女性の特徴

自分は悪くないと言う女と自分の非を認めない男の心理と対処

自分は悪くないと言う非を認められない人が沢山います。間違いに気づいた後も謝るわけでもなく誤魔化し更には逆切れまでする人達です。そんな人達の特徴とはどんなものなのでしょうか?

どう考えても自分が悪いのに自分は悪くないと言う女性っていますよね。男性では自分の非を認めない人も沢山います。その心理と対処をご紹介。

Contents

非を認められない意味とは

間違いや指摘に対して素直に謝れない状態。自分の行動や言動に責任が持てない人の行動です。仕事のミスや間違いを

  • ○○に言われたから
  • ○○に聞いた話と違う
  • 自分は悪くない
  • 俺・私じゃない
  • これは別の人だよ
  • あの人がした事
  • そんなに言うなら自分ですれば

など非を認められない人と仕事や行動を一緒にしていると大変疲れる非を認められない人達を指します。

自分の非を認めない人の心理

指摘される事で自分は悪くないと責任転換をするような人の心理とはどのような心理でしょうか?

非を認められない人の心理は

  • 自分はバカじゃない
  • 常識はある
  • 間違いを認める事が出来ない
  • 自分は優秀だからミスが許せない
  • 謝ると自分が下に感じる

などの特徴があります。その為に上司が部下に謝れない、年上が年下に謝れないと心理が多々発生します。恋人同士の場合は彼氏が上から目線で話した事に彼女が指摘する事で発生します。

心理的には彼女より頭がいい、彼女より偏差値が高いなどのくだらない理由が多く存在します。心理的には単純にプライドが高いのが原因的な心理面となります。

そんな非を認められない、人のせいにする人達の特徴や行動を知る事で人間関係が円滑に進みますので学んで対処を行うようにしましょう。

非を認めないが強引な男性の特徴と対策

非を認めない強引な男性にうんざりしていませんか?自分が間違っていたとしてもそれを認めることがなく、しかも自分の主張を押し通そうとする図々しい男性のことです。

周りにそんな非を認められない男性がいたら

思わずイライラしてしまいますよね。自分に甘く他人に厳しいタイプなので、他人から見ると一貫性がなく調子がいい人に見えます。しかもそういうタイプの男性が役職を持って上司にいることが多いのですから、質が悪いです。

非を認めない強引な男性の特徴と対策をご紹介します。非を認めない強引な男性について理解することで、適切に対応できるようになります。一体どのような特徴と対策があるのか、1つずつ見ていきましょう。

否定の言葉から入る

非を認めない強引な男性は、否定の言葉から入ることが多いです。相手の意見を否定して、自分の意見を認めさせたいんですね。相手の意見を受け入れることは、相手に屈服することのようにとらえているために、相手の言うことにあまり同意したくないと無意識に考えています。

非を認めるのは負けたと考える

自分の意見が認められることを、まるで自分自身が周りに受け入れられたかのように感じるので、ついつい自分の意見が認められるような流れに持って行こうとします。

自分が他人に何か言われたら、そんな細かいことを言わないで欲しいとか、揚げ足取りをするななどと言いますが、自分は他人に対して細かいところを指摘します。些細な間違い、矛盾も許しません。

否定の言葉ばかり言って得意げなので、非を認めない強引な男性は周りに嫌われていることが多いんです。

言い訳が多い

非を認めない強引な男性は、とにかく言い訳が多いです。自分の非を認めたくないので、あの手この手で自分の非を認めないで済むようにします。誰かにミスを指摘されても

非の多い人は言い訳から・・・でも

  • こうだと思った
  • ややこしい
  • やり方が悪い
  • 教え方が悪い

などと言って自分を正当化し自分は悪くないとアピールをしようとします。仕方ないなどと周りに言ってもらって、責められることを避けようとするんです。

素直に謝る事が出来ない

まず謝罪して反省するべきなのに、言い訳をして自分は悪くないアピールをするので、とても印象が悪いです。自分が役職持ちの立場ある存在なら、誰かに責任を押し付けて逃げようとします。

自己保身で頭の中が一杯なんです。プライドが高いので自分を否定されて自分の価値が落ちることを恐れているんですね。

思い通りにならないと不機嫌になる

非を認めない強引な男性は、なんでも自分の思い通りに事を運ぼうとします。口がうまく、強引に思い通りできることも多いです。それだけに自分の思い通りにならないと不機嫌になって拗ねます。まるで子供のようですね。

