意味・文例

憧れの人へ花束をプレゼント!ひまわりの花言葉の意味や注意点とは?

夏を象徴する花として知られているのが、ひまわり。大きく、太陽に向かって伸びるその姿は見ているだけで元気をもらえそうな、そんな出で立ちです。プレゼントする時に花言葉の意味を理解しないと大変な事になる事も。

さて、そんなひまわりなのですが、花言葉があります。その花言葉を知っていることで、プレゼントする時にちゃんと心を込めて贈ることができるはずです。ここでは、ひまわりの花言葉やプレゼントする際の注意点などを紹介していきます。

ひまわりの花言葉とは?

ひまわりは、夏場に咲く花です。そのため、イメージとしては、明るいとか元気とか、そういったイメージの花言葉が多いと思われています。しかし、実際のひまわりの花言葉はより深い意味合いを持った花言葉があるようです。

まず、ひまわりの花言葉のひとつは、憧れだったり、あなただけ見つめる、という意味があります。ただし、ひまわりの色によってその花言葉が違ってくるので、注意が必要です。

白いひまわりの場合、ほど良き恋愛というものであり、前者の意味の花言葉は、一般的なひまわりに適用されているのですが、紫のひまわりは悲哀であったり、大輪のひまわりは偽りの愛とか偽金持ちといったマイナスイメージもあるようです。そのほか、小さなひまわりは恋慕や高貴といった花言葉もあるのです。

ひまわりの花言葉は憧れ

ひまわりの一般的な花言葉は、憧れです。前述したように、大輪や小さなひまわりではなく、一般的な大きさの黄色ひまわりをプレゼントするのであれば、安心してこの意味合いで渡すことができるでしょう。

シチュエーションとしては、憧れの先輩や上司、またそういった対象の方に贈るのがおすすめです。ずっと憧れていますとか、そういった尊敬の念を込めてプレゼントする場合には最適でしょう。

しかし、注意しないといけないのが、あなただけを見つめるという花言葉があることです。この花言葉なのですが、愛情を感じさせてしまうことがあり、相手がそういった意味で捉えてしまうと戸惑ってしまう、ということもあるので注意です。

そのため、ひまわりをプレゼントするというのであれば、あくまで憧れを込めて、という言葉を添えた方が良いイメージを抱いてもらうことができるでしょう。

小輪のひまわりの花言葉は高貴

小輪のひまわりには、前述したように高貴という意味があります。そのため、素敵な上司や先生、先輩にひまわりをプレゼントする場合には、小輪のひまわりをたっぷりと花束にしてプレゼントすると、とても喜ばれるのではないでしょうか。

ただし、ここで注意しないといけないのが、恋慕という意味合いもあるところです。本当に、憧れて恋いこがれている相手にプレゼントするのであれば問題はありませんが、そうでない異性にプレゼントすると、少しおかしな印象を与えてしまうことになります。

小輪のひまわりをプレゼントする際には、高貴な○○さんに思いを込めて…というような言葉を添えた方が、相手に伝わりやすいので良いのではないでしょうか。

色付のひまわりは注意する

白いひまわりは、程よき恋愛という意味合いですので、あまりこういった対象の人にひまわりを贈ることは無いかもしれません。しかし、色付のひまわりは珍しい分、誰かにプレゼントしたいと思いがちです。前述しているように、「悲哀」は紫のひまわりであり、あまり良いイメージを与えることができません。

さらに、色は関係ありませんが、大輪のひまわりは「偽りの愛」「にせ金持ち」という花言葉を持っているため、明らかに嫌がらせというイメージを与えてしまいます。本人「は、憧れだったり、そういったプラスイメージでプレゼントするのです。

しかし、もらった本人が花言葉に詳しかったり、後で調べた時に「偽りの愛」「にせ金持ち」ということを知ったら、人間関係にもヒビが入ってしまいます。相手が、あまり花言葉に詳しく無かったとしても、マイナスイメージを持つパターンのひまわりはプレゼントしない方が良いでしょう。

ひまわりの旬や時期は

ひまわりは、夏真っ盛りの頃が旬と思われていますが、確かにその時期が開花時期とかぶっています。とはいえ、7月?9月が開花時期となっているので、思った以上にその美しさを楽しむことはできそうです。ただし、気温にも左右されることが多い花ですので、地域によってはこの開花時期がズレることもあるようですので、注意しておくとよいでしょう。

また、ひまわりをプレゼントする際に注意すべき点としては、開花時期を過ぎてしまっている場合など、すぐに枯れたり、元気が無い状態でプレゼントすることになってしまいます。ひまわりをどうしてもあげたい、というのであれば、開花時期の初期から中期頃のひまわりをプレゼントした方が良いでしょう。

ひまわりの効果的な使い方

ひまわりの花言葉は、憧れやあなただけを見つめてる、というようなものです。そのため、結婚式などの主役として、フラワーコーディネートするという使い方もおすすめです。

夏場に、黄色いひまわりがたっぷりと咲き乱れた会場はとても明るいイメージですし、可愛らしく快活なイメージを与えることができます。

しかし、大輪のひまわりは前述した通り、あまり良いイメージを与えないので、小輪のひまわりを散りばめるといった使い方が、見た目にも花言葉的にも良いかもしれませんね。

ひまわりの花言葉の色々な意味

ここでは、ひまわりの花言葉や使い方、注意点などについて紹介してきました。どうしても相手がひまわりが好き、というのであればプレゼントすれば感謝され笑顔になるのは間違いありません。しかい、マイナスイメージとなるパターンもあるので、そこだけには注意すべきです。

夏の花のイメージが強いひまわりを花束にしてプレゼントしたら喜ばれますが、花言葉を間違えていると勘違いされてしまう場合もあります。ひまわりにも色々な種類があり、八重、ミニ、大輪などにより花言葉は変わってくる場合がありますので注意してくださいね。素敵な思い出になるよう、相手を思ったひまわりの使い方を知っておきましょう。