女性の特徴

なりたい!?悩み!?幼く見られる女性の原因と特徴とは

なりたい!?悩み!?幼く見られる女性の原因と特徴とは image&illustration by フォトイラ
子どもの頃は大人になりたい!と思いますが、ある程度成長すると幼く見られることが嬉しくなりますよね。それに男性の中には童顔や子どもっぽい女性が好きな方も目立ちます。

そこで今回は幼く見られる女性の特徴を知って、自分磨きに活かしていきましょう。モテたい!という方はぜひ読んでみてください。

幼く見られる女性は人気?

今モテている女性ってどんな子?というのは誰しもが疑問に思うことでしょう。もちろん最初に言ってしまうと明確な答えはありません。しかしモテる女性の傾向というのは見えてくるものです。

  • 最近は男性側が恋愛に対して奥手になったり
  • 夜の営みに対して自信が持てなかったり

そんな事情があります。そのため男に慣れていそうなセクシーさ全開のお姉さんはちょっぴりハードルが高くなりつつあるのです。その一方、どこか子どもらしく、あどけないオーラがある幼く見られる女性の人気は上がってきています。

童顔が確実にモテる!子どもっぽい方が良い!と断定することはできませんが、自分磨きの目標にするには結構オススメです。幼く見られる女性の特徴を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

言葉遣いは女子高生?

落ち着きがあり、キレイな言葉遣いで話すと色気が出る。というのは結構有名な話でしょう。確かに女性としての品は大人びた会話術が必要になります。しかし男性から見た時に

  • 俺には手が届かない
  • ちょっとタイプじゃない
  • 大人すぎて釣り合わない

なんて思われてしまいます。その逆で、幼く見られる女性は子どもっぽい話し方をします。それこそ現役の女子高生のような口調なのです。とはいえあまりにもギャルっぽいわけではありません。

どのようなものかと言うと、若い人が会話の中で出る略語・ネット用語・ワカモノ言葉・カタカナなどです。これらを元気よく遣うことで、大人びた印象から幼いイメージにガラッと変わります。また、「腰が痛い」や立ち上がる時に「よっこいしょ」など言うと若いオーラが出なくなるので注意してくださいね。

ついつい幼く見られる女性になるにはどうしよう・・・と考えると外面ばかりを意識してしまうでしょう。だからこそ言葉遣いはさまざまな人が落としてしまうポイントなのです。

ぜひ現役の女子高生や若い人の会話を耳に挟み、学んでいきましょう。言葉遣いが若くなるだけでも、男性からは幼く見られる女性に近づきます。身に付けるのも簡単なので、気軽にトライしてみましょう。

姿勢はピシッと!

先ほどもチラッと出てきましたが、「腰が痛い!」なんて言っていると幼く見られる女性ではなくなってしまいます。そして当然のことながら、腰が曲がってきたりヨレヨレな歩き方をしたりすると、若い印象は与えられません。

幼く見られる女性のほとんどはピシッとした姿勢で、本当に若い人ようにテキパキと動きます。仕事の時はもちろんプライベートでも意識しているのです。実際若い人は姿勢もキレイですし、元気のある動きをしますよね。

幼く見られたいならそれを真似するのがオススメ

とはいえ姿勢のイメージは掴みにくいので、簡単な方法を紹介します。まずは平らな壁に寄りかかってみてください。身長を測る時のような感じでしっかりとくっつけます。その時に頭やお尻、かかとを壁につけましょう。

それが幼く見られる女性の姿勢です。後は歩く時に首を前に突き出したり、背中を丸めたりしないようにすればかなり若いオーラが出てきます。もっと突き詰めたい!という方は膝から下だけ歩くのではなく股関節から足を出す、表情は柔らかくする、などしましょう。

肌も若々しい

幼く見られる女性は肌に気を遣っている、という特徴があります。なぜなら男性は女性の年齢を予想する際に肌を見ているからです。ガザガザであったりシミが目立ったりすると「結構いってる」と思われます。

一方スベスベでダメージのない肌だと幼く見られるのです。つまり男性から第一印象で若く思われたい場合は、肌のケアは徹底して行いましょう。まずは美肌水やパック、それこそCMでやっているようなグッズを試して、自分に合うものを見つけるのがオススメです。

その後は食生活や栄養を考えていきましょう。ちなみにキレイな肌作りにはタンパク質やビタミンAなどが大切。サプリメントなども利用して、積極的に摂取してみてください。

目元がパッチリ

幼く見られる女性は目元がパッチリとしています。黒目は大きく、だけど濃すぎないメイク。というのが男性達にとってはウケが良いのです。

一方目が細い、メイクが濃すぎると、どうしても若いイメージからは離れていってしまいます。それこそ一歩間違えれば頑張って若作りをしている、という何とも言えない印象を与えてしまうので気をつけましょう。

1 2