非を認めない強引な男性は王様気分

精神的に幼稚です。子供の頃からろくに成長することができていないんです。他の人を思いやる気持ちや、非を認めて反省して次に生かすという気持ちがありません。とにかく否定されたくないという気持ちで一杯なんです。

力を示して偉そうにしていることも多いのですが、その実はちっぽけで小さな器なのが非を認めない強引な男性なのです。

非を認められない・自分は悪くない男への対策

特徴をご紹介してきましたが回りに結構いるのではないでしょうか?非を認められない事は非常に無駄な事ですし回りに大変な迷惑を掛けていますが非を認められない人はそれすらも認めようとはしません。

友人同士でも話していて話を論破しようとする人や間違えていた場合に誤魔化そうとする人が非を認められない人の特徴となります。対策は難しいですが対策をご紹介します。

対策:1.自分はこうして欲しいとはっきりと伝える

非を認めない強引な男性に言うことを聞いてもらうためには、男性のプライドを傷つけないようにしつつうまくこちらの主張を伝える必要があります。

プライドを刺激して希望を伝える

コツは、自分はこうして欲しいという言い方をすることです。こうしろ、こうするべきという言い方だと、プライドが高い男性は言うことを聞きません。あくまでもこちらはこうして欲しいというように希望を伝えるのです。

それで必ず動いてくれるとは限りませんが、意外と素直に言うことを聞いてくれることもあり、余計な衝突を避けることができるのでおすすめです。

対策:2.男性の言うことを真に受けない

非を認めない強引な男性は口達者で相手を自分のペースに引き込もうとします。男性の言うことをいちいち真に受けていたら、男性の思い通りにされてしまうだけです。

話し半分・真に受けない

時にはこちらのことを責めてきて、男性が悪いはずなのにまるでこちらが悪者であるかのような扱いをされることがあります。男性の話を聞いているうちに自分が悪い気がしてくるので注意が必要です。

男性が言うことは話半分くらいに受け止めて真に受けないようにしましょう。常に冷静な目で男性に関することを判断する意識が大切です。一歩引いて男性のペースに乗らないようにすることが、非を認めない強引な男性と関わるコツです。

対策:3.困ったときは誰かに相談

非を認めない強引な男性の態度で困ったら、誰かに相談しましょう。自分ひとりで考えていると、知らず知らず男性の口車に乗って、考えが偏ってしまっている恐れがあります。

非を認めない場合は第三者を入れる

判断能力が鈍っていないか確認するためにも誰かに相談して客観的な意見をもらいましょう。男性が言うことはまともなことなのか、男性にどのように対応したらいいのか意見をもらいます。その上でこれから男性とどう関わるか決めるといいでしょう。

俺じゃないと言う人には注意が必要

完全にミスや間違いをしているのに二人で話していても非を認めない場合に第三者より指摘をされると

  • なんで他の人に話す
  • 恥をかかされた
  • 間違えていたが○○だ

結局の所、非を認めようとしません。このタイプの人間は逆になると第三者へ電話し確認したり、第三者を呼び自分が間違えていないと証明を強くしようとするのも特徴の一つです。自分が間違えていない場合は鬼の首を取ったような態度になります。

非を認めないが強引な男性とは

非を認めない強引な男性は、相手を否定する言葉が多く、何かミスをしても言い訳ばかりです。自分の思い通りにならないと不機嫌になるなど、精神的に幼稚なのが特徴であると言えます。

非を認めない強引な男性の対策としては、男性の言うことを真に受けずに一歩引いて関わり、困ったときは自分で解決しようとせずに誰かに頼ることが挙げられます。とにかく男性のペースに乗せられないようにすることがコツです。

非を認めない強引な男性に何かして欲しいときは、相手にさせるというよりも、自分がして欲しいんだというように視点を自分に当てて話すといいでしょう。プライドを刺激しないようにこちらの主張を伝えるとうまくいきやすいですよ。

非を認めないが強引な女性の特徴と対策

非を認めない強引な女性は本当に性質が悪いです。自分の主張ばかりして責任逃れをする女性のことです。特に男性は、自分の彼女がこのタイプの女性だったときに頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。

非を認めない女性は恋人や結婚相手になると喧嘩が多発

結婚したけど妻がこのタイプで喧嘩ばかり…という人もいるかもしれませんね。非を認めない強引な女性の特徴と対策を6つご紹介します。

非を認めない強引な女性について理解を深めて、適切な対応ができるようになりましょう。非を認めない強引な女性に腹を立てて大喧嘩するという事が減ります!

