男性の心理

男性が本当に好きな人に無意識にとる態度とは

image&illustration by フォトイラ

好きな人に対して男性は無意識に態度や行動が出てしまいます。女性からしたら無意識な男性の行動を知る事で自分の事を好きかな?と判断が出来ますし相手に対して好意があれば脈ありのサインの見分け方にもなります。男性が無意識にとる態度やしぐさから本当に好きかの判別をしましょう。

職場や学校で無意識にとる態度とは

好きじゃない女性にとる態度と本当に好きな女性にとる態度はハッキリと違いが出る態度や行動と分かり難い態度が存在します。無意識にしている態度ですので女性は見抜く場合には男性の行動を注視し態度から判別をする様にしましょう。職場や学校での男性などの態度をご紹介しますので状況に合わせてチェックしてください。

必ず目で追ってしまう

目で追うと言うのは、結構言われている事ですが、男性が出す無意識な態度としては目で必ず追ってしまう事です。好きな女性にとる態度は、1日に何度も目で追ってしまう為に女性も視線を感じる事が多くなると考えられます。相手に対して女性側が好意を持っている場合は視線を意識すれば日に何度も目が合う、視線を感じられるでしょう。

近くにいる時には匂いを嗅ぐ

好きな女性の匂いは気になる為に無意識で匂いを嗅いでしまう事があります。好きな女性が近くに来る、すれ違う時に瞬間的に匂いを無意識で嗅ぎます。その為に匂いに敏感であり、いい匂いがするね!と言われた場合は無意識に匂いを嗅いでいると考えられます。近くに長い時間を一緒に過ごしていないのに匂いに付いて話してくる場合は本当に好きな人にとる態度と言えます。

考えながら会話する話す

本当に好きな人に対しては、嫌われたくない、好かれたいと心理が働く為に急に女性が男性に話し掛けた場合などに少し考える素振りをしながら話す場合などは無意識に考えています。日常的に考えながら話すタイプの男性でない場合は好きな人に無意識にとる態度と言えます。試す場合は何の話でも大丈夫なので急に話し掛けてみてください。

自分の事を話す時の身振り手振り

男性が自分の事を本当に好きな人に伝えたいと考えてしまう場合には無意識に手の動きや身振りが大きくなります。特に自分の話をする場合は認めて欲しいや同意してほしいとの心理から無意識に身振り手振りが大きくなってしまいます。普通の話をしている時と男性が自分の話をしている時の動きを確認すれば無意識な態度か判別できますよ。

自慢話が増える声が大きい

本当に好きな人には自分の事を凄いと思って欲しい気持ちが働きます。その為に無意識に小さい自慢話が増えたり、男性が詳しいアピールを無意識にしてしまいます。好きな女性が近くにいて自分の話が聞こえているのでは?と感じる場合は少し声が大きくなり自分の存在を好きな人に示そうと男性は無意識に声が大きくなります。少し離れた所で気を引こうとしている様に見える場合は好きな人にとる態度です、

頼られたいから気にする

好きな人には頼られたいと心理が働きます。その為に無意識で好きな人の体調や状況を気にしてしまいます。体調が悪い時に少しの体調が悪いしぐさでも、大丈夫?と声を掛けてきます。心配している態度も本当に好きな人いは態度で無意識に現れてしまう為に、他の人と比べても気が付くのが早い、心配している度合いが強いと感じた場合は好きな人に無意識にとる態度です。

飲み会、カラオケなどは基本隣

飲み会やカラオケなどのイベントがある場合は出来る限り隣に座りたいと意識が働きます。その為に入店して部屋でも席が決まるまで、男性は好きな人の近くにいます。好きな人が席に座ったら、じゃ俺はココでと自然な感じで座ろうとします。手の届く範囲に座ろうとしている場合は好意のサインです。入店から席が決まるまでの態度を見る事で判別出来ます。

違う男性の話しで拗ねる

付き合ってもない状態でも好きな人からは男性の話を聞きたくない為に話でカッコイイとか、素敵とかの話が出ると無意識に拗ねてしまいます。男性は拗ねない場合でも張り合うなどの素振りを見せます。無意識に出てしまいますので拗ねている態度などを見かけたり、張り合っている態度であれば好きな人に無意識にとる態度と言えます。

