アピールする人

脈あり!!好意を持っている女性に男が送る好きな人へのLINEとは

image&illustration by フォトイラ

最近あの人から来るLINEの頻度が高い、もしかしたら自分に好意を持ってくれているのかな?と、少なからずそう考えてしまうことはありませんか?どうしてこんなに連絡をしてくるのだろうとか他の女性にもこれくらい頻繁にLINEをしているのかなどいろんなことを考えてしまいます。

男性が好きな人に送るLINEはどのようなLINEなのでしょうか?LINEが届くと脈ありと分るLINEの内容や送り方をご紹介致します。LINEで女性に好意を持っている時のLINEでのサインを探って行きましょう。見抜ければ色々と便利ですよ。

LINEと男性心理

まず、男性にとってLINEとはどういうものでどういう使い方をするかという心理状態を知っておくほうが良いと思います。女性と男性では、LINEだけでなく連絡ができるツール全体を言います。まず女性は、自分の気持ちをしっかり言葉にして伝えたいという気持ちが強くあるので、一つ一つが長めの文章になる傾向があります。

逆に男性は、細かいことをその都度言わなくて分かっているであろうという考えが強くあるので、女性よりも文章が短絡的で女性よりもそっけない傾向があります。

そのため、男性にとってLINEは必要な時に必要な人と最低限の連絡を取り合うためのツールに過ぎないのです。好意を持っている女性に対しては変化があります。その部分を探っていきます。

LINEでお疲れ様

何かのイベントやプロジェクトといったことの後で、気遣いの気持ちを込めたお疲れ様というメッセージが届いている場合、それは好意を持っている可能性があります。男性は、気になる好意を持つ女性には気遣いをしたくなるものです。

LINEのスタンプでお疲れ様などを入れてくる場合も同様です。男性が女性に対して見せている気遣いになり、気遣いをする女性に対しては脈なしとはいえません。好意を持っていない女性にはたいして何もしないはずですから、この場合は好意を持っている確率は高いと捉えて良いでしょう。

予定を決めたお誘いLINE

LINEで「近いうちに」や「いつか」といったものではなく、〇月〇日に△△という場所に行きませんか?といった予定も場所もあらかじめハッキリと決めているLINEが入ってきた場合、相手は好意を持っていることが多いです。相手は、機会を逃すことなく決めた日にちに決めた場所で会って話す機会を待っています。

脈ありのLINEは必ず女性を誘う内容が入ります。○○のチケットがある、○○に行こうなど具体的なお誘いは脈ありです。こういったメッセージは、その気もない社交辞令だけで済ませる相手にはまずありえない内容なので、相手の強い気持ちの表れだと捉えても良いと思います。

LINEで褒め言葉

男性が好意を持っている女性に対して、まず女性をよく褒める傾向があります。女性は自分自身のちょっとした変化に気づいてもらえると嬉しく思いますよね。男性は、そういうちょっとした変化に気づくセンサーのようなものが、女性に比べれば非常に鈍いのです。脈ある女性の事を否定する事は基本ありません。

そのため、少しでも好意を持っている女性に対しては、ちょっとした変化や褒めるところを一生懸命に観察し探しているのです。男性によって個人差はありますが、LINEで褒めてくれるような内容の言葉がいくつも送ってくるようであれば脈があるといえます。

絵文字やスタンプLINE

基本的に男性はLINEなどのメッセージは味気もなく素っ気なく飾り気がありません。男性にとっては連絡ツールという認識が強いので必要以上に飾らなくても良いと思っていることが多いからです。しかし、例外もあります。気になる女性には使う傾向が高いのです。

言葉で好意を表現するには照れ臭かったり、ストレートだと引かれてしまわないかと心配になるので、スタンプを使うことでユーモアさを混ぜつつ好意を伝えることが出来るというメリットをうまく使うのです。なので、特にハート系のスタンプや労いや褒め言葉の強調されたスタンプをよく使う傾向があるでしょう。

LINEを必ず返信くれる

男性は興味がない女性のLINEはスルーしたり、素っ気無い文章で返信する事が多いです。必ず送ったLINEに対して返事が行われる場合は好意があります。例えば、一日で最後にどちらがLINEを最後に送るのかとなった場合に自然に男性が最後に送る形となります。

女性が続けたい場合は続けてれば永遠と返信をくれます。好きな人とは出来る限り長くLINEもしていたいのは男性と言うよりは人の心理ですよね。長い時間のLINEに付き合ってくれる。必ず返信をくれる男性は脈ありと言えるでしょう。

LINEでおやすみは脈なし!?

おやすみと入れるのはLINEのやり取りに区切りを付けたいからです。相手の男性からおやすみと先に入った場合は脈なしとは言いませんが脈は少ないと判断が出来ます。しかし、女性からおやすみLINEを入れた後に必ずおやすみLINEを入れてくれる男性は脈ありと言っていいでしょう。

自分からは区切りを付けずにLINEをしてても大丈夫だけど、女性の方から区切りを付けようとした場合は素直におやすみLINEをくれるのは女性の事を思っての優しさとも言えます。自分からおやすみと入れて返信でおやすみは脈ありです。

LINEで長文は脈あり!?

男性はあまり長文のLINEを入れる事は少ないですが、内容にもよりますが、相手から長文のLINEが入った場合は脈ありと言っても間違いないでしょう。自分の事を知ってほしい、女性の事を知りたい欲が強い為に長文になりがちです。

しかし、長文を送ってくる男性は女性から見ると、あまり魅力を感じる男性ではない可能性もあります。人の事を考えずに長文を送って質問攻撃、自分の事を語りだすなどは自分勝手な行動とも言えます。脈ありでも観察してからデートの誘いなどには乗りましょう。

脈ありが分るLINEの頻度

好きな女性には男性はLINEを毎日送りたいと思うものです。一日に何度も一方的に送られても困りますが必ず一日に一度はLINEがある男性で、LINEの内容が女性が何しているのかを気にしている、新しく始まった映画の話題、新しく出来た店の話題などが入ってくれば完全に脈ありです。

女性が興味を持った事に対して誘いたいと考えている為です。本当に脈ありか確かめたい場合は男性が送ってきたLINEに反応してみるとわかりやすいです。その映画見たかったやつだ!その店の○○は美味しいよね!また行きたいなど積極的にアプローチもOKです。

LINEで好意を感じる時の勘

男性が好意を示している時のサインは女性よりも分かりやすいものです。女性はあえてそれを分からないふりして男性の行為を観察してみるのも面白いかもしれません。そうすることで、その好意がただの遊びなのか本気なのかを見極めることが出来ます。LINEのみで好意や相手のアプローチを全て見極めるのは難しいです。

しかし、脈があるか?好意があるかは判別が出来ます。男性は好きな人に対して、どうしても他とは違うLINEの内容になってしまいます。しかし、告白などはLINEではなく、ドキドキするようなデートをちゃんとして告白してもらいたいですよね!

結局は好きな人に送るLINEは他とは違う

LINEで脈ありと判定できるのは、好きな人に対しては結局はLINEでも扱いが違うと言う事です。好意がある相手の事は否定はしませんし、好意がある相手に好かれたいと考えます。女性の方も好意があるかは、基本を抑えておけば簡単に脈ありサインは気づけますよ。