男性の心理

呼び捨てにする…男性が女性を下の名前で呼ぶ心理

image&illustration by フォトイラ
男性の中には女性を呼び捨てにする人がいるでしょう。心を開いてくれている感じがしますが雑さがあります。

一方〇〇さん、と呼ばれたら丁寧さは感じますが、同時にどこか距離を感じますよね。そこで今回は男性が女性を下の名前で呼び捨てにする恋愛心理をいくつか紹介していきます。

リードしていきたい

男性が女性を呼び捨てにするのは「自分の方が上だから」という意味が込められていることが多いです。

しかし恋愛心理の場合は少しニュアンスが変わっています。あえて呼び捨てにしているのは「俺が引っ張っていきたい!」という気持ちの現れなのです。

そのためどちらかと言えば女性を呼び捨てにするのは肉食系男子ばかりでしょう。恋愛に対して奥手な草食系男子は基本的に付き合っても「〇〇さん」と呼びます。これはリードできない気持ちからきていると言えるでしょう。

女性を呼び捨てにする男性は恋愛においては

結構勝ち気であり、自信に満ちあふれているタイプなことが多いです。そのためさまざまな場面で頼りになる存在になります。その一方自分勝手な面も目立つので、ちょっと扱いが難しいこともあるでしょう。

相手からよく絡んできて、それでいて呼び捨てにしてくるというのは脈ありサインとして捉えられます。呼び捨てにされるというのも親しさの証です。「馴れ馴れしくてウザい」なんて言わない方が良いでしょう。

女性が喜ぶと思っている

下の名前で呼ばれるとキュンとする!といった女性が喜ぶシチュエーションは、案外男性達も小耳に挟んでいるもの。モテたくて一生懸命になっている男性ほど、女性がどのようなことでキュンとするのかを調べているのです。

そして呼び捨てや下の名前で呼ぶとモテる、という情報を仕入れた彼らは、あえて女性を呼び捨てにしている場合があります。

このケースは当然ながら脈ありですし、女性から好意を向けられたいという気持ちで溢れています。そのため雑に扱っているということはないでしょう。

モテたくて女性を呼び捨てにしている男性は

興味のない人に対しては「〇〇さん」だったり名字で呼んだりします。明らかなギャップが生じているのでとても分かりやすいでしょう。

そして自分だけが呼び捨てにされている、というのはかなりの確率で片想いされていると考えて良いでしょう。恋のチャンスを逃さないためにも、男性が女性を呼ぶときの言葉遣いはチェックしておいた方が良いでしょう。

親しくなりたい

いつまでも名字にさんをつけて呼んでいると、距離が縮まった気がしないものです。できれば下の名前で呼んでみたい!そうすればもっと仲良くなれるかも。といった心理から呼び捨てにする男性も少なくありません。

出会った当初の呼び方を仲良くなってから変える、というのは逆に勇気が必要ですし、片想いがバレるかも!みたいなドキドキがあります。ですが恋のエネルギーは私達が思っている以上に大きいものです。

頑張って女性を呼び捨てにする男性もいる

最初は「〇〇さん」って呼ばれていたけれど、気が付けば呼び捨て。実はこのケースが一番良いかもしれません。距離が縮まっている証拠ですし、相手の気持ちがブレていないことにもなります。

ある日突然呼び捨てにしてきたり「下の名前で呼んでいい?」と言ってきたりする男性は「好き」という気持ちを隠しているかもしれません。

特別になりたい

男性が独占欲の強い生き物というのはご存じでしょう。そんな彼らは恋人関係になる前から片想いの相手を独占したい!という気持ちが働きます。その結果あえて彼氏のように呼び捨てにする!というケースも。

周りの関係性にもよりますが、呼び捨てにしてくる男性って周りに少ししかいませんよね。基本的に〇〇さん、〇〇ちゃん、などでしょう。その中で呼び捨てにすることにより「俺は下の名前で呼べる関係だから」という満足感に浸っているのです。

下の名前で呼ぶ事でアピールしたい

もしくは周りにいる他の男とは違う、とアピールしたいのでしょう。このケースの場合は脈ありではありますが、結構重たいですね。

また、独占欲から呼び捨てにしている男性はプライベートでも電話をしてきたり、あなたが暇な日は全部自分との予定を入れさせようとしてきたりします。重たいのはちょっと苦手・・・という人は気を付けた方が良いかもしれません。

気を許している

女性を呼び捨てにするのは中々難易度が高いものです。下手をすれば「馴れ馴れしいから」と怒られますし、嫌われてしまうリスクもあります。

1 2