片思い

想いを伝える?諦めますと入れる!?片思いを諦める時に送る最後のLINE

恋愛というものはすべてが上手くいくわけではありません。成功する時もあれば、悲しい事に身を引かなければいけない瞬間もやってきます。色々と迷ったけど最後にLINEを送ろうか、送らないかを迷ってしまう場合がありますね。

  • 諦めないとダメ・・・最後にLINEを送ろう・・・
  • このLINEで最後にしなきゃダメだよね・・・
  • 送ったらLINEをブロックしよう・・・

今回は片想いを諦める最後のLINEについて紹介。現在の恋を諦めて次のステップに進みたい方はぜひ読んでください。では片想い最後のLINEを見ていきましょう。迷っていても前には進めません!進む準備をしましょう。

最後のLINEは送らない

片想いから踏ん切りをつけたい場合、続いていたLINEをどのようにして終わらせるかは非常に迷うところでしょう。できれば絶縁になってしまうような事態は避けたいですからね。

そんな時、そもそも送るという選択自体が最善ではない可能性があります。なぜなら片想いというのはこちら側の都合なので、相手には関係がないのです。片思い相手とは友達としてLINEをしている傾向があります。

しかし突然にLINEで

  • いきなりかしこまったメッセージがきたり
  • 長文が送られてきたり
  • 重い内容のLINEが届いたり
  • 最後にしますLINEが届いたり

しても困ってしまうのです。だからこそ、あえて会話が途切れたらそのままにしましょう。相手にとってはトークが終わった、くらいの感覚なので大して深くは考えません。

そしてこちら側もトークを続けない、という片想いになっては大きな決断をすることになります。ズルズル引きずるよりかはスッキリと恋愛が終わるかもしれません。

もちろん自分自身のメンタル次第ではありますが「相手からではなくこちらから切った」という事実は心へのダメージを少なくしてくれるでしょう。

想いを伝えてみる

好きな相手への気持ちを終わらせたい。と考えてしまうきっかけはいくつかあります。その中でも

  • どうせ脈なし・・・私なんて
  • このまま追いかけて仕方がない
  • 好きだけど叶わないのが辛い

という場合は、想いを伝えてみるのも1つの手段。フラれてしまえばダメージこそ大きいですが、想いを断ち切るには最適の方法とも言えます。「でもそれって辛くなるだけじゃ」と思う方もいるでしょう。確かに心に来るものはありますが、スッと諦められる可能性は高いのです。

諦める理由をハッキリさせる

なぜなら人は変なところで諦めが悪い生き物。自分から片想いをやめる、と考えると負けたような気がして中々決断ができないのです。その一方フラれると「相手にそう言われたなら仕方がない」となります。こうして諦める理由が見つかれば身を引く時もスムーズにいくでしょう。

断られた理由をハッキリさせる

それに「付き合えない」とキッパリ言われれば「あんな人をどうして好きになったのかな」という怒りが芽生えることも。当然片想いはすんなりと冷えて無くなるでしょう。そして想いを伝えることには諦める以外にもメリットがあります。

告白が上手く行く場合もある

それは告白をすれば両想いになれるかもしれないということ。こちらは脈なし・付き合えないと感じていても、実際相手の気持ちを完全読み取るのは不可能でしょう。もしかしたら相手から気に入られている場合があるかもしれません。

また、告白をされてから相手の想いが動き始める可能性もあります。特にモテた経験のない男性は女性から「好き」と言われると妙に気になってしまうものです。どうせ諦めるなら最後に告白しちゃう、というのも良い手段でしょう。

最後のLINEはやめて返信頻度を下げる

片想いを諦める最後のLINEと言ったものの、いきなりスパッと断ち切るのはハードルが高い!という方もいるでしょう。決断力やメンタルが強くないとできませんからね。そこで片想いを諦める最後のLINEに繋ぐためにもオススメなのが返信頻度を下げることです。

