彼氏との付き合い方

「キスマークをつけてほしい」と自分から言ってしまう彼氏の男性心理

image&illustration by フォトイラ

彼氏の方から「キスマークをつけてほしい」と言われたら、彼氏はどのような男性心理から「付けられたい」と思ったのか考える必要があります。男性は学校や職場などで痕が目立つから、付けられたくないと思う男性もいますが、好きな子や彼女に付けられて嫌な気分になる事はありません。「やめろよー」と言われたとしても本心はとても嬉しく思っています。またつけられる男性側の特徴として「自慢したい」と思っている人もいます。中には付き合ってないのに「付けて」と言ってくる男性もいますので、その時男性は、どういう心理状況なのか解説していきます。

憧れや自慢したいといった心理から

キスマーク自体に憧れがあって、彼女につけてほしいと思う男性心理です。または周りの男友達などに対してキスマークを自慢したいという心理です。彼女がどうこうではなく、キスマークそのものが目的になっています。今まで彼女につけてもらったことがないとか、つけるカップルの話の聞いて、いいなと思っている感じですね。

一度つけたら満足してそれ以上求めないことも多いです。人によっては、つけられることにハマり、度々彼女におねだりすることもあるでしょう。また自慢の場合は、痕が付いてる事で「俺はモテる男だ」とモテアピールしたいといった心理から、彼女に付けてほしいと言ってしまう行動です。完全に彼女に付けてもらう事より、付いてる自分に酔ってるナルシストタイプの可能性が高いので、この場合は決して「愛されている」と勘違いしないで下さい。あなたの事より、周りの男性や女性に自分がどう見られているかを重要としています。

甘えん坊の年下君に多い?つけてほしいと思う彼氏の心理

彼女にキスマークをつけられることで、自分が彼女のものになったような気がして嬉しいという男性心理です。彼女のものになった証を得たいのでつけてほしいと思います。女性はこの男性心理を理解できる人が多いのではないでしょうか。甘えん坊タイプの彼氏なら、こう思っていてもおかしくありません。また年下の彼氏や、自分からリードする事が苦手なタイプもこのように思う事が多いです。

どちらかといえば、男性よりも女性の方に多い心理であると言えます。しかしながら、男性の中にも彼女のものになりたい、つながりがほしいという人はいます。寂しがり屋の男性が求めることが多いです。不安だから何か形に残るものが欲しいと思って、安心する為に付けてもらいたいと思う場合もありますので、そういう時は遠慮なく付けてあげると喜びます。

つけられる側は嬉しい!後で思い返したい

キスマークで残った痕を見て、見返すのが好きという男性心理。彼女と一つになったんだということや、彼女と付き合っていることを実感できるので、つけられたいと思っています。その場だけではなく、ひとりになったときにでも感じることができるので求めるのです。なのでつけられる側の男性心理としては、後で付けられた時の事を思い出して余韻に浸りたいといった気持ちからの行動といえます。

彼女に不満があるわけではないものの、心のどこかに物足りなさがあり、キスマークのようなわかりやすい愛の形をつけてほしいと求めてしまう特徴が男性にはあるんです。痕はなかなか消えないので、付いてる間はずっと余韻に浸れるので、彼氏は満足するでしょう。痕が薄くなってきたら、また付けてあげると照れながらも喜んでくれるでしょう。

好きな子から愛されていることを実感したい男性

好きな子に愛されていることを実感したいからつけてほしいという男性心理。彼女がキスマークがつくくらい激しくキスしてくれた、自分の体に刻まれた、見返すといったことから愛を感じるのです。彼女がいっぱい体にキスしてくれると、男性はとてもご機嫌になります。男女ともに言える事ですが、好きな子から愛されている事を実感できると人間はとても幸せを感じます。

彼女に一途で愛を多く求めるタイプの男性が、この心理になりやすいです。彼女にたくさんつけてほしい、彼女の愛をほしいといつも思っています。愛を感じる事ができれば満たされるので、自分なりに彼氏がどのような事をされたら気持ちが満たされるかを考えてあげると、あなたに対する愛情ももっと深まります。愛情も長続きしますし、万が一喧嘩などしても簡単に別れたりする事もなくなるので、信頼関係も深まってきます。

周りに彼女がいることをアピールしたい

キスマークをつけることで、周りに彼女がいることをアピールしたいという男性心理ですね。単純に自慢したくてつけてほしいと思うこともありますし、彼女と仲良しだということを周りにわかってほしくてキスマークを求める場合もあります。いずれにしても、自分と彼女のことを周りに見せたいという気持ちがあり、周りに触れてほしいと思うくらいです。

普通はあまりひけらかさないものですが、このタイプの男性は、むしろ見てくれと思っています。この場合は、上で説明した「自慢」とはちょっと違いモテる自分を自慢するのではなく、素敵な彼女が出来たといった意味の自慢なので全く違う意味になります。また彼女が出来たアピール的な意味合いで付けて欲しいと思う男性もいるので、どちらにしてもあなた「彼女」を自慢したいといった気持ちからのアピールになります。

