女性の特徴

恋愛で熱しやすく冷めやすい人の特徴と振り回されない為の男女別の対処法

恋愛をしていて猛烈にアプローチをしてくる男性が急にそっけない態度になったり、大好きと言っていた女性が急に好きと言わなくなったりと熱しやすく冷めやすい人の恋愛には振り回されてしまう事があります。

  • 付き合う前は優しかったのに付き合ったら冷たい
  • 食事に行くまでは猛烈アプローチが一度行った後はそっけない
  • 毎日LINEや連絡をしてくれてたけど相手からの連絡が少なくなる・無くなる

相手にとっては長所かもしれませんが、言い換えれば、わがままとも言えます。今回は恋愛で熱しやすく冷めやすい男性と女性を男女別にてご紹介致します。特徴を見て自己診断や対処法を学びましょう!

熱しやすく冷めやすい男の特徴と対処法は

あなたの周りに恋愛アプローチやアピールで熱しやすく冷めやすい男性はいませんか?熱しやすく冷めやすい男性のアプローチなどに女性も戸惑ってしまいますよね??

  • 猛烈にアピールしてきたのに告白をオーケーした途端素っ気なくなった
  • 今までまめに連絡してくれていたのに突然連絡が全く来なくなった

女性が困惑してしまうくらい極端に行動が変わってしまう男性のことです。熱しやすく冷めやすい男性はアプローチをしかけるときはとてもまめで情熱的なので、勢いに押されてそのまま付き合う女性が多いです。

付き合ってから男性が冷たくなるなど、ころころ変わる男性の態度に女性が悩まされる可能性が高いです。付き合う前に猛烈にアプローチしてたのに食事に行った後からそっけない態度に・・・

対処法を知らないと熱しやすく冷めやすい男性に振り回されて傷ついてしまいます。熱しやすく冷めやすい男性の特徴と対処法をまずご紹介!熱しやすく冷めやすい男性のことをよく理解して、自分の身を守りましょう!

一見真面目そうでいい人に見える

熱しやすく冷めやすい男性は、意外にも一見真面目そうでいい人に見えることが多いです。そんな人から熱烈にアプローチされたら、付き合った後も大切にしてくれそうと思いますよね。そこが質が悪いところで、熱しやすく冷めやすい男性が次から次に恋愛ができる要因でもあります。

もしも男性の見た目が軽く誠実そうに見えなければ熱烈にアプローチしても警戒されるでしょうが、自分のことを大切にしてくれそうな雰囲気が出ているので女性は心を許してしまうんですね。

浮気性・気が多い

熱しやすく冷めやすい男性は、魅力的な女性がいたらその人に目がいってしまいます。すぐに女性のことを好きになってしまうので、浮気をしてしまうことがよくあります。1人の女性を一途に愛することができません。すぐに心変わりしてしまいます。

どれだけ熱烈にアプローチをしかけてくる男性でも、冷めやすいタイプの可能性を感じたら、相手にしない方が無難ですね。真に受けて付き合ってしまうと、彼の浮気性に悩まされることになります。

別れるほど気持ちが冷めることがなかったとしても、他の女性に浮気したくなるくらいには気持ちが冷めてしまうんです。熱しやすく冷めやすい男性と付き合うには、それ相応の覚悟が必要がと言うことがわかりますね。

人間関係以外も飽きっぽい

熱しやすく冷めやすい男性は、人間関係だけ冷めやすいのではありません。趣味や仕事など人間関係以外のことでも冷めやすい性格をしています。

  • 多趣味で色々なことができるけど秀でたものが一つもない器用貧乏である
  • 優秀なはずなのに仕事を転々としていつまで経っても腰を落ち着かせることがない

などの特徴に当てはまるなら、その男性は熱しやすく冷めやすい性格をしている可能性が高いです。彼が自分に夢中でいい人そうに見えたとしても人間以外が飽きっぽく長続きしないようだったら要注意です。一つのことを長続きすることができないのが彼の本性だと思いましょう。

対処法1.思い通りにさせない

熱しやすく冷めやすい男性は、女性を自分のものにできたと判断し、何でも思い通りになると思ってら女性に気を使うことをやめます。安心するんですね。油断とも言います。

もう自分のものになったのだから頑張ってアプローチする必要もありませんし、攻略の楽しみもありません。男性の興味が薄くなり、他の魅力的な女性へと興味が移りやすくなります。

