女性の特徴

男友達と彼氏の違い気持ちの境界線とは

image&illustration by フォトイラ

男友達が多い女性を見ていると、どの男性が彼氏なのかわからないと思ってしまうことがありませんか?自分では男友達と彼氏で区別しているつもりでも、彼氏から見てみると、多くの男性と遊んでいるように見えて、嫉妬してしまうかもしれません。

男友達の中には、いろんな男性と付き合っている軽い女だと思われてしまっているおそれもあります。そんな女性からすると、男友達と彼氏では大きな違いがあるようです。男友達と彼氏の違いについてご紹介していきます。

一緒にいてときめく

恋愛に大切なことは、相手にときめき続けることと言われるほど、一緒にいるときにときめきを感じるかは重要なポイントになります。そのため、ときめきを感じる男性は彼氏になり、ときめきを感じない男性は男友達に分類されます。

もちろん男友達でもときめきを感じることがある女性もいますが、その男性から彼氏から感じるようなときめきを感じられるほどではないことがほとんどです。このようなことから男友達と彼氏の違いを語るうえで、ときめきを感じるかどうかで区別することができます。

今までときめきを感じなかった男友達から、ときめきを感じるようになったときは、男友達が相手の女性を好きになった可能性がありますし、反対にその男友達のことを好きになってしまったかもしれません。

このようなこともあるので、いつもときめきを感じることができる男性を彼氏と思っている女性もいます。一概にときめきだけで区別できない女性もいますが、区別するときのポイントとして考えてみると、区別しやすくなるかもしれません。

相手のことを受け止められる

本当に相手のことを好きでなければ、相手のことを全て受け止めることができません。仲が良い男友達でも、嫌な行動や癖を持っていることがほとんどで、その行為を受け止めることができない女性もいるのではないでしょうか。

しかし、その男性が彼氏だと、嫌な行為も受け止めて、その人のことを好きになれる女性がほとんどです。そのため、相手のことを受け止められたり、認めることができたりする男性が彼氏で、どうしても許せないことがある男性は男友達として区別することができます。

女性によっては、許せない行為があったとしても、彼氏にしている人もいますが、許せない部分以上に好きな部分を持っていることが多く、結果的に好きな部分が多い男性を彼氏にします。

このように許せない部分を持っている男性でも、好きな部分が嫌な部分を上回っていれば、彼氏にしている女性もいます。許せない部分があるけれど、好きな部分の方が多いので、許せない部分も許せてしまうために、男友達ではなく彼氏と区分することができています。

その人のことを独り占めしたい

相手の男性を独り占めして、自分のものにしたいという独占欲が働くかどうかでも、男友達か彼氏かの区別をすることができます。男友達の場合は、他の女性と遊んでいようが、どこに遊びに行っていようが、あまり気にならないことがほとんどです。

しかし、彼氏の場合は、自分以外の女性と遊んでいると、嫉妬してしまったり、ヤキモチを妬いてしまったりして、自分の彼氏だから自分以外と遊ばないでほしいという気持ちを持ってしまいます。

このように、自分のものにしたいという独占欲が働いてしまう男性は彼氏になり、反対に嫉妬もしない男性は男友達に区別することができます。

  • 連絡が長時間返ってこないと不安になったり
  • 待ち合わせの時間に来ないと心配してしまったり
  • 会えない時間や会ってる時でも寂しいと感じてしまったり

することも、彼氏に対する感情で、男友達なら、返信が遅いときは忙しいのかと思ったり、待ち合わせの時間に来ないときはイライラしてしまったりと、不安や心配になることがほとんどありません。

  • 相手の男性を独占したいと思ったり
  • 心配してしまったり
  • 寂しい気持ちを感じたり

するときは彼氏に区分され、そういったことを思わない男性は男友達に区分されます。他にも、過去の女性関係を聞かされて、嫉妬してしまうようなときは彼氏に区分され、全く興味も持たないときは男友達になります。

もちろん、彼氏と区分された場合でも付き合っていると言う事実が必要になります。相手の男性が自分だけのものであってほしいと感じるほど、彼氏に近くなり、どうでもいいと思うほど男友達に近くなります。

楽しいだけなら友達

遊んでいるときや、連絡を取り合っているときに、ときめきを感じることがなく、ただただ楽しいと思うだけの場合、その男性は男友達に区分されます。

楽しいという感情は、自分が一緒にいてリラックスした状態でいれて、相手への遠慮がないときに出るもので、彼氏というときは、リラックスしているかもしれませんが

  • 一緒にいることでドキドキしていたり
  • 特別な感情を持っていたり

するので、遠慮しなくなることはありません。そのため、ただ楽しいという感情は出ないことが多く、他の感情が押し寄せてくることがほとんどです。このように、楽しいと思うだけなら男友達になり、楽しいよりも他の感情が勝るときは彼氏になります。

とくに一緒にいて楽だと感じる男性や、気楽に遊びに誘えるような男性は、男友達のことが多く、一緒にいてときめきを感じるような男性や、遊びに誘うとき準備が必要になるような男性は、彼氏であることがほとんどです。

自分を可愛く見せたり、綺麗に見せたりする準備や、当日どんな服装をしていくか悩んでしまう相手は彼氏で、軽くメイクしただけで会える男性や、いつもと同じ服装で会える男性は、男友達に区分されます。

彼氏に気を使っている女性であれば他にも会うために準備することがあり、男友達であれば準備なく当日遊びの予定を入れることもできます。こういった準備の必要があるかないかでも、男友達と彼氏の違いを見つけることができます。

男友達と彼氏の違い結論

彼氏がいるのに男友達にトキメキを感じてしまったり、彼氏よりいい所を見つけてしまったりと女性が恋心を抱いた時点で気持ちの境界線は同じレベルとなります。彼氏がいる場合は心の浮気と言っても良いかもしれません。

男友達と彼氏の違いは彼氏は彼女を特別扱いしますし、彼女も彼氏の事を特別扱いする状態です。彼氏と男友達の違いが分らない場合は、本当の彼氏とは言えないのかもしれません。本当の恋をして大好きな彼氏が出来ればわかるようになりますよ。