言い訳が多い

非を認めない強引な女性はとにかく言い訳が多いです。自分の非を認めたくないので、とにかく言い訳をして自分は悪くないという方向に話を持っていこうとします。たとえ相手が正論を言ってきても関係がありません。

非を認められない女性の場合は逆ギレが多い

正論で反論ができないなら逆ギレして話をうやむやにするということも平気でやります。相手がうんざりするような態度をとって、どうにかしてごまかそうとします。まるで小さな子供ですね。

非を認めない強引な女性の言い訳で多いのが、自分の意思でやったことではないということです。

自分は悪くない他の人が悪い

  • お母さんが言ったから
  • 小さい頃から○○だった
  • あの人にこう教わった
  • 友達が言ってたもん
  • こうするのが普通だと思っていた

などと言って、自分は悪くない、悪いのは自分にこうさせた他の人という主張をよくします。他の人から聞いたから間違いはない、間違っていたら他の人の責任だとなります。

もちろん他の人のせいでミスをすることはありますし、女性が悪くないこともあるのですが、多くの場合は単なる言い訳です。他の人の影響があるにしても、自分の非を認めて謝罪するべきところで謝罪をせずにいい訳ばかりするところに問題があります。

非を認めない強引な女性は幼稚

そこが理解できていません。自分のせいじゃないから謝らない、何が悪いのなどという態度をとります。はっきり言って幼稚で話になりません。非を認めない強引な女性と関わる人は、その態度にあきれ返ることが多いです。

非を認めない彼女や奥さん

女性と付き合い始めたり、結婚して家庭を持った時に奥さんが非を認められない人の場合は面倒な事になります。

  • 友達のカップルはこうだ
  • 他の家の人はこうだ

などと他のカップルや家庭を持ち出してきて非を認めようとはしません。例えば○○を忘れてるよ!と話した場合に他の彼氏・旦那は

  • ○○の彼氏・旦那が羨ましい
  • ○○の彼氏・旦那は優しい
  • ○○の彼氏・旦那はしている
  • ○○の彼氏・旦那は怒らない

などの話となる事が多いです。他の男性や他の家庭の話しを出す事で逆に、こちら側が熱くなり喧嘩に発展します。女性の場合は理屈より感情の生き物ですので熱くならずに上手に付き合いましょう。

関係のない話を持ち出して反論する

非を認めない強引な女性は、関係のない話をよくします。例えば電車内で粉を撒き散らして化粧をしていることを注意された女性がいるとしましょう。するとその女性は「でも足広げて座っているおじさんの方が迷惑じゃん」などと言います。

自分の非は認めずに責任転換

一見もっともなようですが、今は女性の行動が問題視されているのであって、足を広げて座っているおじさんの話はしていません。関係ない話を持ち出して論点をずらして責任逃れをすることは、非を認めない強引な女性がよくやる行為です。

自分は悪くない・他の人の方が悪い

そもそもどちらも迷惑なのであって、あっちの方が迷惑だから自分に注意するなという理屈が通るはずがありません。まるで小中学生のような幼稚な反論です。非を認めない強引な女性は精神的に幼いまま成長していることがよくわかります。

恋人や奥さんとの喧嘩はこれが多い

恋人同士の喧嘩でもこの手はよく使われます。何か指摘されると、「あなたはあの時こんなひどいことをしたのにそんなこと言うの?」などと言うことがあります。

今関係ない話を持ち出して自分を正当化しているんですね。まともに反論できないのでごまかしているわけです。男性は話にならないと思って黙ってしまいます。

責められたら被害者面

非を認めない強引な女性がよく言う言葉に「私だって頑張っているのに」というものがあります。責められたら被害者面で、こんな自分を責める相手が悪いと言わんばかりの態度です。

泣いて誤魔化す

自分が悪くないことをアピールすると同時に、相手に罪悪感を生ませてこれ以上の追及を避けるというテクニックですね。まるでいじめをしているように感じるので、特に男性は口が出せなくなります。

逆ギレをし男性が理論的に話しを進め自分が言い返せなくなる場合は謝るのではなく泣き出したりする事も多々あります。謝るより泣いて誤魔化す方がプライドも傷付かずに負けも認めません。この場合は男性側が「言い過ぎた」等と謝る事が多いです。

非を認められない・自分は悪くない女への対策

女性は特に感情的になりやすいです。非を責められると謝れない、認められない場合は逆ギレ、他人の責任などの押し付けを行う事が多くあります。

その為に感情的にならずに、厳しい指摘や間違えを正そうとすると揉める原因となりますので注意し接する事が大事です。ストレスは溜まりますが非を認められないのは間違えている場合だけですので気軽に接しましょう。