男性の気持ちが冷めることを避けるために、男性の思い通りにさせることはやめましょう。駆け引きが大事なんですね。男性にアプローチに押されて流されることがないようにして、主導権を握るようにしましょう。

アメとムチを使い分けて、男性に、女性は自分の思い通りに動く、自分のものになったと思わせないようにするのがコツです。元々人は完全なものより中途半端なものの方が気になるものです。完全に女性を攻略したと思わせないようにうまく距離を保って少しずつ親密になるといいでしょう。

対処法2.期待しすぎない

男性にこうして欲しい、こうあるべきなどと期待すると、期待を裏切られて傷つくだけです。また、熱しやすく冷めやすい男性は自分の気持ちを優先するところがあるので、多くを期待されると重いと思って逃げ出そうとします。

男性を捕まえつつ自分が傷つくことを避けるためにも、多くのことを期待せず求めすぎずをモットーにして男性と付き合うといいでしょう。適切な距離感を意識して関わるのがコツです。

対処法3.彼に依存しない

熱しやすく冷めやすい男性の言葉を真に受けて男性のことを好きになって依存するようになると、後々裏切られて心に大きな傷を残すことになります。熱しやすく冷めやすい男性がどれだけ大きなことを言って優しくしてくれたとしても、依存しないように心の距離を保つことを意識して関わることがコツです。

距離を保って関わっておけば彼が離れても傷は浅くて済みます。距離を保つことを意識することで、男性が女性を完全に自分のものにできていないと考えて、冷めることなく熱い気持ちを持ち続けてくれる可能性があります。熱しやすく冷めやすい男性は、油断するとついつい依存したくなる心地良さがあるので、意識して距離を保って関わりましょう。

熱しやすく冷めやすい男との恋愛は

熱しやすく冷めやすい男性は一見真面目でいい人そうですが、人間関係以外も人間も飽きっぽくて浮気性です。振り回されないようにするためには、熱しやすく冷めやすい男性に多くを期待せずに距離を保って関わるといいでしょう。

男性と長く付き合っていきたいという方は、男性の思い通りになることを避け、自分のものにできたと思わせないことがコツです。駆け引きをしながら上手に男性の気持ちを捕まえておくことがポイントです。

熱しやすく冷めやすい女の特徴と対処法は

あなたの周りに熱しやすく冷めやすい女性はいませんか。猛烈なアプローチをしかけていたと思ったらいつの間にか他の男性のところに行っている…最近までデレデレしていたはずなのに突然彼氏と別れたなどの行動をする女性のことです。

燃えているときはとことん熱く、冷めるときは一瞬でその落差が激しいという特徴があります。そんな熱しやすく冷めやすい女性に振り回された経験がある男性も多いのではないでしょうか。

余計なトラブルを抱えて心が傷つくことを避けるためにも、女性への対処法を知る必要があります。熱しやすく冷めやすい女性の特徴と対象法をご紹介します。

夢中になっているときは男性の言いなり

熱しやすく冷めやすい女性は、男性に夢中になっているときは男性のことしか考えていません。とにかく男性に気に入られたい、一緒に楽しみたいという気持ちが強いです。男性に嫌われないようにするために男性の言いなりになることも多いですね。

男性は完全に女性が惚れていると思っていますから、女性に無理なおねだりをすることもあります。夢中になっている間は問題ありません。そんなことでも自分から言うことを聞きたいくらいの気持ちがあります。

気持ちが少しでも冷めることがあると、その無理なおねだりをされることが嫌だと思うようになります。そして、気持ちが一瞬で完全に冷めてしまいます。好きなときは受け入れられたことが、嫌いになると無理になることってありますよね。

熱しやすく冷めやすい女性はそれが極端

男性に対してちょっとでも冷めた気持ちが出てくると、色々なことが無理だと感じるようになって、男性そのものが無理だと感じるようになります。

男性は、この前まで喜んでいたのにどうして?と戸惑いますが、後悔してももう遅いです。女性の心は冷め切っています。夢中なときは男性の言いなり、少しでも冷めると一瞬でさようなら。これが気分屋の女性の特徴なんです。