好きな人が触った物は宝

気になる好きな人から何かを貰ったり、預かった場合は普通の物よりも大事にする傾向があります。無意識に好きな人が触った、好きな人から貰った物を大事にしてしてしまいます。例えばボールペンでも消しゴムやノートなどでもです。バレンタインのチョコレートなどの扱いも本当に好きな人からであれば扱いが違うのでチェックして見てください。

話せるチャンスを伺ってる

出勤時間や帰社時間に出来る限り話したいと考えている為に女性が帰る時に休憩したり、好きな人の行動時間に若干合わせて無意識に行動してしまいます。休憩時間などにお喋りする時間がある場合などには必ず参加しようとします。無意識に一緒にいたいとの思いから態度に出てしまいます。男性が話す頻度や近くにいる頻度が高いなと感じたら好きな人に出す態度の可能性が高いです。

恥ずかしいから会話が出来ない

普通に周りの人とは会話が出来るのに、本当に好きな人の前だと会話が上手に出来ません。普通の会話も照れてしまうので、好きな人が会話に入ってくると逃げてしまう男性もいます。自分にだけ会話をしない男性や逃げてしまう様な態度の男性は好き避けとも言える無意識に恥ずかしいから逃げるという態度に出てしまいます。男同士や他の女性とは会話している場合は好きな人にとる態度と言えます。

興味がない振りをする

好きな人に対しては興味がない素振りを見せるのに実は興味や関心が非常に高いです。話している時には会話に混ざってこないのに、何の話をしてた?と周りに聞いたり、急に何々?と会話に入ってきたりします。自分だけ好きな人がいるグループの仲間はずれになりたくないとの心理が働く為です。自分の話に興味を強く持っている、普段はそっけないと感じる場合は好きな人にとる態度と言えます。

LINEなどが常に疑問系

男性とLINEのやり取りをしている場合は好きな人に対しては会話を終わらせたくない、もっと知りたいと心理が働きます。その為にLINEの内容が返しても疑問系や必ず終わらせるのが男性側になります。質問の数が多い場合は好きな人にとる態度と言えますし、同じスタンプなどを利用したりもします。LINEで疑問系、質問が多い態度の場合は好きな人に出ている態度とも言えます。

自分のオススメを勧める

好きな人と共有したい心理が働く為に自分が体験した事や好きな事、楽しかった事を勧めてくるのも特徴です。無意識に進めているので自分では、そんなに進めている感覚がありません。是非してみてよ。今度試してみて。これはオススメだよ。など自分の好きな事を無意識に共有しようとして、態度に出てしまいます。勧められる事が多ければ無意識にとる態度です。

自分の話した内容の確認

会話をしている中で自分が話した事や言った事に対して、大丈夫だった?話は面白かった?変な話しちゃったね?と確認を取ります。男性は好きな人に嫌われたくない心理が働き好きな人に自分の会話の内容を確認してしまいます。大人数で話している時でも確認をしたいと無意識に思ってしまいますので確認が多い場合は無意識の態度と言えます。

褒められる時には確認

自分が褒められる事や凄いと思われる事をした時には好きな人が見ているか確認をしてしまいます。自分の勇姿を見届けてもらいたい為に無意識で好きな人を目で追ってしまうのです。その様な状況がある場合に大勢の中でも探されて目が合う場合は無意識に探してしまい、その態度をとる事になります。凄いと思われる事がありましたら目が合うか試すと分かりやすいです。

付き合う前に本当に好きな人にとる態度

付き合ってないけど、食事やデートなどをする中になった場合に本当に好きな人と思われているのかは気になりますよね。本当に男性から見て好きな女性と思われているかと心配になる事もあるかと思います。デートや食事で2人の時に無意識に男性がとる態度をご紹介します。本当に好きと思われているかが確認出来ますよ。

