女性の行動

浮気を浮気でやり返しするよりも効果的に懲らしめる方法

浮気をされるのは非常に悲しくムカつく事です。浮気をされるとイライラして同じ事をやり返してやろうと思ってしまう事があります。しかし自分自身も他の男性と交際するのは相手に迷惑が掛かるので効果的ではありません。

浮気を浮気で仕返しするより効果的な懲らしめ方があります。そこで今回は浮気されて浮気をやり返しするよりも効果的な懲らしめ方について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。浮気を浮気で仕返しして自分が傷付かないようにしましょう。

最悪別れてもいい懲らしめ方

浮気を懲らしめると言う事は2パターンあり、懲らしめて許してあげるこの場合は今後も付き合って行くけど懲らしめるのは必要だから懲らしめるとの事です。懲らしめてから別れる、すでに別れた場合ムカムカしイライラしているので懲らしめたい!

別れても問題が無いから懲らしめたい、悲しませた、裏切ったバツを与えたいとの心理で懲らしめたいと考えていると思います。まずは別れてもいいから懲らしめたい場合をご紹介します。

証拠を集める

彼の浮気が発覚すると、今すぐにでも問い詰めてやる!となるでしょう。しかし浮気を繰り返ような男性の場合、直接勝負をしたところで誤魔化されたり逆に追い詰められたりします。逆上されて暴力なんて振るわれたら元も子もありません。

そこで大切なのは浮気を確信したとは言え、まずは証拠を押さえることです。自分自身で後をつけてみるのも良いですし、探偵といった専門機関に依頼するのも良いでしょう。既に浮気の証拠がある場合は証拠を少しでも増やしておきましょう。

  • 彼が他の女性とホテルに入っていく様
  • 仕事で遅くなると嘘をついて女とアパートに消えていく様
  • スマホを見て気が付いた場合はスクリーンショットで女とのやり取りの様

浮気現場を撮ることが重要です。こうした確定づけるだけの証拠は、浮気のやり返しをするよりも効果的な懲らしめ方に繋がっていきます。

自分自身で問い詰めるにしても写真などがあれば彼は認めるしかありませんからね。彼の行動が怪しい、浮気をしているなふど分かったら情報と証拠を集めましょう。

彼の両親に証拠を渡す

付き合っている期間が長かったり結婚前提だったりすると彼の両親とも面識があるでしょう。その場合は集めた証拠を相手の親に渡すのが効果的な懲らしめ方です。浮気はダメな行為として知れ渡っていますし、社会的な立場というのも危うくなるもの。

それを自分達の息子がしているともなれば、親としては黙っていられないでしょう。彼が別の女性とホテルに入っていく写真などを泣きながら見せれば、彼の家族をこちらの仲間にできる確率も上がります。そして相手の両親さえこちら側につけておけば、一気に彼を追い込むことが可能です。

  • 思いきり叱ってくれますし
  • 家庭的な制裁がされたり
  • 家から追い出されたり
  • 両親に泣かれたり

するでしょう。子供はいつまでも子供ですので両親に言われるのは結構堪えます。両親を敵に回してしまった!となれば、さすがの彼も浮気がいかに愚かな行為だったか理解するはず。もちろん改心もあり得るでしょう。

しかしその後をどうするかはあなた自身が決めてください。2度と浮気をせず幸せにしてくれる可能性もありますが、何だかんだ再びやってしまうことも考えられます。

彼の職場の同僚などに証拠を渡す

最近では有り難いことに浮気は社会的に追い詰められる行為になってきています。そんな世の中だからこそ、職場に知られると切り捨てられることもあるのです。職場自体に渡してしまうと名誉毀損などになる場合があるので仲良しの同僚などとの飲み会に参加し浮気してたの酷くない?などと伝えてしまいましょう。

少しやり過ぎで第三者にも迷惑を掛けますが、彼が勤める会社の同僚に証拠を渡すのも浮気のやり返しより効果的な懲らしめ方の1つ。同僚などに伝えてしまえば

  • 最悪の場合は解雇されて職を失いますし
  • 例え処分がなかったとしても社内での居場所は無くなりますし
  • 同僚が戒めてくれる可能性もありますし

当然あの時浮気なんかしなければ・・・と強く後悔することになるでしょう。また、彼にとっては大切な浮気相手を追い詰めるのも効果的です。それこそ相手の職場に渡すのも良いでしょう。2人揃って社会的な立場を失って、途方に暮れるはず。

慰謝料請求

カップルではなく結婚した夫婦関係で浮気が起きた場合、やり返しよりも効果的な懲らしめ方は慰謝料請求です。性行為が証明された場合は離婚に至らなくても払ってもらえることがありますし、その額は非常に大きくなります。

