彼氏との付き合い方

嫉妬してる!?元彼との過去を気にする男性の心理と対処法とは

image&illustration by フォトイラ

彼女の元彼に対して嫉妬をしてしまう男性は多いですし「元彼ってどんな人だったの?」とか「元彼の事は付き合ってる時は好きだった」と聞かれた事がある女性も多いのではないでしょうか?彼氏が元彼を気にするのは何故でしょうか?話すと嫉妬される場合もあります。彼女の過去に嫉妬する男性の心理や元彼を気にする理由と対処法をご紹介致します。

元彼を気にする男性の心理とは

付き合う前だとしても、付き合っていても男性や彼氏が元彼の事を聞いてくるのは自分の事を一番と思ってもらいたい心理から女性や彼女に対して元彼の事を聞いてきます。自分より元彼の方が優れていた場合や別れたと言え元彼がどんな人間だったかを確認したい、知りたいとの心理から元彼の事を聞いてきます。別れた元彼に嫉妬してしまうのは仕方がありません。

過去を気にするのは当たり前の事

過去の男性とどの様に過ごしてきたのか?元彼とのキスはどんな感じだったのかと過去に付き合っていた男性に嫉妬するの男性は非常に多いです。元彼の事を聞かない男性でも気にしてしまう男性は非常に多いです。今は自分が好きな人で元彼に負けたくないとの気持ちが強く嫉妬心として現れます。その為に過去に嫉妬するのは男性としては、ある程度は当たり前と言えます。

元彼と付き合いを参考にしたい

好きな女性が過去と言え付き合っていた元彼とどんな付き合いをしていたか知りたい為に元彼の事を聞いてきます。別れた理由などを知る事で違う付き合い方をしたいと心理的に思い元彼の事や付き合ってた男性の事を聞いてくる場合があります。心理的には過去の失敗から学びたいや単純な興味本位に聞いているので嫉妬をしまいタイプの男性となります。

元彼より優れているか知りたい

好きな女性が付き合っていて彼氏の事は男性は気になりますし、自分とどちらの方が優れているかと考えてしまいます。元彼が自分より優れている男性の場合には自分のプライドが傷付く可能性がある為に過去の付き合っていた元彼の事を気にする心理が働いてしまいます。今の自分を比較したい為に元彼の事を気にして聞いてきます。

元彼よりも優れてると言いたい

好きな女性に対して男性同士で自分が優れているとアピールしたい心理は男性であれば持っています。過去を気にするのは自分が元彼よりも女性や彼女の事を大事に出来る、俺の方が優れてると認めて欲しい心理から過去の事を気にして元彼はどうだったの?とか元彼って優しかった?と確認し自分の方が優れていると女性に認めさせたい心理から聞きます。

元彼に既に嫉妬してしまってる

過去に付き合っていた男性に対して嫉妬をしてしまっている為に元彼の事を気にして聞いてくる場合があります。既に嫉妬している為に元彼の良い所などを伝えた場合は、元彼の存在が気になる男性からすると自分から聞いてるのに、元彼の話をすると嫉妬から怒る男性も多いです。彼女のファーストキスの男性に嫉妬するのと同じ意味合いで過去の事を気にしてしまい嫉妬します。

比較されているのかが心配で

元彼のと自分を比較されているかと心配になると元彼の話を聞いて安心したい心理が働きます。「優しさは自分と比べてどうだったのか?」とか「キスと自分とのキスはどちらの方が上手か」など下らない事でも嫉妬しますし、過去を気にする男性の場合は特に元彼でも過去に付き合ってた男性にでも対抗心や嫉妬心が出てしまう心理から聞きます。

自分が一番と認めてもらいたい

過去を気にする男性の場合は元彼の事を聞きながら今は自分が一番と認めて欲しい心理から話を聞きます。「○○だったけど、○○の方が全然優しいよ」とか「付き合ってた頃より○○の事を好きって今までで一番感じる」と言われる事で安心出来ますし一番になれたとプライドも保たれます。女性から一番好きなのは自分と言って欲しいから元彼の話を聞きます。

今でも好きかもと感じてしまう

付き合ってたと言う事は元彼の事を好きで付き合っていたと分かりますし、今でももしかしたら元彼との事を忘れられない可能性があるのではないか?もしかしたら復縁を望んでいるのかと心配する心理から元彼の事を聞きます。人の気持ちは自分ではないと分からないので元彼の事を忘れられているか?過去を思い出したりしていないかと心配で元彼の話を聞きます。

浮気や二股を心配してしまう

元彼と今でも繋がっていたり、元彼とは別れたけど友達の状態になっている可能性を感じてしまい元彼との過去を気にするあまりに聞いてしまう心理が働きます。「別れてから一切の連絡を取っていないよ」とか「別れてから会っていないし会う気もないよ」と言って欲しい心理から過去に付き合っていた元彼は男性の事が気になり確認をしてしまいます。