最後と決める必要はない

今まではすぐに返したり自分からメッセージを送ったりしていたでしょう。しかし現状を変えないと諦められず引きずってしまうので、まずはLINEからちょっと離れてみてください。

すると片想いの気持ちが少しは落ち着いてきます。そしてこの時に同時進行しておきたいのが恋愛以外の楽しみを見つけることです。例え片想いを諦めたとしても、他にやることがないと急に寂しくなってしまいますからね。新しい趣味などを始めてみましょう。

LINEのやり取り内容を薄くする

恋をしている期間というのは楽しい会話をしようと心掛けていたでしょう。

  • 自分をアピールしたり
  • 好かれようとしたり

とにかく濃くて明るいトークを展開していたはずです。しかしそれでは片想いを諦めるのは不可能に近いので、LINEの内容を薄くするのがオススメ。友達と話すような文面に変えてみたり、何気ない会話をダラダラとしたりしましょう。

片思い相手のLINEを友達ポジションに

送られてきたメッセージに既読をつけずに2日くらい放置するのもアリです。とにかく片想い相手から友達というポジションに自分の中で変えていってください。すると絶縁するわけでもなく、自然に片想いが薄れていきます。

関係自体を切る

今の恋を諦められるなら、もう相手と関わらなくてもいいや。なんていうケースもあるでしょう。あまり良いものではありませんが、片想いを終わらせて明るく暮らせるなら結末としてはアリです。

  • 方法としてはケンカをふっかけてみたり
  • 些細なことで怒って文句をぶつけたり

しましょう。そうすることで相手の間に大きな壁が生まれて、関係が途切れる方向へ進んでいきます。両想いになるのは無理になりますし、LINEのやり取りも強制的に終わっていく流れになるでしょう。

最後のLINEは喧嘩別れにする

少し乱暴な方法ではありますが「友人同士のケンカ別れ」で片想いを終わらせることができます。また、あえて相手から嫌われることで片想いを諦めやすい状況にもなるでしょう。人はもしかしたら願いが叶うと考えていると、やめる決断ができなくなります。

その一方関係そのものが破綻していれば「これで不可能になった」と感じるので、自然に身を引きやすくなるのです。しかし片想い相手が職場の人などプライベート以外でも関わらないといけない場合、関係自体を切るのは得策とは言えません。

片思い相手に送る最後のLINEは

状況にもよりますが片思い相手に最後にLINEを送り、片思いを断ち切ろうと決断をした場合は

  • LINEを送らずにほっとく。来たら適当に返信する
  • 一方的に最後と伝える。相手には意味が不明。もしくはウザイ
  • 告白してしまう。OKかNGがハッキリするので踏ん切りがつく
  • アカウント自体をブロックする。LINEが来なくなるのでスッキリ

相手からすれば、一度告白し振った相手の場合は最後のLINEも友好的な場合がありますが基本的には重い内容で最後のLINEを受け取った側はモヤモヤします。その為に最後に諦める為に送るLINEは告白してしまう、ブロックし送らないが一番、サッパリとします。

片想いを諦める最後のLINEは自分に合ったものにしよう

片想いを諦める!と考えるとマイナスな感じがしますが、ポジティブに捉えれば新しい一歩です。ここで悪い流れや失敗をしてしまうと後々になって辛くなります。だからこそ、片想いを諦める最後のLINEでは自分に合っているものを選びましょう。

片思い相手に最後のLINEにし伝える事や最後にする宣言を相手にして連絡を断つ事も重要ですが最終的にモヤモヤしている状態であれば告白・ハッキリと伝えるなどしましょう。好きだけど諦めるLINEの方法は沢山ありますので、すぐに諦めますと送る必要はありません。

今後の関係をどうしたいのか?友人関係を築く・別に疎遠でも良い・絶縁でもOK。人によってさまざまな事情があるでしょう。自分自身でどうやって片想いに踏ん切りをつけるのかを決めて、後悔しないように歩き出してくださいね。