女性の行動

好きじゃない人に好かれる時の断り方と対処法

好きな人からは好かれないのに好きじゃない人からは何故か好かれてしまう事ってありませんか?好きじゃない人に好かれたり、アプローチされても困ってしまいますよね…。好きじゃないだけでなく、嫌いな人に好かれてしまう場合もあります。上手な断り方で対処する必要がありますよ!

好きじゃない人に好かれるのは何故?

自分からは、好きな態度も取ってないのに好きじゃない人に好かれてしまうのは何故でしょうか?好きな人に好かれるのは嬉しいけど好きじゃない人に好かれても疲れるし…。正直めんどくさいと思ってしまいますよね?好きじゃない人に好かれるのは理由があります理由をご紹介致します。

  • 単純に異性からモテる・人気がある為に、好きじゃない人に好かれてしまう場合が多い。
  • 友達が多いし中心人物でリーダーシップがあり頼りがいがあり、周りから頼られる存在。
  • 美人で可愛いので普通に周りの人に好かれる、好きじゃない人から好かれる確率も高い。
  • 嫌な事があってもニコニコ我慢してしまい過ごしているので好きじゃない人に好かれる。
  • 八方美人で誰にとでも仲良くしているので、好きじゃない人も好かれてると勘違いする。
  • 誰に対しても優しく接してしまうので優しくされた人が自分の事を好きなのかもとなる。
  • 押しに弱いのでハッキリと断る事が出来ないし曖昧な返事などが多いので好かてしまう。
  • めんどくさい事も率先して行い、周りからの印象が良い為に好きじゃない人に好かれる。
  • 異性に対して無意識に気のある素振りに見える行動をしている異性から好かれてしまう。
  • 周りの人に嫌われたくないと思っているので、嫌われる事を避けてしまう為に好かれる。

好きじゃない人に好かれてしまうのは、色々な理由がありますが、一番は好きじゃない人と好きな人への区別が明確では無い為に発生します。嫌な事や好きじゃないと事をハッキリと断れない性格の場合や誰に対しても平等に接する事で好きじゃない人も自分が好かれてるのかもと勘違いします。

好きじゃない人に好かれた時の断り方

好きじゃない人からアプローチや雰囲気で好かれているなと感じる事で断りたいと考えてしまうと思います。しかし、好きじゃない人に好かれてしまう体質から改善を行う必要があります。思い当たる場合は好きな人以外に好かれてしまう体質も改善しましょう。上手な断り方をご紹介します。

好きなない人から誘われた時の断り方

  • 予定が入ってるかもしれないから予定確認するけど…。いつなの?
  • 使いやすい断り方の一つですが、予定が入ってしまってる可能性があるから大丈夫か分からないとの状態を作り出す事で断る口実を用意します。予定は相手に伝える必要もありませんし、相手の予定を先に聞いてしまえば「ごめん!予定入ってるからまた誘って!」と断る事も簡単に出来ますし参加したくなったら参加するのも可能です。

  • 今ちょっと欲しし物があってお金を使えないんだよ…。ごめんね。
  • お金が掛かる事であれば、欲しいものがあり、お金を貯めている状態、自由にお金が使えない状態を作り出します。ご馳走するからと言われても好きじゃない相手であれば、今後も断るのでご馳走してもらうのは好きじゃないんだよねとハッキリ伝えましょう。金欠などと言ってしまうと恥ずかしい思いもするので欲しい物があるを使いましょう。

  • 行きたいけど…。頑張りたい勉強で忙しいから、しばらくは無理。
  • 自分の為に頑張っている事があり、それの為に時間を使いたいからと断る事で、相手は頑張っている事は邪魔出来ないので断り方としても勉強がどの程度続くのかが不明な為に長期的に使えます。勉強の内容は料理の勉強でも趣味の勉強でも何でも問題ありません。好きじゃない相手なので好きな事で、適当な勉強をしてる事にしてしまいましょう。

  • 家族でする事があるから今回は無理かもしれない…。なにするの?
  • 家族の用事は基本的には家族の問題ですので、家族で何するかも答える必要もないですし、聞かれたら家族で食事に行く予定とかおばあちゃんが来るといつもご飯食べに行くんだよね。とか言っておきましょう。確定にしない事が大事ですし後で聞かれても中止になったと言える状態を作りましょう。相手の用件も聞いて判断も出来ますので便利です。