さらに浮気が原因で争っているともなれば、相手の社会的な立場を苦しめることにも繋がるでしょう。こちらはスッキリした上にお金まで手に入るので、良い事づくし。

夫婦関係である場合に浮気が発覚したら慰謝料請求を考えてみてください。ちなみに婚約関係などでも払ってもらえることもあるので、詳しくは法律相談事務所に電話を掛けてみましょう。

キレイになって幸せになる

浮気をされた時の懲らしめ方は、何も争うことがすべてではありません。証拠を集めたり慰謝料請求をしたりして相手を追い詰めるのも良いですが、こちら側も非常に疲れてしまいます。長期戦になればストレスも溜まってきますし、休めない時間が続いてしまうでしょう。

だからこそ、無理に争う必要はないのです。浮気が発覚したらきっぱりと別れて、自分のために時間を使うのも良いでしょう。今まで以上に美を追究したり、新しい男性と幸せになったりしてください。

それにあなたが幸せになることは、彼を懲らしめることにも繋がります。なぜなら浮気をする男性は本命だったはずのパートナーを見下しがち。

  • 俺がいないと幸せになれない
  • 俺のこと好きだから浮気しても許してもらえる

など卑劣な考えを持っています。しかし浮気が発覚してあっさりと捨てられて、別の場所で幸せに暮らしているとなればどうでしょうか。気に入らなくて仕方がないのです。

それに浮気男は社会的に追い詰められなかったことで、そのリスクや代償を知らないまま行いを続けていきます。後々になって修羅場を体験して、とんでもない復讐を食らうハメにもなるでしょう。

無理に争って浮気相手や彼に勝利するのではなく、幸せになって人生の成功を収めれば良いのです。自分が本当に目指していたものは何か?浮気をされたことで再確認してみてください。

仕返しはするけど別れたくはない場合

浮気を浮気で仕返ししようと考えている状態であれば、彼氏が既に浮気を認めている、もしくは浮気を確実にしているのを知っている状態だと思われます。その場合は彼氏に浮気をハッキリと認めさせて反省させましょう。

  • 浮気をした事がどんなに悲しかったか
  • 浮気をされている時にどんなに不安な気持ちだったか
  • これだけ信じていただのに裏切られた気持ちを

男性は女性の涙に弱いので泣きながら長い時間同じ事を繰り返しましょう。ハッキリと浮気を認め、お互いに今後も付き合って行くと決めた場合は、まずは許す事が大事です。許した後に高額な欲しい物を買ってもらう約束をしましょう。

次に浮気をした場合などの約束は基本的に無意味ですし、約束した事を守れば浮気をまたします。心理的に次に浮気されたら、凄く悲しい、悔しい、不安だと伝えるのが次回の浮気を抑える第一歩です。

仕返ししたら別れない場合は懲らしめる事を続けない方が良いです。同じ事を繰り返し言う、チクチク言うと男性側が浮気をしたのが悪いとしても一緒にいるのが苦痛になり付き合っていても楽しくなくお互いに別れた方がいいと感じるようになります。

仕返しよりも許すか許さないかが重要

彼氏に浮気をされてやり返しに浮気をする前に彼氏の浮気を許せるかが重要になります。浮気をやり返した場合はチャラとして許せるのか、他のバツを与える事で許せるのかを決める必要があります。今は好きで別れたくないと感じていても将来ふとした瞬間に思い出す事もあります。

浮気した男と付き合い続け、将来結婚をしてと考える場合は浮気をやり返すのではなく、何をしてくれたら許せるか、どんな約束なら許せるかを自分で決めて話し合いをしましょう。浮気をする男は将来また浮気する可能性も高いです。

浮気されて浮気のやり返しよりはマイナスしかない!

自分にとって良い選択をしよう彼が浮気をしたから、自分も他の男性と付き合う。という行為はマイナス面が大きいです。やっていることは憎い彼と同じですし、良い結果が出るかと言えば悪い方向へ進みます。だからこそ、自分も浮気をするのではなく、効果的な懲らしめ方を実践しましょう。

彼の両親と協力したり、職場での信用を失わせてみたり。慰謝料請求が出来るならしてみたり・自分自身が他の場所で幸せになる、などさまざまな選択肢があります。もちろん浮気を許して付き合い続ける、というのも1つの手段です。ここで大切になるのは、自分自身が幸せかどうか。心からそう思える選択をしましょう。

余りにもやり返し方が酷く、懲らしめすぎると問題になる場合もありますので許せない場合は周りの友達に相談してみましょう。一番良いのは悔しい、悲しいなどの気持ちを我慢しスッキリと別れてしまい関わらずに自分の人生を楽しくしてくれる新たな出会いに向かう事です。