挨拶・スピーチ

「激励会挨拶」で今すぐ使える挨拶やスピーチ例文と意味

image&illustration by フォトイラ

「激励会の挨拶」をどうすれば良いのかわからないという人が多いので、「激励会の挨拶」についてご紹介していきます。

「激励会」は部活動で全国大会など大きな大会に臨む時など、人事異動、退職、転職などで人が異動する時に行われる励ます会です。

最近では産休などで休む場合に激励会をするべきか悩むくらいになっています。

色々なシチュエーションで「激励会」が行われているかがよくわかります。また、シチュエーション別で「激励会 挨拶」の例文をご紹介していますので、どのような「激励会の挨拶」をすれば良いのかが理解できます。

「激励会の挨拶」の例文

まずは、「激励会 挨拶」というものが、具体的にどのようなものがあるのか例文を見て行きましょう。

「激励会 挨拶」は激励する側、激励される側の両方が挨拶、スピーチをするのがほとんどです。両方の例文をみていきましょう。

「激励会 挨拶」激励する側の例文

これから全国大会出場という本校の新しい歴史を刻んでいこうとしている選手の皆さんに、心からエールを送りたいと思います。

「努力が運を支配する」という言葉があります。顧問の先生からの指導のもと、皆さんは厳しい練習に耐えてきたからこそ、掴んだ「栄光へのチャンス」だと思います。

本番の全国大会に向けても集中を切らさず努力し続けて下さい。

そして本番では、悔いの残らないよう、全力を出し切ることを願っています。

最後に「努力は必ず報われる」という言葉を挨拶の締めの言葉とさせて頂きます。

激励会で挨拶する場合は激励される側を気持ちよく送り出してあげなければなりません。なるべくプレッシャーがかからないよう、自分の力を出し切れば大丈夫だからといったニュアンスで挨拶することを心がけましょう!

「激励会 挨拶」激励される側の例文

厳しい予選を勝ち抜き、全国大会出場という大舞台に出場できることになったのも日頃から顧問の先生のご指導、家族のサポート、学校の応援があったからです。

本当に感謝しています。ありがとうございます。

全国大会でも良い成績を残せるよう、全員で団結し、力を出し尽くすことを誓います。

全てが終わるまで、ご指導、サポート、応援を引き続き、宜しくお願い致します。

このように激励される側は激励する側への感謝の言葉を忘れてはいけません。必ず感謝の言葉を述べましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12