  • 別の人と予定があるけど予定なくなる可能性あるから連絡するね。
  • 昔の知り合いや従兄弟などでも聞かれた場合は答えるだけで成立します。予定がなければ行きたいとの気持ちは一応は伝える事で相手に対しても失礼ではありませんし、予定がなくならなかったと連絡するだけで済みます。連絡したくない場合は予定がなくなった場合だけ連絡するね!で話は済みますので断り方としては使いまわしも出来ます。

相手に対して、好きじゃないと伝えるには、相手に遊びたくないから。好きじゃないからと断る事が今後の為にも良いですが、恨まれたり、嫌われたりするのが面倒な場合は上記の断り方で、好きじゃない友達、好きじゃない異性、好きじゃない同僚など全て断れます。断り方は、予定+優先する事+参加したい意思=断り方で組み立てるのが良いでしょう。

好きなない人から恋愛の好意の断り方

相手から好意でアプローチや好きと言われてしまったり、付き合って欲しいと言われてしまう場合もあると思います。恋愛的な好意はハッキリと好きじゃないと断るのが本当は正しい事です。しかし好きじゃないとハッキリと態度で示してしまうと後々にめんどくさい事になりそうだから上手に断りたい…。と思う場合は断り方をご紹介。

好きじゃない人からの告白の断り方

  • 自分の為に集中してしたい事があるから付き合うのは無理…。ありがとう…ごめんなさい。
  • 今は忙しい、今は集中したいなどの「今」を付けてしまいますと、後々はチャンスがあるのか?今後は付き合えるかもと思わせてしまいますので、無期限な状況を作りだしましょう。集中したい事は「勉強でも仕事でも将来の為でも」何でも大丈夫です。好きじゃない人に好かれやすい場合は何か決めておく事でスムーズに断る事が出来ます。

  • 告白してくれて嬉しいけど…。ずっと好きな人がいるから…。ありがとう…ごめんなさい。
  • ずっと好きな人は周りに存在していない人にする必要があります。昔の知り合い、親戚の関係や友達の友達とかに設定し、聞かれた場合だけ答えます。好きな人がいるから無理と断った後に自分に好きな人が出来ても言い訳も出来ますし断る理由としてはベターですが使いやすいです。好きな人がいたけど諦めた設定も簡単に出来ますので後々の為にも便利です。

  • 話したくないけど…色々あって付き合うのは考えるのは無理。ありがとう…ごめんなさい。
  • 色々に対しては言う必要がないですし、先に話したくないと付けているので、色々が過去の恋愛なのか?家族の事なのか?自分の事なのか不明確に告白を断ります。不明確に断る事で何か必要であれば理由は後付も出来ますし使いまわしも出来ますので言い訳としては便利ですし変に妬まれたり、恨まれたりする可能性も低くなります。

告白を上手に断る事は出来ますが、明確にタイプではない、好きになる事は出来ないとハッキリと伝えるのでも間違いではありません。ハッキリと言われた方が諦められる人もいます。変に言い訳しながら断るとボロが出たり、断った内容があるのに他の人と付き合い始めた場合などに無駄に嫉妬されたり妬まれてしまいますので注意が必要です。

好きじゃない人を対処する方法

好きじゃない人の対処法は基本的には誘いを断る事と関わりをもたない事が必要となります。上手な断り方で断り続ける事、出来る限り近くに行かないなどの対処をしましょう。好きじゃない人に好かれてしまった場合は忙しい雰囲気を出す。明確に態度を変えるなどの対処を行いましょう。好きじゃない人には嫌われるのを覚悟しないと対処出来ませんよ。

好きじゃない人に好かれた時には確認

自分が毛嫌いしているだけで、実際は話してみたり、一緒に少し過ごしたりするだけでも好きじゃない人から好きになる場合も沢山あります。自分が好きじゃないけど好かれてると思っていても本当は勘違いしているだけで好かれていない場合もありますので注意してください。困る人だとめんどくさいですが、人に好かれるのは幸せな事ですよ。