男性の心理

S男がする恋愛の駆け引き!その時の男性心理と特徴とは

image&illustration by フォトイラ

S男子は世の中に結構います。Sっぽい行動が男らしいと思っている男性もいれば、元々Sな性格をしている人も存在します。またそういった男子は、駆け引きも特徴的な方法でしてきます。駆け引きをするということは、あなたに興味があるとか深い関係になりたいなどの男性心理から駆け引きを行うので、好意があると考えてよいでしょう。ここでは、SもしくはドSの男性や彼氏の愛情表現や好きな人への態度について解説していきます。

ドS彼氏や男性がよく言うセリフ

ドS男の恋愛の駆け引きで多いのが、女性に対するセリフで「〇〇させてください」「〇〇したい」と言わせることです。本当は自分がそうさせたい、またはしたいのに、女性にさせてくださいと言わせることで主導権を握ろうとします。例えば男性が女性と電話したいと思っているとしましょう。男性の方から電話しようと言えばいいのに、自分からは絶対に言いません。

「話せないこともないけど話す?どっちでもいいけど」みたいな態度をとって、相手に話したいと言わせます。女性からすると、無理やり言わせられた感じがするので、うざいと感じるわけです。またドSの男性の心理としては、無理やりお願いさせるといった行動で、自分が優位に立つことに優越感を感じるタイプが多いです。またセリフとして言葉に出させるといった行動もドSならではの特徴と言えます。

嫉妬させたい、自分はモテると言いたい

自分が価値ある人間だと見せるために、他の女性の存在を駆け引きに使い、匂わせるS男性は多いです。嫉妬心や自分はモテると伝えることで、女性に焦って欲しいという気持ちもあります。「他にも女性がいるのにお前の相手をしてやっているんだぞ」と男子は言いたいわけですね。また男性側が「こいつ俺に興味があるな」と思ったら、モテることをアピールして女性の嫉妬心を刺激する方法もよく使います。

女性からするとこれはうざい特徴です。他の女性を匂わせること自体不快ですし、上から目線で選んであげているという態度がカチンときます。お互い様のはずなのに、まるで自分だけが選んだかのような態度をとるのがとてもうざいんです。このような男性の奥底の部分にある心理としては、自分にヤキモチを妬いてほしいといった気持ちが、このような形で表れてしまっていると考えていいでしょう。

好意があるのに、告白されたと言う

前項と関連しますが、告白されたとわざわざ言うS男がいます。これは正直者だから言うのではなく、女性が動揺するのを期待して言っているのです。または、本当は好意があるのに、自分に興味を持ってほしいが為に、このようなことをわざわざ女性に言ってしまう男性も多いです。女性からすると「だから何?」と思いますし、男性の考えが透けて見えるので、冷めてしまうんですね。ちょっと単純すぎる駆け引きなので、女性は慌てるどころか、うざいと思ってしまうのです。

告白されたことを得意気に話すようなら最悪で「じゃあそっちいけば?」と女性は思ってしまいます。小学生男子がよくする行動の一つに、好きな子や好意がある女子をいじめたり、わざと素っ気ない態度を取るといった行動があります。男性の心理からするとそれに近いものがあり、興味や好意があるのにSだから素直に伝えることができなく、逆に距離ができてしまう行動をしてしまうのです。その他にも上で説明したのと一緒で、嫉妬心を煽るといった心理からの行動の場合もあります。

よくある行動、わざとラインや連絡をしない

よくある行動の一つに、自分を気にして欲しいのと、忙しいアピールをするためにわざと連絡しないドS男がいます。駆け引きとしては有効で、不安に感じる女性も多いです。女性側に「連絡がないな~」と思わせ、女性側から連絡させるといった行為により優位に立とうとしています。これは彼氏でも付き合う前でも、ドSタイプの男性はこの行動をよくします。しかしながら、連絡できるのに連絡しないことほどうざいことはないでしょう。ましてや電話ではなくラインくらいなら、ちょっとした空き時間で出来るはずです。

せっかくコミュニケーションをたくさんとれる時間があるのに、そのチャンスを無駄に消費しているわけですからね。無駄に不安な気持ちにさせるところもいただけません。そんなことをするくらいならラインや連絡などして普通に話して欲しいと思うのが女心です。彼氏や男性側が本当に忙しくて連絡がない場合もありますが、わざと連絡をしてこないと感じたら、振り回されないように気を付ける必要がありました。いちいち連絡がないことを気にしてたら、こっちが疲れてしまいます。

小学生がやるような事をする男性の特徴

S男は、女性がコンプレックスに思っていることをいじる特徴があります。身長、胸の大きさ、顔のパーツ、性格、声など冗談のようにいじってきます。本人はそれくらいは大丈夫だろうという感覚でいじってくるのですが、いじられる女性はたまったものではありません。女性がいじられて喜んでいる勘違いしている男子も多いですが、女性からするとイラッとするだけです。しかもコンプレックスをいじる男子は、自分がコンプレックスをいじられると不機嫌になることが多いので始末に負えません。

この特徴は、Sというより相手の男子が幼いと考えることもできまし。もちろんSだから女性のコンプレックスの部分をネタにして、いじるといった行動をする場合もありますが、いじり方があまりにも子どもっぽいと受けることも多々あります。しつこいいじりや、いじり方が子どもっぽいと感じたら、その男性はSなのではなく、単純に考え方が幼いと思っていいでしょう。