たまには女性側からつけられたい

普段は自分(男性)ばかりが付けているので、たまには女性(彼女)から付けてほしいと思っている男性心理です。男性も、たまには彼女の方からキスマークをつけてほしいと思うんです。いつも同じだと飽きてしまう、たまには刺激的なことをしたいという気持ちから彼女に求めます。つけることにより彼女の方からも付け返してくる事を期待していると言っていいでしょう。

実際に、変わったことをするのはマンネリ解消になりますから、決して悪いことではありません。できることなら、女性は彼の気持ちに応えてあげてほしいところです。なのでもし付けられたら、お返ししてあげると男性は凄く喜びます。時には付けられる前に付けてあげるなど工夫をするとマンネリ化にならず、とても良い関係が持続できるでしょう。

付けさせる意味は、特別感を味わいたい?

彼女にキスマークをつけさせて、彼女がこんなことをするのは自分だけだという特別感を味わいたいという意味で、付けさせるパターンになります。一見清楚そうに見える彼女に激しく付けさせることに興奮する男性は一定数います。また、普段はつけない彼女なら、元カレ含めても彼女は自分だけにこんなことをしているんだろうという優越感を味わうこともできます。

とにかく自分が特別で、彼女に奉仕させているという状況が大好きで、つけてほしいと思ってしまう男性の心理です。男性の特徴として、嫌がっている事を無理にさせる事により、優越感や満足感を得るといったものがあります。「付けられた」というより「付けさせた」といった行為で、自分の気持ちが満たされるタイプになります。服従をさせる事で興奮を覚える男性もいるという事を理解しておいて下さい。

付けさせる理由、彼女が頑張るところを見たい

慣れていない人だと、うまくつけることはできないでしょう。付けさせる理由としては、彼女がいっぱいつけるように頑張って激しくキスしているところを見たくてつけてほしいと思う男性心理です。男性は女性に対して慣れていない事や、あまりやった事のない事をやらせて、不慣れなところを見て楽しみたいと思う男性もいます。おぼつかない行動を楽しんでいるんですね。

このパターンは、キスマークそのものよりも、彼女が頑張っているシチュエーションを求めています。キスマークに限らず、彼女が尽くしてくれれば、男性はとても満足します。とにかく自分のためにいろいろ尽くしてほしいという気持ちが強いです。慣れていない事であればあるほど、自分に尽くされていると感じるので、彼氏が求めている事を一生懸命やってあげると、二人の関係も長続きするでしょう。

彼氏はあなたの新たな一面が見たい

普段彼女の方からキスマークをつけることがないので、いつもと違う彼女の顔を見てみたいと思った男性心理です。たまには自分がされたいと思う気持ちよりも、新たな彼女の一面を知りたいという欲が強いです。好奇心もありますね。キスマークを付けるといった行為をしない女性に対して思う事ですね。

「つけるときの彼女は一体どんな顔をしてくれるんだろう」「うまくできるのかな」などと彼氏は考え、彼女につけてほしいと思うわけです。あなたの新たな一面を見て、彼氏はドキッとするかもしれませんね。こちらもマンネリ化を脱却する手段の一つとなりますので、新たな刺激やいままでと違った変化を望んでいる方は、試してみる価値がありそうですね。

男性からつけてと言われたら、夢中になってほしい証拠かも

キスマークをつけるという行為を通して、自分のことをもっと愛おしいと思ってほしいと思う男性心理です。男性は好きな女性と一緒にいるとき、ものすごく愛おしい気持ちになります。彼女にも同じように、つけることでもっと愛おしく感じて夢中になってほしいと思っています。一言で言うなら「もっと俺に尽くして愛してくれ」というのが彼の本音ですね。

普段は強気な彼も、実は愛に飢えていることがあり「つけてほしい」とおねだりしている状況です。あなたを求める気持ちがあることは間違いありません。なので男性からつけてと言われたら、素直に付けてあげましょう。付けてあげる事で、よりあなたを愛し、あなたも付けてあげることで、今よりも愛が深まるでしょう。

キスマークをつけてほしい男性心理のまとめ

キスマークをつけてほしいと言う男性の心理パターンをいくつかご説明しましたが、単純な自慢もあれば、彼女が出来た事をアピールしたいといった気持ちからの行動などもありましたね。また純粋に好きな子や彼女に付けられたいといった素直な感情から発生した場合もあれば、自分が満足したいからといった理由の時もあります。基本的には彼氏彼女の関係の時に言われやすい言葉なので、もし彼氏に「つけて」と言われたら付けてあげましょう。

そこにはマンネリ化からくる物足りなさや、愛されている事を確認したい、甘えたい、若いカップルならキスマークに対して憧れなども含まれているでしょう。男性がどういう心理状態の時に「つけてほしい」というか、最後まで読んでくださったのなら、ある程度は見えてくると思います。まだ付き合ってないなら話は別ですが、恋人同士の関係でしたら、求めたれたら素直につけてあげると、より仲が深まることでしょう。