します。そんなとき彼女が流す涙は、どんな意味、どんな気持ちなのでしょうか。

彼氏と喧嘩してショックを受けたとき

恋愛をしていると、喧嘩というものは必ずついてまわるものです。嫌な気持ちになってショックを受けるものですよね。

  • 彼に嫌われたらどうしよう
  • このまま別れてしまったらどうしよう

など、さまざまな不安がよぎると思います。そんなときにちゃんとお互いの意見を交換し、理解し合う事が大切です。

喧嘩をすることは悪いことのように捉われがちですが、喧嘩をするということはそれだけ本音で言い合えるということですから、思ったことを洗いざらい言い合える場として最適だと思います。

喧嘩のショックで泣く

もちろん大好きな彼氏と喧嘩することでショックを受けることもあるとは思いますが、それを深く考え込んで暗くなるのではなく、お互いに不満をちゃんと伝えられたのだと、前向きに考えることが大切です。

喧嘩なのでお互いの言葉の行き違いなどが出ますが女性は大好きな彼氏に暴言を言われた事で泣くのです。大好きな人に言われたく無い事を言われたら泣くのもしょうがありません。

「喧嘩をするほど仲がよい」とよく耳にしますが、喧嘩しながらも笑いあえるカップルになりたいものです。

彼氏と喧嘩して別れたいと言われたとき

大好きな彼氏に別れを切り出される、そんな場面は想像であっても考えたくありません。とてもショックな出来事ですし、なかなかパッと忘れられることではありません。

そんな場面になってしまった場合は泣くばかりではなく怖いと思いますが、別れたい理由を聞いてみましょう。泣いていても解決はされません。改善できるのであれば自分を見直してみましょう。

気持ちの高ぶりで泣く

それは、喧嘩のせいで気持ちが高ぶり、つい別れを切り出したのかもしれません。そんなときは、まずお互いに落ち着くまで待つのが大切です。

人間というものは、怒りで頭がいっぱいになると、心にも思っていないことをつい口に出してしまいます。そしてそれを受け取る側も然り、怒りに任せて別れを切り出したりすることがあります。

どんなに相手に対してイライラしたとしても、一旦落ち着いて、本当にそんなことを望んでいるのか思っているのか考えましょう。

それでも別れたい、と彼氏に言われた時にはショックかもしれませんが、今後の事を考え、前向きに捉えられる女性になっていきたいものです。

彼氏と喧嘩して暴力を受けたとき

付き合っていても付き合ってなくても、異性に暴力をふるわれるのはとてもショックなことです。そして、一生、心に傷を負うことでしょう。暴力は何があってもやってはならないものです。

強い者が弱い者に手を挙げるなんて、絶対に許される行為ではありません。暴力を受けた女性は、考えられないほどショックで、悲しくて、虚無感に捉われます。そんな彼女の気持ちも考えられず、暴力をふるった彼氏は人間性が欠如していると思います。

暴力がショックで泣く

今では女性側が彼氏に暴力をふるう事が多いと問題になっていますが、どんなに相手に対して怒りを感じたとしても、暴力だけは絶対に避けなければならないものです。暴力というものは失うものが多く、決してよい効果を生み出すことはありません。

もし、女性が彼氏から暴力を受けたなら、すぐに別れることを考えましょう。無理に我慢をして、心に傷を負うより、これからの将来を大切にした方がいいはずです。どんなに好きでも、自分の心の悲鳴はちゃんと聞いてあげるべきです。

引きずる感情を思い返して泣く

喧嘩した後、仲直りせずにそのままになってしまったときは、いろんなことを考えてしまうと思います。あのとき、どうしてあんなことを言ってしまったのかと後悔もする場合も少なくありません。

1 2 3