女性の特徴

なんて呼んだらいいと聞かれた時の答え方

image&illustration by フォトイラ

呼ばれ方が決まっていない時に「なんて呼んだらいい」と言われる時ってありますよね?あだ名?下の名前?上の名前と考えてしまう場合があると思います。なんて呼んで貰えばいいか迷ってしまう時があると思います。実際は呼び方は「なんどもいい」と言う方も多いですが聞かれてると言う事は何らかの意味があるのかも知れませんよ。

なんて呼んだらいい?と聞く心理

勝手に好きに呼んでくれたらと思う人も多いと思いますが、「なんて呼んだらいい」と聞かれた場合は相手にしても適当に呼べばいいのに何でわざわざ聞いてくるのでしょうか?お互いの人間関係が出来ていない状態や職場以外ではタメ口で話す場合だったり、恋愛的な意味合いも含めて聞いている心理の場合もあります。答え方をご紹介致します。

相手に対して好意がある場合

相手に対して好意がある場合は下の名前を呼び名にする事で相手との距離感も近付きますし、相手との関係も円滑になります。しかし、相手が馴れ馴れしい相手の場合は簡単に下の名前にしてしまうと後々面倒な場合もありますので、周りからは「○○って呼ばれているよ」とか「普通に名前で大丈夫」と無難な呼び名に最初はするのもありです。

  • 下の名前の場合は呼び捨てになるのか「さん」「ちゃん」「くん」などが付くのかにもよりますが距離を近づけたい時に下の名前にしましょう。
  • あだ名の場合は周りの友達や仲の良い人達と同等に扱うのと変わりありませんから相手に友達以上の好意がある場合はあだ名で呼んでもらいましょう。
  • 好意はあるけど関係は余り進めたくないなと考えた場合は普通に苗字で呼んでと言って苗字で呼んで貰う事で若干の壁を作るのもありです。

状況によりくんやちゃんを付けるか等にもよりますが、基本的には「なんて呼んだらいい」と聞かれた時には上記にて答えましょう。逆に「なんでもいいよ」と答える事で相手がどの様な気持ちかの判別が付きます。下の名前なら好意がある、あだ名なら友達の様に接したい、苗字なら相手も壁が出来てるなどです。聞かれた時には相手に合わせて答えましょう。

相手に対してどうでもいい場合

正直な話どうでもいいと思った場合は年齢に合わせた呼び方にしましょう。相手が年上であれば苗字の呼び捨てで構いませんし、相手が年下であれば苗字+さんと伝えれば問題ありません。相手を好きになるか?嫌いになるか分からない判別が出来ない状態であれば無難に苗字にしておくのが一番、問題はありません。仲良くなりたいと思った場合だけあだ名や下の名前にしましょう。

相手に対して苦手・嫌いな場合

最初から壁を作りたい相手であれば、基本的には苗字以外の呼び方を許すのは辞めましょう。相手の性格もありますが「なんて呼んだらいい」と聞いてくるくらいなので下の名前で呼びたいとか、あだ名で呼びたいなどの心理が働いている可能性があります。その為に最初から壁を作る為に「苗字でお願いします」と対応しましょう。呼び名が適当になると後で嫌な思いをする場合もあります。

相手の事が異性で好きな場合

相手の事が好きな場合は「なんて呼んだらいい」と聞かれたらチャンスでもあります。「下の名前を呼び捨てで良いよ!」とか「友達からは○○って呼ばれているよ」などの答え方が色々あります。しかし、あだ名にしてしまうと友達と同じ関係となってしまう可能性がありますので好きな人には恥ずかしいかも知れませんが、下の名前で呼び捨てが近い関係になれますのでオススメです。

なんて呼んだらいいと聞かれた時には

人間関係が単純に出来上がってないから確認の意味も込めて聞く場合もありますし、好意的に相手を捕らえている場合には友達関係に近い呼び方がいいなとか、相手の特別になりたいと考えている場合もあります。相手の事がどうでもいい場合は呼び方も実際はどうでもいいですが好きな人に聞かれた場合や好意がある人だったり仲良くなりたいと思っている場合は呼び方にも注意しましょう。

  • 苗字で呼ぶ→ある程度の硬い関係を維持した壁がある関係となります。目上の人からの場合や同い年の場合は呼び捨てとなります。
  • 苗字+敬称→ビジネスなどで当たり障りがない相手に対しての呼び方です。特にお互い興味が無いけど名前が無いと困るから程度。
  • あだ名呼び→友達や仲の良い人が呼ぶときに使います。あだ名で呼ばせると言う事は周りと同じ関係になる可能性が高い場合です。
  • 名前で呼ぶ→名前は友達以上に仲の良い関係や特別感が出ます。相手にしてみれば名前で呼んでと言われた場合はドキドキします。
  • 名前+敬称→親しい関係になりやすい呼び方とも言えます。お互いの関係は近いけ友達程は仲の良い関係で無い時などに呼びます。

呼び方にはルールはありませんが、名前の呼び方は親しくなると変わりますし呼び方で、周りから見た場合の関係もわかります。仲が良くなりたいと思う相手であれば、仲の良い関係に対する呼び名で呼んでもらいましょう。「なんて呼んだらいい」と聞かれた場合は上記を参考にして男性でも女性相手でも答えると早く仲良くなれたり、嫌いな人には壁を意識して作る事もできますよ。