冷めたら悪口大会

熱しやすく冷めやすい女性は気持ちが冷めた後は男性の悪口を言うことが多いです。仲がいい友達と悪口大会を開いてひたすら愚痴ります。顔は良かったけど性格が…とか、金は持っていたけどこういうところが本当無理だったなどと言いたい放題です。

まるで自分が夢中だった過去を消し去るかのような勢いで悪口を言います。もう女性の中ではその男性のことが完全に終わっていることがよくわかりますね。男性は未練を引きずることが多いですが、熱しやすく冷めやすい女性は切り替えがとても早いんです。

冷めやすいことを自覚している

熱しやすく冷めやすい女性は、自分が熱しやすく冷めやすいことを自覚していることが多いです。自分ではわかっているものの、冷めてしまうものは仕方がないと思っています。感情のコントロールができないんですね。

後から責められることを避けるために、あらかじめ自分は冷めやすいタイプだと公言することが多いです。それでも自信満々に女性に近づいて、後に女性が一瞬で冷めたことを責める男性が後を絶ちません。

女性を見ていると自分のことなのに無責任で他人事のように振舞っているように見えますが、自分の感情をコントロールできないことで一番被害を受けて傷ついているのは、彼女自身なんです。

対処法1.嫌なことを教えてもらう

熱しやすく冷めやすい女性は必ず地雷となることがあります。何かをされて冷めた、彼のこういう姿を見て冷めたというエピソードが必ずあります。いきなり冷められることを避けるためにも、あらかじめ嫌なことを教えてもらうといいでしょう。

あらかじめ嫌うことを教えてもらえれば、少なくともそれは避けることができます。彼女のために頑張っていることを察してもらえれば、冷められる可能性を下げることができます。熱しやすく冷めやすい女性が自分に夢中になっているからといって、先を見据えて行動することを怠ってはいけないのです。

対処法2.刺激を与えることを意識する

どんな熱い恋愛も三年で冷めると言います。人は慣れる生き物ですから、三年もすれば、パートナーに慣れてしまい、相手を見ても刺激を感じないようになってしまうんですね。

普通の人でも冷めてしまうのですから、冷めやすい女性だともっと早く一瞬で冷めてしまうことは明らかです。そこで、女性の気持ちが冷めないために、常に刺激を与えることを意識しましょう。

  • 行ったことがない場所に旅行する
  • 新しい趣味に二人でチャレンジする
  • 時々サプライズで何かやる…

というように刺激的で一緒にいて楽しいと思わせる要素を入れていきます。デートがワンパターンにならないようにすることも大事ですね。付き合いが長いと安心してデートもいつも通りとなりがちですから。女性と一緒に楽しく過ごすにはどうしたらいいか考えることができれば、冷められずに長い付き合いができることでしょう。

対処法3.自分磨きを怠らない

女性が自分に夢中だからといって、成長しないとやがて飽きられてしまいます。女性に飽きられないためにも、自分磨きを怠らないようにして女性に素敵だと思わせるようにしましょう。新しい自分、成長した自分を見せることができれば、女性は長い期間あなたに夢中になります。

熱しやすく冷めやすい女の恋愛は

熱しやすく冷めやすい女性は夢中になっているときは男性の言うことを聞きますが、冷めるときは一瞬で、別れたあと悪口を言うことも多いです。冷めやすいことを自覚して公言をしていることも多いのですが、近づく男性は後を絶たず、別れを繰り返して傷ついていることもあります。

熱しやすく冷めやすい女性への対処法としては、嫌なことをあらかじめ教えてもらって地雷を踏まないようにしつつ、自分磨きや刺激的なことをして常に新鮮な関係でいることですね。慢心せずに関わることが、女性と長く付き合うコツです。

熱しやすく冷めやすい人との恋愛での対処法

熱しやすく冷めやすい男性も女性も自分の事を好きだと確信すると基本的には相手に素っ気無い態度や冷たい態度を取るようになり恋愛が急激に冷え込みます。

  • 付き合う前に猛烈なアプローチをされて振り回されてしまった・・・
  • 付き合ったけど冷たくされてすぐに別れた・・・
  • 別れた後に復縁したいけど態度が冷めていて復縁出来ない・・・

今回、ご紹介した特徴や対処法から付き合う前、本気か本気ではないのかを見極めて相手に振り回されないようにしましょう。熱しやすく冷めやすい人は情熱的であり、手に入ると冷たくなりますので上手に対処して恋愛を楽しみましょう。