元彼との過去を気にする対処法

元彼との事を何度も聞いてくるから答えたのに機嫌が悪くなってしまったりする事は男性には良くあります。付き合ってないのに嫉妬する男性も多いので彼氏はもちろん、付き合ってない場合でも好意がある男性には適切に回答するのが望ましいです。元彼の存在が気になる男性は非常に多いです。別れた元彼に嫉妬されない様に過去を気にする男性には適切に回答しましょう。

元彼の事は基本的には話さない

元彼の事を聞かれても出来る限りは話さない事が重要です。既に別れていると言っても同じ男性ですし、嫉妬心が芽生える可能性があります。元彼の事を聞かれた場合でも軽く答える程度に留めておきましょう。しつこく聞いてくる場合でも「元彼の事は忘れたいから話したくない」とか「元彼なんてどうでもいいから話したくない」などと伝える事で対処しましょう。

元彼の嫌いだった部分のみ話す

嫉妬するのは自分が負けてしまった事や元彼と楽しかった思い出を話される事に嫉妬します。既に別れている訳ですから、過去を気にする場合は元彼の嫌だった所とか嫌いだった部分を話す様にしましょう。絶対に「ダメだったけどいい人だった」とか「別れたけど好きな所も沢山あった」などは話さない様に対処しましょう。元彼を褒めると嫉妬するのは間違いありません。

元彼よりも相手の男性を立てる

元彼の事も悪く言いたくないと考える女性もいると思いますが、素直に良い所を伝えると強い嫉妬心に駆られる男性も多いです。過去を気にする男性の場合は特に良い所を聞いても嫉妬するだけです。「○○の方が大事にしてくれるから別れて良かった」「○○の事が今まで付き合った中で一番好き」と元彼より下にならない様に対処しましょう。付き合っていない場合でも好意がある男性であれば同じです。

元彼との過去より今が大事言う

過去が相手だと勝つ事が難しいですし、男性からすれば元彼と比べられても勝つ事は出来ません。過去を気にする男性には過去はもう終わった事で今から楽しく過ごしたい、一緒にいたいなどの気持ちを伝える様にしましょう。女性は付き合っていた男性の悪口を言いたくない心理から元彼の良い所などを話してしまったりする事が多いので元彼の好きだった所などは話さない様にしましょう。

嫉妬や怒る事がない様にする

過去の話を聞いてくるのは嫉妬からの場合が多い為に嫉妬しない人になりたいと思っている男性でも、嫉妬を煽ってしまうと怒り出したり、機嫌が悪くなったりします。元彼の事を聞かれてもデートの場所や色々なイベントで過ごした事などは話すのは控えましょう。過去を気にする時点で嫉妬する可能性が非常に高くなっていますので嫉妬されない様に心掛けるのが必要です。

付き合えた事が幸せと伝える

しつこく元彼の事を聞いてくる男性もいますので、程々に褒めない様に伝えて、今は別れてから付き合えてるのが幸せで、別れて良かったと伝えましょう。大事に思う気持ちがある場合でも実際に既に別れている状態であれば今の彼氏や好意を持っている男性を大事にする事の方が非常に大事です。今は別れて付き合えた事や好きになった事を素直に伝える事で対処しましょう。

今の彼氏の事を褒め続ける

女性からしたら言いたくない、嘘を付きたくない場合はあると思いますが「元かれより優しい」「元彼よりキスが上手い」「元彼よりエッチが上手」と伝える事で男性はプライドが満たされる為に満足します。元彼の事を聞かれたら元彼を引き合いに出し彼氏や男性の事を褒める事が重要です。彼女としては元彼との思い出があると思いますが、今の彼氏を大事にするのであれば対処を行いましょう。

付き合ってないのに嫉妬する男性

付き合う前の状態でも嫉妬する男性はいます。付き合ってないのに嫉妬する男性の心理は女性に対して非常に強い好意を持っていて将来的に付き合いたいと考えている為です。嫉妬する男性は女性に対して好きの気持ちが強い為に女性が話した元彼の話や他の男性とデートしたり遊んだりしている事にも嫉妬します。付き合ってない場合でも好意がある相手であれば嫉妬させすぎない様にしましょう。

元彼の話をすると怒る男性心理

単純に元彼に対して強い嫉妬心を持っているから怒ります。プライドが高い男性が多く元彼に負けてると感じてしまう、元彼の方が好きなんじゃないかと疑う事でも嫉妬しますし、拗ねたり怒ったりとします。嫉妬されているのが面倒であれば元彼の事を褒めない以外に道はありません。相手を嫉妬させたい場合は程良く元彼を褒めると嫉妬しますが、めんどくさいと感じる場合があるので程々にしましょう。

過去を気にする男性は嫉妬から

付き合っていた元彼へ嫉妬してしまう場合や過去の男性関係を気にする男性は知りたいと言う心理と欲求から過去の男性関係を聞いてしまいます。過去に付き合ってた男性の話を楽しそうにしたり、褒める様な事を言ってしまうと過去を気にする男性の場合は強い嫉妬心が芽生えます。嫉妬心は程々にあるのは良いですが嫉妬させ過ぎると良い事はありませんので嫉妬させ過ぎは注意してくださいね。