男性の心理

年下?年上?敬語からタメ口に変わる恋愛的な男性心理

年下?年上?敬語からタメ口に変わる恋愛的な男性心理 image&illustration by フォトイラ

仲良くしていた男性が敬語からタメ口に変わるというのはドキッとしてしまう瞬間でしょう。コチラが行為を持っていた場合は、もしかして脈あり?心を開いてくれた?など期待も膨みますよね。

敬語で話されていると脈なしと感じますが敬語からタメ口に変わると好意のサインと感じますよね?そこで敬語からタメ口に変わる男性心理をいくつか紹介。彼が一体何を思って敬語からタメ口になったのかを見ていきましょう。

距離が縮まったから

人間誰しも会ったばかりの人から嫌われたくはありません。職場での関係・プライベートでの交流にしても、出会ってから時間が経っていない場合は敬語を使います。失礼がないですし、相手を嫌な気持ちにさせません。歳上相手ではなくてもあえて敬語で話す人は増えています。

しかしある程度距離が縮まってくるとお互いに気を許し始めるので、敬語からタメ口へと変わっていくのです。「いつまでも敬語じゃ・・・」と感じて、少し恥ずかしがりながらもタメ口へシフトチェンジします。

今まで敬語で話してきたのにタメ口へ変わる男性心理は距離が縮まったからであることが目立ちます。当然この先恋愛に発展する可能性もありますが、友達関係で終わることも。しかしタメ口で話されて嫌な気がしないのであれば喜んでもOKです。

また、タメ口になってから以前より絡む機会が増えている場合は脈ありかもしれません。敬語をやめてきたら少し様子を見てみましょう。

仲良くしたい

敬語からタメ口へと変わる男性心理の中には「仲良くしたい」というものがあります。敬語は相手を敬う時に使う言葉ですが、やはりプライベートでも使っていると壁を感じてしまうもの。ましては恋人になったのにタメ口でないと違和感すらある。そう思う男性は意外に多いのです。

そのためある程度親しくなり、この先も関係を発展させたい!という男性は仲良くなりたいから敬語からタメ口へ変える傾向にあります。こちらの一緒にいて楽しい気分になれますし、より親しくなれるでしょう。

また、きちんと「敬語じゃなくても大丈夫ですか?」など聞いてくる場合は、もっと仲良くなりたいサイン。嫌われたくないから相手にわざわざ許可を取るのです。いきなり敬語をやめるのではなく、タメ口で良いか聞いてくる場合はこちらに対して友情・恋心などを抱いていると言えるでしょう。

出ちゃった・・・

今まで敬語で話してきた男性が突然タメ口に変わると「え?脈あり?」「何かある?」など思ってしまうでしょう。しかし深く受け取るこちら側とは違い、特に理由がない場合もあります。

それこそタメ口が出ちゃった・・・というもの。人間最初は相手に気を遣いますし、失礼のないよう言葉遣いには注意しています。しかし仲良くなってきて話も盛り上がるようになると、ついつい敬語ではなくタメ口が出てしまうのです。

仲良くなった先輩相手に敬語を使い忘れて謝るシーンは誰もが経験したことがあるでしょう。男性心理の中でも勝手に出ちゃった!というケースはあります。しかし思わずタメ口が出てしまうというのは気を許してもらえている証です。

もしかすると同い年扱いされているかもしれませんが、接していて変に固くなられるよりはマシでしょう。タメ口が出ちゃったことで関係が深まり、恋愛に発展することもありますよ。脈ありとは決めつけられませんが、本能的に好かれていると捉えても良いでしょう。

恋人になりたい

実は敬語というのは相手と対等の関係にはありません。目上の人に使う言葉ですからね。しかし同時に壁を作ってしまいますし、親しくなるのに限界を設けてしまう時もあります。そのため敬語からタメ口へ変える男性心理の中には「恋人になりたい」なんてケースもあるのです。

