うざい人

うざい!気持ち悪い!プレ花嫁の特徴と行動

身近にいる女友達の行動やSNSから、いままで仲良くしていたけれど、ちょっと引いてしまうような、プレ花嫁のウザくて気持ち悪いと感じてしまう行動や特徴まとめてみました。

結婚準備の中継

結婚式までのプロセスを逐一SNSで報告している様子を見せられると、どんなに仲良くても、ちょっとうんざりしてしまいますよね。例えば

  • 相手の両親にあって緊張したとか
  • 結婚指輪を作る様子や選ぶ際の拘りとか

これから結婚を間近に控えていたり、結婚している友人ならば良いかもしれませんが、結婚する予定のない人にとっては、見ていてもつまらないしウザいと思われてしまう内容に感じるものです。

余りにも沢山投稿してしまうと「うざい」ちょっと「気持ち悪い」と感じます。公開するならば、結婚式当日などに披露宴で紹介する程度に控えた方が無難だと言えるでしょう。

溢れる気持ちの長文

婚約や挙式が決まったら、それは女性にとって、人生における最大の幸せと言っても過言でないほど、とても気持ちも盛り上がる出来事ですよね。

その想いの丈を全て、SNSなどに長文でアップしてしまうと、かなりマイナスイメージに繋がってしまう恐れがあります。

プレ花嫁は溢れる想いが溢れすぎ

その想いは、日記に綴ったり家族や親しい友人に話す分には一緒に喜んでくれるでしょうし、とても良い事だと思います。しかし、SNS上では「良かったね!おめでとう」と思ってくれる人ばかりではないのです。

溢れる気持ちを綴るあまり、過剰な表現や普段オープンにしない言葉なども織り込まれてしまって、後で冷静になって後悔するケースもあるかもしれません。溢れる想いは、手元や身近な人との共有だけで留めておく事をお勧めします。

お揃いの格好で結婚報告

SNSでは、双子コーデでアップしたり、芸能人のカップルがお揃いの服や婚約指輪を見せている写真を載せて、結婚報告している様子をアップしていたりしています。

そのため、それを真似て自分の結婚報告も、彼とお揃いコーデの写真をアップしたり、二人の指輪をはめた手をアップしたり、するのはちょっとうんざりされてしまうケースもあるのです。

プレ花嫁は未婚者からうざいと思われる

とても喜ばしい事ですし、祝福してくれる人たちの方が多いと思いますが、載せ方によって、未婚者にとってはひがんでしまう様な内容に感じやすくなってしまいます。内容や載せ方に落ち度がないか配慮が必要になる部分なので注意が必要です。

結婚式場や日程をSNSで報告

これから結婚式を挙げるからと言って、SNS上で日程や場所が分かるようなアップをすることは控えましょう。SNSで繋がっている友人全てを結婚式に招待する事は出来ませんよね。

プレ花嫁は招待していない人にうざいと思われる

それなのに、「式場で料理の試食をしてきました」とか、結婚式の日程をお知らせする様な内容のアップは、招待しない人に対して失礼な行動になってしまいます。

気持ちが舞い上がっていたり、結婚式の準備でバタバタしていても、間違えてアップしてしまう…何て配慮が無いと思われてしまう行動は避けなければなりません。

結婚祝いをしてもらった時

会社の同僚や親しい友人に結婚祝いで食事会をしてもらった様子などをアップする時にも、載せ方を気を付けたい事があります。幸せな事だし自然な様子をアップしても良いだろうと考えていてはいけません。

これは、お祝いする側の友人が許可を取って載せる分には構わないのですが、本人がSNS上で「ありがとう」と載せるのは、ちょっと勘違いされてしまう場合があるので注意が必要です。

その場にいない友人もいますから、プレゼントやお祝いをしなければいけないなどと、気を遣わせないような配慮が必要になるのです。貰ったプレゼントの内容をアップしたりするのは他の友人の手前上、控えた方が良いでしょう。

プレ花嫁のまとめ

プレ花嫁が何故ウザいと思われてしまうのか、原因が少しご理解頂けたでしょうか?本人がとても幸せで、みんなにその気持ちを知らせたい!

と強く思う事とは反対に、素直に喜べない人たちもいるのだと言う事をきちんと理解した上でSNSの内容を考えなくてはなりません。勘違いしてしまったり、投稿を見て嫌な思いをされたくは無いですよね?

「おめでとう!」と言うメッセージは返ってきても、直接批判されたりダメ出しはしてもらう事は無いでしょう。程ほどが行き過ぎるとうざい、気持ち悪いに繋がります。

1 2