彼氏との付き合い方

貯金しない彼氏にうんざり…。貯金のない特徴と対処法

大好きな彼氏との将来を真剣に考えるなら、 女性は特に甘い結婚生活ばかりを夢見るのではなく現実を見ようとしますよね。

彼との将来を考えたいのに、彼に「貯金がない」という真実を知ってしまったらガッカリ。それでも、これから少しずつ貯金してくれたら大丈夫!と思っていても、一向に彼氏は貯金をする気配がなかったら・・。

彼氏が貯金してくれないと不安になりますよね

  • この人と結婚してお金は大丈夫かな?
  • 貯金を全然している感じがしない・・・
  • 将来の為に貯金をしてくれない・・・
  • その日、暮らしのお金の使い方・・・

男性のタイプとしては、堅実に貯金をしていく「アリ」タイプの人と、のらりくらりの「きりぎりす」タイプの人に分かれます。では、自分の彼はもしかして「きりぎりす」タイプなのでは?!と気になりますよね。

今回は、貯金をしてくれない彼氏の特徴と対処法について、いくつかご紹介したいと思います。

貯金しない彼氏の特徴

先のことは考えない

「今日が楽しければそれでいい」「明日は明日の風が吹く」といった考えを常に持っていて、口笛でも吹きながら人生を楽に生きているタイプの男性は、基本的に貯金という概念がありません。

このようなタイプの男性に「貯金しなよ」と諭したら、貯金してどうするの?明日死ぬかも知れないじゃん?!なんて言われてしまうでしょう。

定職に就いていない場合も多いのでアルバイトや派遣、時には日雇いまでしてお金を稼ぎ、無計画でお金を使ってしまうというケースが多いので、女性から見たら心配でたまらなくなります。

欲求の赴くまま

自分の欲求には逆らえずに、何でもポンポン買い物をしてしまうという男性は貯金が全く貯まりません。自分の

  • 趣味などにお金を費やしてしまう「物欲」タイプの男性
  • 食べたいものは我慢せずに食べる「食欲」タイプの男性

もいます。どちらにせよ、自制が利かないので周りからは「金遣いが荒い」と思われがちです。男性が趣味にお金を使い始めると、どんどん極めたくなって「もっといいモノが欲しい!」とエスカレートしていきます。

貯金という言葉は二の次になってしまうほど、のめり込んでしまうと彼女の話も耳に入らないでしょう。

意思が弱い

貯金をするということは、かなり自分を客観的に分析して自分と律することができないと難しいことです。

やはり人間は楽なほう楽なほうに流されていくので「絶対貯金するぞ!」という固い意志が必要不可欠です。

何か、特別お金を使ってるということはない気がするけど、気がつくとお金が消えてる・・という人が大半です。貯金しなきゃと思いつつ、また今月もお金が貯まらなかったという人は完全に意思が弱いタイプと言えるでしょう。

貯金をしようという意思を固めるためには、目的をはっきりさせることも重要になってきます。

やろうと思えばいつでもできる

仕事は定職に就いてるし、ある程度まとまったお金も毎月銀行に入ってくる。あとは、自分がその気になれば貯金なんて簡単にできると軽く考えている男性は、いざとなっても貯金が貯まりにくいという特徴があります。

貯金をする、しないというのは日ごろの生活習慣が色濃く反映されるものです。彼氏がいくらその気になっても、ずっと身体に染み付いた生活習慣を急に変えることは至難の業です。

毎朝飲んでいる食後のコーヒー一杯、働いたあとに飲むビール一杯から見直していかなければならないものだと分かっていないということでしょう。

貯金をしてくれない彼氏への対処法

2人で具体的に将来の話をする

彼女が「貯金して!」と言ってるけれど、一体何のために貯金しなければならないのかという「貯金の目的」がはっきりしていないと始まりません。

男性は、何か目的が具体的に描けていないとなかなか動けないんです。例えば、いくらくらい貯金できたら同棲資金に使おうか?とか、それとも結婚式の費用に当てようか?とか。

もちろん、彼氏1人にお金を貯めさせたら可哀想なので、2人で一緒に「いつまでに」「どれくらい」貯めるという計画と「何に使うのか」という最終段階までを彼ときちんと話し合う必要があります。ただ「貯金してよっ!」だけでは効果なしということです。

強制的に貯金させる

無計画で生活してきた人や意思が弱い人には、給料から自動で天引きされる「積立貯金」がおすすめです。やはり、貯金のために節約しようと思っていても毎月残るお金は微々たるもの。

それなら、毎月同額を積み立てて貯金できれば確実に貯金ができるし計画も立てやすいです。彼を積み立て貯金しよう!と思わせるように持っていくのは、彼女であるあなたの技量にかかっています。

しつこくお金の話をしない

基本的に男性は、女性からお金の話が出ることを好みません。女性がお金の話をすると何か言葉にはできないプレッシャーのようなものを感じてしまうからです。

必要以上にお金の話を出すと、彼もストレスに感じてしまい貯金がスムーズにできなくなる場合もあります。彼の稼いだお金は、彼のもの。彼がどう使おうと自由なんだ。という気持ちを忘れずに上手に彼氏を貯金へ導くのがポイントです。

貯金してくれない彼氏には貯金をさせよう

女性が男性に求めるものは様々ですが、将来を考えている相手なら尚のこと求めてしまうのは「経済力」です。

付き合ってるだけなら、デートができるくらいのお金があればいいですが、未来のことまで考えると貯金がない男性では不安で仕方がないですよね。

彼に貯金をして欲しいと考えているなら、当然彼女であるあなた自身も彼の見本となる生活をしていなければなりません。

なので自分自身もきちんと貯蓄をしながら彼氏に対しては、目的をしっかり持たせて貯金へ導くということを両立させながら二人三脚で頑張ってくださいね。