女性の行動

デートで!?女性から腕を組む時の男性の心理とは

デートで!?女性から腕を組む時の男性の心理とは image&illustration by フォトイラ

気になっている彼とデートをしていると、思いきった行動もしたくなりますよね。例えば腕を組んで歩きたいと思うでしょう。

今回は女性から腕を組む時の男性の心理について紹介していきます。気になる彼と今度デートをする!なんていう方はぜひ読んでみてください。

ドキッとする

2人きりで会ってデートをする。という時点で男性側も少しは気になっている部分があります。どれだけ時間を持て余している方でも、わざわざ嫌いな人と1日遊ぶなんてことはしませんからね。デートの約束ができるだけでも恋愛は上手く可能性があります。

そして少しでも気がある男性にとって、女性から腕を組む時はドキドキする瞬間なのです。

  • え?俺のこと好きなの?
  • 体が密着している・・・
  • どんな気持ち?

など色々と妄想してしまいます。その結果として男性側が恋に落ちることもあるでしょう。人は好意を向けられた途端、急に相手のことが気になってしまいますからね。特に恋愛や女性にあまり慣れていない男性の場合は突然のビッグイベントに歓喜するでしょう。

また、ただ腕を組むだけではなく胸を押し当てる、周りに人がいない所で行う、といった工夫をすればさらに好感度をアップさせることができます。余裕がある方は意識してやってみましょう。

告白のスイッチが入る

告白をしてフラれるのは怖い。男性達もそんな考えを持っています。そのためものすごく仲の良い女性にも中々想いを告げられない!という方は結構いるのです。しかし相手が明らかに脈ありの行動をしてくると、告白しようというやる気が起こります。

つまり女性から腕を組むという行為は恋愛において強いスパイスになるのです。もちろん行うタイミングなども重要になってきますが、やって後悔しない!という覚悟があるならした方が良いでしょう。腕組みがきっかけで幸せへの道が開けることもありますからね。

人目が気になる

男性はちょっと恥ずかしがり屋な部分と常識があるアピールをしたい気持ちがあります。人目のある場所でのスキンシップを好まないのも上の2つの理由です。生まれついての性質かどうかは微妙ですが、おそらく男性の多くは人目があるところでイチャイチャするのは苦手です。

そのため女性から腕を組む時の男性心理としても

  • 恥ずかしい
  • 今はやめて欲しい
  • 見られるのが嫌だ

などがあります。デート中の行動としてNGという判定をされる場合があるので注意が必要です。仮に行きすぎたスキンシップだと捉えられてしまうと、彼の温まっていた気持ちが冷めてしまいます。

結果としてせっかくの恋愛の芽を潰してしまうきっかけになるかもしれません。もちろんほとんどの男性は1回腕を組まれたぐらいで嫌いにはなりませんよ。

しかし女性から腕を組む時はタイミングや相手の考え方を理解した上で行うのが重要になってきます。小さな失敗が大きな影響力を持っているのが恋愛。気をつけて行動を起こしましょう。

安心する

人は誰かと肌が触れあっていると安心感で満たされるもの。腕を組むという行為もハグほどではありませんが、体が密着します。男性もボディタッチをされた瞬間こそドキっとしたり驚いたりしますが、ある程度経つと安心感を覚えるのです。

女性から腕を組む時の男性達の意見としても

  • 落ち着く
  • むしろ腕を組んでないと違和感がある

など嬉しいものがあります。体が密着しているので温もりを感じますし、自分は1人ではない、という心の余裕が生まれるのです。

また、距離が近づくことで香りが鼻に入ってきてキュン!となる男性もいらっしゃいます。恋愛において香りはかなり重要な意味を持っているので、嗅ぐ度に腕を組んだあの日を思い出させるというのもアリですね。

何も思わない

女性経験が少ない男性からすれば腕を組むという行為はドキドキとキュンキュンがミックスする出来事。その一方で既に慣れすぎている場合は何も思わないのです。実際今までも多くの女性と腕を組んできた男性は「あ、組むんだ」というくらいで大きな心の変化はありません。

成功でもなく失敗でもない微妙なラインになります。こちらから腕を組んでも特にリアクションを見せない場合は慣れている証でしょう。

また、もしもの可能性ですが普段から腕を組んでいる可能性もあります。例えば別の女性が近くにいて、毎週デートをしているかもしれません。ちょっと探ってみるのも良いでしょう。

なんかヤダ

腕を組む行為自体は好きだけど、女性からされるのはヤダ。そんな心理を持つ男性もいます。理由を紐解いていくと、1つ目は遊び人っぽいというもの。確かに女性からグイグイいきすぎてしまうと普段から色々な人にボディタッチをしている軽い女というイメージがつきます。

真剣な恋愛をしたい男性にとって遊び癖のある軽い女性に興味はありません。ちょっと注意した方が良いでしょう。

2つ目はちょっと素敵ですよ。「腕を組むのは自分からがいい」というもの。男性は元々リードしたい気持ちがあるため、先にやられるのはちょっと嫌なのです。こうした心理があるならば、ちょっと男性側に委ねてみるのもアリですね。

女性から腕を組む時はタイミングに気を付けよう

恋愛において強いスパイスになる反面、もしかすると嫌な思いをさせてしまうのが腕組みです。女性側から仕掛けていく場合は彼の心理を考えてみて、上手いタイミングで行うのが良いでしょう。

2人きりになった時やある程度打ち解けてからにするのがオススメです。また、軽い女と思われないように恥ずかしそうに腕を組むと男性はキュン!とします。

ちょっとした工夫をすればミスや嫌われる可能性をグンと下げることができるので、頭は冷静を保つようにしましょう。ぜひこの記事のことを思い出しながら素敵なデートにしてください!