対策:1.感情的にならない

非を認めない強引な女性は感情的になって反論してくることが多いです。言い争いになると、こちらもヒートアップして冷静に対応できなくなります。無駄にイライラするだけです。

非を認めない女性とは感情的にならない

感情的にならないことを常に意識しましょう。常に一歩引いて関わることを意識して、冷静に対処します。感情的にならなければイライラすることも減りますし、女性の気持ちを受け止める心の余裕が出来ますよ。

対策:2.言い負かせようとしない

非を認めない強引な女性に正論をぶつけても意味がありません。言い訳してどんどん感情的になっていくだけです。特に男性は正論で言い負かせようとしますが、それはやめた方がいいです。

自分は悪くないとならない為に希望を伝える

自分の主張を伝えるにしても、言い負かせるのではなく、理解してもらうんだという気持ちで話しましょう。女性が言いたいこと、気持ちを十分に理解したうえで、自分はこう思う、こうして欲しいということを冷静に伝えてください。

非を認めないが強引な女性の対策3落ち着いたときに話す

非を認めない強引な女性は、感情的になりがちで、そうなったときは何を話しても聞いてもらえません。そこで、時間が解決してくれることを期待して、間をあけて落ち着いたときに話すという手があります。

お互い頭を冷やして話し合った方が、何かとうまくいきますよね。今はもう駄目だと思ったら、強引にでも話を切って、しばらくして話し合うようにしましょう。

非を認めないが強引な男性とは

非を認めない強引な女性は言い訳が多く、関係のない話をしてごまかしたり、被害者面したりして自分は悪くないと主張してきます。対策としては、女性を言い負かせようとせずに、落ち着いて話すことです。

指摘や正す事ではない対策を取る

  • 指摘=今後の希望を伝える
  • 間違いを正す=一緒に治す・考える
  • 間違いを示す=間違いに気づかせる
  • ミスを怒る=気づかせ・対策する

女性の気持ちに理解を示しながら、こちらの主張を1つずつ伝えることがコツです。一番重要なのは

  • 逆ギレ
  • 非を認められない
  • 人のせいにする
  • 謝れない
  • 泣き出す

この状態ではまともに話も出来ない精神状態などですので責め続けても話が改善する事はありません。時には間を置いて、お互い冷静になってから話し合うとうまくいきやすいですよ。

非を認められない人・自分は悪くない特徴まとめ

男性にも女性にも多くの特徴がありますが非を素直に認められる人と言うのは非常に多く存在します。大なり小なり自分自身の中にも譲れないプライドや負けたくない気持ちがあり非を認められない場合もあります。

自分の非を認める方法

ご自身に当てはめる事で非を認め素直に謝れる人・自分が悪かったと素直に謝れる人になりましょう。非を認めないと言う事は時間の浪費にもなりますし回りにも迷惑が掛かります。

  • 年下・部下に謝る:俺のミスだすまなかった
  • 年下・部下に謝る:俺の今後は注意する悪かった
  • 年下・部下に謝る:俺の考えが間違えていた改善する
  • 彼氏・彼女に謝る:ごめん悪かった間違えてた
  • 彼氏・彼女に謝る:今度からそうするね、ごめん
  • 彼氏・彼女に謝る:そうだったんだ間違えてた!ありがとう

謝るといっても状況や立場にもよります。「すみませんでした。」「ごめんなさい」などだけではありませんので状況に応じて今後の展望なども含めながら謝りましょう。単純に目上の人には確りと謝罪をするだけで十分です。

非を認められる人は部下や後輩・異性からも好かれる存在となります。間違えていたら気軽に間違えてた悪かった・ミスをした次回から改善ししないようにします。

自分の非を認めない人との付き合い方

余りにも強引に自分は悪くないし非を認める事がない人が回りに居る場合は「めんどくさい」が特徴なので一定の距離を保ち、浅く付き合うようにしましょう。自分が疲れてしまうだけです。

  • めんどくさい
  • ウザい
  • イライラする
  • ムカつく

などの態度は出さずに指摘した間違いやミスに対して、大きな必要が無い場合は基本は付き合わないのが一番理想的です。どうしても関わる必要がある場合は基本的に指摘する時には最初から第三者を入れて話しをしましょう。

間違いを指摘する、ミスを指摘するのは悪い事ではありませんが、ミスや間違った人にも優しい気持ちをもち間違い、ミスが起こらないようにする・プライドを傷つけずに教えてあげる事が大事です。