何も無いのにプレゼント

好意の証でもありますが、本当に好きな人にはプレゼントをしたいと考えてしまうのが男性です。花束や小さな物でもプレゼントを送りたいと考えます。ゲームセンターにあるクレーンゲームのぬいぐるみ、少し見ていた雑貨などです。何度か会っている間に小さなプレゼントをされた場合や花束をプレゼントされた場合は本当に好きな人になってると考えても問題ありません。

声も好きだから話を聞く

女性が話している最中に話を遮る事が少なくなります。女性の声も好きと考えてしまう為に話を聞きたい、色々な事を教えて欲しい、声を聞かせて欲しいとの心理から女性が話している最中に話を遮らない態度をとる状態になります。話をよく聞いてくれる、遮られないと感じた時には好きな人にとる態度の可能性が高いです。

触りたいから距離感が近い

正面に座れば前のめりで更に手を繋ぎたいと心理から利き腕が女性側の近くに置くのが、無意識な態度に出てしまいます。無為に利き腕が前に出ている場合は好きな人にとる態度と言えます。隣に座った場合でも匂いを感じられる距離や膝に触れられる距離感に座りたいと考える為に座った時にさり気なく椅子を女性側に移動させた場合は男性がとる好きな人への態度とも言えます。

定期的に見つめてくる

普通の会話をしていても、ちょいちょいと見つめてきます。会話の途中などに女性の目をバッチリと見つめる行動をとります。見つめる事で見つめあいたい、次のステップに進みたいと男性への好意があるかを男性は感じ取れる様に見つめます。何度も見つめられて、何?と聞くと見てただけ・・・。の場合は好きな人に対して出てしまう無意識な態度と言えます。

秘密を共有しようとする

2人だけの内緒話や2人だけの秘密を共有したいとの意識が働く為に無意識で2人だけの秘密を作ろうとします。2人の秘密を作りたいとの態度をとる場合には好きな人に対する態度の可能性が非常に高いです。好きでもない人と秘密を共有しても良い事は起こりません。秘密を共有してあげる事で喜んでくれた場合は本当に好きな人にとる態度です。

常に次の話や次回の話をする

食事に行った場合でもデートをした場合でも、大勢で遊んだ場合でも次はいつ行く?いつ遊ぶ?などの態度を必ず取ります。好きな人とは一緒にいたい、また遊びたいとの心理が働き無意識に次の約束を常に求めてしまうのも態度の特徴です。常に次の約束や次の事を決めたいと態度に出ている場合は好きな人にとる態度と言えます。

将来の事を語りだす夢を話す

将来の自分の夢や仕事の事を急に語りだします。自分の将来を話す事で一緒に過ごして欲しい、将来一緒にいたいと気持ちが出てしまう為に無意識に将来や自分の夢を美化して話し出します。男性が将来の話をする場合は好きな人に出す態度と言えます。すごいね!将来を見てみたい!夢が叶ってる姿を見たいよなどと行って喜ぶ場合は好きな人への態度です。

気持ちが伝わらないとイライラする

男性が好きをアピールしているのに女性が好きを感じ取ってくれないと拗ねたり、イライラし始めたりします。男性は好きになってしまうと自分の事も好きでいて欲しいとの欲求が強くなる為に勝手に拗ねたり、イライラしたりします。好意のアピールをされても鈍感な振りをしてみたり、自分は関係がない態度で拗ねたり、イライラした場合は好きな人への態度と言えます。

束縛と嫉妬をしてくる

付き合う前の状態でも、好きと伝える前の状態でも他の男性や男友達と遊ぶと伝えた場合などには、行かない方が良いよ・・・俺は行って欲しくないな・・・などの態度が出てしまいます。好きな人を束縛したい、自分の物にしたいとの気持ちがある為です。男友達何人かとバーベキュー行くんだとか、海に行くんだとかを伝えて嫉妬や束縛が感じられたら好きな人への態度と言えます。

無意識にとる態度は色々

本当に好きな人に対しては男性は単純ですので、無意識に態度に出まくります。女性から見て分からない態度も沢山ありますが、ハッキリと好かれているなと感じられます。本当に好きな人にとる態度は付き合いを始めて一緒にいる中で大事にされていると感じられていれば、男性から彼氏に変わっても同じです。男性がとる好きな人への態度は簡単に見つけられますよ。