付き合いたいからこそ固くならずに柔らかい言葉遣いをしたり、もっと距離を縮めたりしようとタメ口にします。出会った時は敬語だったけど、ある日突然タメ口にするのは彼の中で関係性が恋愛対象へ変わったのが原因かもしれません。

急なタメ口でドキッ

タメ口に変えることで「脈ありと思わせる」なんていう計算高い可能性もあります。男性から見ても異性が急にタメ口で話してくるとドキッとしちゃうもの。なら自分も使ってみよう!となり、敬語をやめるのです。

もし今まで敬語で絡んできた男性がタメ口になったのであれば、この先の出方には注目してみましょう。デートを誘ってきたり、通話しようと言ってきたりする場合は脈ありかもしれません。

どうでも良いから

人には相手から嫌われたくない!という面が備わっています。特に職場で毎日顔を合せる人や、関わらないといけない相手に対しては何とか好かれようとするものです。だからこそ敬語を使いますし、慎重にやり取りします。

しかし敬語で話すのは気を遣うことなので疲れるのです。できればタメ口が良い!なんて方もいるでしょう。それになんでこの人に敬語使わなきゃいけないの?というシチュエーションもあるはず。

実は敬語からタメ口へ変える男性心理の中にも

  • 別にどう思われても良い
  • 敬語を使う相手じゃない

なんてケースがあります。いきなりタメ口をきいてくるのは、彼の中でこちらに対する興味が消えたのかもしれません。その場合は必要以上に絡んで来なくなったり、避けるようになったりします。敬語をやめた男性が距離を置き始めた場合は、嫌われてしまっていると捉えてみてください。

年下男性が急にタメ口に

年下男性が急にタメ口になったらビックリしますよね!?年上の女性にタメ口で話すのは勇気がいる事ですので急に敬語がタメ口になるのは好意の証であり、男性として見て欲しいという心理の表れです。敬語で意中の女性と話していても恋愛関係になれません。

  • 男と意識してほしい
  • 恋愛対象と見てほしい
  • 好きになってほしい

等の心理が働き、タメ口で頑張って話してみようと考えます。女性側が好意があればタメ口を受け入れる事で恋愛に発展する可能性は非常に高くなります。好意がない場合は単純に年上には敬語でと注意すれば恋愛には中々発展しません。

敬語からタメ口になるのは

年下男性が年上女性に敬語からタメ口に変わっていくのは、恋愛的には年下男性は年上男性と同等となりたいとの心理が働く為でもあります。この女性を自分の物にしたい・・・対等に付き合いたいと恋愛的な欲求がタメ口に変化させまる。

男性により育ってきた環境が目上の人ばかりの場合はタメ口を使うタイミングを逃し育ってきているので、誰とでも敬語で話し続ける男性へと育っている可能性があります。ずっと敬語を使われていても脈なしとは決め付けはしないようがよいでしょう。

敬語からタメ口は好意のサイン?

徐々にタメ口に変化した場合は慣れであり、恋愛的に好意のサインとは言えませんが、親しくなりお互いにタメ口で話すのはお互いに恋愛的には近付いている証拠とも言えます。タメ口や敬語のみでは判断せずにお互いの脈あり好意のサインを見逃さないようにしましょう。

敬語からタメ口になった男性心理は今後の彼の行動で読み取ろう

今まで敬語で話していた男性がタメ口に変わるのには、それなりの理由があります。大きく分ければ「仲良くなった」「嫌われた」の2つですが、友情なのか?恋愛対象になったのか?など細かく枝分かれするものです。

だからこそ敬語からタメ口に変わった際は、今後の関わり方や彼の行動で読み取るようにしましょう。「今まで以上に絡んでくる」「避けてくる」「2人きりで会うようになった」。とにかく彼がどう出るのかをチェックしてみてください。そうすれば男性心理が読み取れるようになりますよ。

LINEが敬語だった人がタメ口になる場合なども馴れ馴れしい男の場合もあれば、もっと近付きたい、好意を持っていると言う場合もあります。重要なのは敬語からタメ口になっていく過程ですので、過程を見逃さずに好意があるのかを見極めましょう。