駆け引きする男性は面倒

女性に対して、いてもいなくても平気だというS男がいますが、女性からすると単純に傷つきますし、駆け引きでそんなことを言われると、気持ちが冷めてしまいます。素直にうざいと感じるんですね。完全に駆け引きというのを勘違いして、ただただ女性を傷つけるだけの発言になります。こういった違いに気づけない勘違い男は、ただ面倒なだけです。Sだからと言って何でも言っていいわけではありません。

相手が深く傷つくようなことを言ってはいけないのです。線引きをきちんとするのが正しいSなんですね。そこを勘違いして女性が傷つくことを平気で言う勘違いS男は、女性の敵と言っても過言ではありません。このような発言を平気でする男性は、Sというより単純に人間性を疑った方がいいです。ましてや彼氏に言われるようなら、今後の付き合い方を考えた方がいいでしょう。

ただSなだけではない、好きな人への態度

大してお前に興味がないよと言わんばかりに、記念日を忘れたふりをするS男がいます。記念日を本当に楽しみにしている女性は多いです。その気持ちを踏みにじって駆け引きに使う男は、うざいとしか言いようがありません。ちょっとしたサプライズでドキッとさせるくらいならいいでしょう。忘れたふりをして実は家にプレゼントを用意しているとかですね。好きな人への態度としてSの男性は、一度下げてから上げるといった行動をします。この場合のように、本気で忘れたフリをしてから一度気持ちを下げさせてから、サプライズ的な感じで実は用意していたなど手の凝ったことをします。

これは本当に好きだから、好きな人への態度としてサプライズを演出したSの男性の心理と特徴です。しかし、当日全くのスルーで後日申し訳程度にプレゼントを渡すとか「実は覚えていたけどわざと無視した」みたいなことを言うのみのS男はうざいだけです。日常の中にも愛情のあるSと、愛情のないSかの判断ができる場面が多々あります。飴と鞭に似た感じで、バランスのない一方的なSは、そこに愛情がないと判断することもできます。

慌てる様子が見たいだけ

女性が慌てる様子が見たくて、いきなりデート先を変えて決めさせるS男がいます。例えば今日は水族館に行こうと話していたのに、いざ駅で待ち合わせると「やっぱり水族館はこの前行ったから他の場所に行こう。今から決めて」みたいな無茶ぶりをする感じです。急な予定変更を駆け引きの材料にして、女性の反応を見ているという訳です。女性は水族館に行くつもりでデートに来たのに、その気持ちを完全に無視されてしまいます。

しかもすぐにデート先を考えろと言って困らせ、その様子をニヤニヤ見ているだけの男は、うざいと思われても仕方ないでしょう。このような行動はドSならではの行動で、かなりの無茶ぶりになるので、対応にとても困ります。また、ただの自分勝手という判断もできますので、このような事をされたら逆に無茶ぶりをするのも効果的です。そうすることで、相手に対して無茶ぶりをされた側の気持ちが理解できる場合があります。

恋愛でも思い通りになると思っている

S男は基本的に、何でも自分の思い通りになると思っています。恋愛の駆け引きも、自分の思い通りになっており、女性を好きなようにコントロールできていると思っているんですね。女性からすると、男性に合わせてあげているのに、どうしてそんなに上から目線で調子に乗れるのかと感じてしまいます。男は「お前は俺がいないと駄目だもんな」などと言いますが、実際は女性がいないと困るのは男性の方です。それをわからず調子に乗っているので、うざいと思われてしまうのです。

またドSタイプに多いですが、過去に失敗の経験が少なく、何でも思い通りになってきた男性に多いタイプです。恋愛だけでなく仕事でも上手くいった経験しかないので「自分は何でもできる」と勘違いして、結果Sっぽくなってしまったというパターンです。良い言い方をすると自分に自信があるとも言えますが、自信があり過ぎるが為に発言や行動がSっぽくなってしまってます。

アプローチが空回り

S男に多いのが、自分の方が頭が良くて、相手の方が頭が悪いという前提で話を進めることです。上から目線でかなり強引な駆け引きで、相手は無知で理解度が乏しく自分が教えてあげないといけないと思っているんですね。知識が豊富で優秀な男性は、それが武器だと知っています。なので女性にアプローチする時に、どうしても自分の頭の良さをアピールしてしまいます。

そのため、話し方が小ばかにしたような感じになりますし、どうしても上から目線になってしまいます。その為話し方や仕草がどうしてもSっぽくなり、女性は馬鹿にされているのを感じるので、素直にうざいと思ってしまうんです。女性の方が賢いときは、うざいだけではなく冷ややかな気持ちで男性のことを見ているでしょう。

脈ありのサインや愛情表現は

Sの男性はプライドが高い人が多いです。なので素直に自分の気持ちや弱い部分を見せたがらない男性もいます。なので脈ありのサインも変わっていて、わざと相手の女性の嫌がることや意地悪なことを言ったりして、距離を縮めようとする男性が多いです。プライドが邪魔をしてわざと冷たい態度を取ったり、素っ気なかったりします。嫌っている訳ではなく、脈ありのサインの表現方法が下手なだけです。

ただ下手ではありますが、好きなタイプの女性にはSなので強引にグイグイアプローチできるメンタルも持ち合わせています。またSだからといって愛情表現をしない訳ではありません。愛情の伝え方が独特なだけで、ちゃんと相手の女性に対して好意がある場合は、Sな態度の中にも愛情を感じることができる部分が必ずあります。ただのドSなのか、それとも自分に自信があるからこそのSなのか見極める必要がありますね。自分に自信があるタイプのS男子は、愛情表現も怠らないです。