女性の行動

彼女が料理をしてくれない理由と対策

彼女が料理をしてくれないと寂しいものですよね。彼女の料理を食べたいと思うのは、彼氏なら誰しもが思う事ではないでしょうか。しかし料理上手・料理好きな女性ばかりではありません。彼女が料理をしてくれない場合もあります。

料理なんて簡単、と思っているかもしれませんが、料理はセンスも大切ですしとても奥が深いもの、ニガテ意識を持ってしてしまう女性がいて当然で作ってくれない理由があります。

とは言っても彼女に料理を作って欲しいと思ってしまう彼氏。そんな男性に、彼女が料理をしてくれな理由とどうしたら料理を作ってくれるか、いくつかの方法をお教えします!理解すれば彼女が料理を作ってくれるようになりますよ。

彼女に手料理を作って欲しい彼氏の心理

彼氏が彼女に料理を作ってもらいたい理由として一番多いのは、単純に自分のために何か作ってくれるという事が嬉しいからです。それがどんな料理で、美味しかろうが不味かろうが、彼女が一生懸命自分のために作ってくれた事が大切なのです。

そして次に大きな理由が、彼女との将来を考えているから。高校生の付き合いで料理上手を求めている彼氏は少ないでしょうが、大学生や社会人になると料理をしてくれない彼女より料理ができる彼女を求める率が上がってきます。

年齢が上がるにつれ、結婚が視野に入ってくる事が理由でしょう。一緒に暮らすとなれば料理は日常的にできたほうが良いので、作ってくれない彼女より作ってくれる彼女がよいと思うのは当然と言えば当然ですね。

女性は全員料理好きではない

昔から家で料理を手伝っていた女性は、実はそんなに多くはありません。好きな人ができたり彼氏が出来たりして、初めて料理を作ろうと思う女性もたくさんいます。

最初から彼氏に振る舞えるほどの腕ではないんです。そして最初は家庭的な料理よりも、派手で豪華で手間のかかる料理に手を出してしまいがち。料理をしてくれないのではなくまだ苦手、そのせいで

  • 私は料理が下手だったんだ
  • 料理作るのニガテ
  • 作るの大変だから嫌い

とマイナスイメージを定着してしまう事だってあるのです。料理好きではない彼女に無理矢理作ってもらおうとすると、彼女の料理嫌いが加速してしまうかもしれないので要注意です。その場合は料理をしてくれない彼女になってしまいます。

単純に料理がニガテ

料理が嫌いである事とニガテである事は少し違います。ニガテな人の中でも料理が嫌いというわけではない場合もあるのです。料理を作ってくれないのではなく作れない場合も

頑張って作ろうとしても美味しいものが作れない、小さじや大さじがわからない、料理をしてくれない彼女は手際が悪くてキッチンが毎回ぐちゃぐちゃなど、様々です。

数をこなせば上手になる人もいますが、どれだけやっても下手なままの人だっていますよね。自分で美味しいと思うものが作れないのに、彼氏に作ってあげたいとは思わないので、この場合も無理強いはやめましょう。

料理ニガテ彼女とは一緒にキッチンに立ってみよう

彼女にばかり料理を作ってもらう事を期待せず、一緒に料理を楽しんでみてはどうでしょうか?一緒に作れば、美味しくても失敗しても楽しい時間になるかもしれません!

その際の注意点ですが、もし失敗や間違いをしても責任を押し付け合ったり責めたりしてはいけません。喧嘩になると料理が嫌な思い出になり、ますます彼女が料理から遠ざかってしまうかもしれません。

彼氏の料理が上手すぎ!彼女は自信を無くしているかも

1人暮らしで自炊をしていたり普段から料理をしていたりする彼氏だと、彼女は料理を振る舞いたくありません。彼氏が自分より料理上手だったら、どんな彼女でも自信を無くしてしまいます。

自分が料理できれば彼女はできなくても平気と思っている彼氏ではなく、彼女にも料理を作って欲しいと思っていると、彼女からしてみたら同じレベルを求められるとプレッシャーでしかありません。

彼女に求めるレベルを上げ過ぎず、もし教えるとしたら上から目線には気を付けて呆れた態度をしないようにしましょう。料理をしてくれないではなく、したくなる様に仕向ける必要があります。

彼ママが料理上手だと、彼女は作りたがらない

彼氏以上に彼ママが料理上手だと、彼女にとってはプレッシャー以外のなにものでもありません。彼が今まで食べてきたものと比べられるのですから、作りたくない彼女の気持ちをわかってあげてください。

自分の母親の味を彼女に求めるのも彼女は嫌がり、料理をしてくれない状態になります。彼女には彼女の家庭の味がありますので、作ってくれないからと言っても押し付けはしないでください。

彼女の料理を評価してない?

彼女の作った料理に点数を付けたり、意見したりしていませんか?頑張って作った料理を偉そうに意見されたら彼女はげんなり、作ってあげたい気持ちがどんどん無くなっていくでしょう。

美味しくないものを無理に美味しいと嘘をつく必要はありませんが、「もうちょっと薄味がいい」など細かい事を言われると彼女はイラっとして、なら自分で作ればいいと思います。イラっとすれば料理はしたくない、してくれない彼女になってしまいます。

彼氏としては、彼女のためを思って言っているつもりかもしれませんが、彼女からしてみたら余計なお世話。それが普段料理をしない彼氏ならなおさらムカつくだけですのでやめましょう。

元カレに手料理をけなされた

元カレに手料理評価が低かった彼女は、彼氏に料理を作る事がトラウマになっているかもしれません。料理がニガテである、好きではないけれど、彼氏のためにがんばって作った料理をけなされる。

こんな悲しい仕打ちはありませんよね。そんな彼女に料理を望むのは簡単ではありません。彼女に寄り添って、お願いするなら少しずつ無理強いしないようにしてください。料理をしてくれないと思った場合はまずは彼がまず料理を振る舞ったり、一緒に作ったりもいいでしょう。

料理は女性がするものという考えが好きじゃない

料理は女性がするものという固定観念は中々なくなりません。しかし「女なのだから料理くらいできるようになりなよ」なんて事を言われたら、男尊女卑と感じる彼女もいるでしょう。作りたくないと思ってしまいます。

そんな彼女には、女だから料理をして欲しいではなく、大好きな彼女の手料理だから食べたいという気持ちを話しましょう。してくれないからしてあげたいに変わるように、お返しに彼も料理を振る舞うくらいの気持ちも持っておきましょう。