男性の心理

ただの女友達と好きな人への態度の違いと男性の心理とは

少し気になる男友達が好きな人にとる態度って気になりますよね?気になる男友達だからこそ、ただの女友達と思われているのか、少しは脈があるのかと色々考えてしまいモヤモヤする事があると思います。特に女友達が多い男性であれば尚更です。ただの女友達と好きな人への態度の違いはどの様な違いがあるのでしょうか?

Contents

ただの女友達と彼女候補の違いとは

女友達の中でも男性から見て、ただの女友達と彼女候補の態度の違いを知る事が出来れば、自分が本命扱いされているのか?彼女候補なのか?がわかります。ただの女友達に対する態度と本命の好きな人に対する態度をご紹介致します。本命と思われているか、ただの女友達の態度の境界線はどこにあるのでしょうか?

女性への話し方や内容が違う

わかりやすい態度で言えば、ただの女友達に対する話し方と本命の好きな人に話し方が全然、違ってきます。自分が男友達の本命かを見抜くには、男友達の離し方を見極める必要があります。無意識に態度に出てしまう部分もありますので自分がもしかしたら好かれてる?と感じる場合は話し方に対する態度をまずは確認しましょう。

ただの女友達へは相談する

女性も男友達にはどうでも良い話から相談まで話すのではないでしょうか。ただの女友達と話す時の男性は友達として話すので本命女子にする態度や話す内容とは全然違います。ただの女お友達には相談話や下ネタの話もする、好きな人には下ネタや相談はあまりしない。相談をしないのは自分を弱い人間と見せたくない心理が働く為です。

ただの女友達へは下ネタを

ただの女友達へは下品な内容を含んだ下ネタ系を話せる仲だと女友達として接している場合がほとんど。下ネタを好きな人に話すのは「嫌われてしまうのではないか」など色々心配になります。女友達には口が悪くなることもあります。友達という認識なので「多少口が悪くなっても良いや」と思います。本命に対しては心理的にも下ネタが少ない。

ただの女友達へは適当な返事

話をちゃんと聞いているか?聞いていないか?にも話す態度は出てしまいます。好きな人が話している話には興味を示す為に話を聞いてますし、返答も話の内容に対しての回答になります。ただの女友達に対しては扱いが雑な為に話を聞いていないから返事が適当になります。本命に対しての態度は話を聞く体勢であるかで判別が出来ます。

ただの女友達へは否定が多い

会話の中で、ただの女友達に対しては否定の言葉が多くなります。「考え方が違う」「それは違うと思う」「ダメでしょそれは」などの否定の言葉が多くなりますが、本命の好きな人に対しては心理的に否定の言葉が少なくなり、暫定する態度や言葉が多くなります。ただの女友達の場合は否定される事や話を遮られる事が多い事で違いが分かります。

ただの女友達には話しを振らない

好きな人に対しては会話の中に入っていない場合などは、率先して話を振ります。本命への態度は「○○はどうなの?」「○○は好きだったよね」「○○は何食べたい」ただの女友達に対しては話の流れを変えてまでは、無理に話を振る事はしません。本命の好きな人に対しては好みや、話を振る態度やタイミングなどを見極める事で判別が可能です。

本命には面白いと思われたい

本命の好きな人に対しては「話す時は緊張して何を話して良いのかわからない」と悩む男性は多いです。「何か面白い話をしないと」など色々考えすぎてしまってかえって話せなくなってしまいます。ただの女友達と違い、面白いと思われたい心理から逆に話が出来なくなってしまう場合があります。ただの女友達との会話の態度を見ると分かりやすいです。

本命と話す時には舞い上がる

女性の多くが嫌う男性の自慢話のアピールも舞い上がってしまっているからです。ただの女友達には見せない態度になります。舞い上がってしまい、本命の好きな人には自分の普段より多い自慢話をする事で凄いと思われたい心理から話してしまう場合が多いです。自慢話を特定の女性に始めた場合をチェックする事で、ただの女友達か本命か判断出来ます。

本命の過去の話も覚えている

男性でも好きな人が話した内容と言うのは、心理的にも本命であり、好きな人ですので過去に話していた内容を覚えている事が多いです。ただの女友達との会話は覚えていない為に「そんな話したっけ?」となりますが、好きな人の話は「前に話してたね!」となります。本命には態度として話を聞く姿勢も出来てます。過去の話を覚えているかで判断可能です。

本命の話には前のめりで聞く

ただの女友達が話している時には口を挟んだり、話を遮ったりの態度を出しますが、本命の好きな人が話し出した場合は聞く体勢を整え、前のめりで話を聞く態度を好きな人に示します。自分は話を聞いているよ!とアピールをする為です。話を聞かない人は嫌われてしまう等の心理から話を聞く体勢と整えます。話の聞く雰囲気で判別が可能です。

本命が話す時には目を見る

ただの女友達の場合は横を見たり、スマホを触りながら話を聞いたりします。ただの女友達からしてみると「話を聞いてる?」となります。本命の好きな人に対する態度は話を聞く姿勢がある為に本命が話している時には目を基本見ている事が多くなります。ただの女友達が話している時には他の事に気を引かれているかを確認すれば本命か分かりますよ。

本命と友達のLINE頻度の違い

単純な話ですが、好きな人とただの女友達では扱いが違いますので、LINEや電話などの連絡の頻度から返信の頻度まで態度に出てしまいます。頻度に関しては意識して態度に出す訳ではありませんが、ただの女友達と本命の好きな人への連絡に対しての頻度はハッキリと違いが出ます。連絡に対する態度や頻度を確認してみましょう。

ただの女友達へのLINEは適当

特に用事もないのに、ただの女友達に頻繁に連絡を取るのは下心がある場合を除いたら基本的にはあまりありません。大勢で遊ぶ約束や会う約束をする為にLINEなどで連絡をします。ただの女友達には誘い方も適当です。「○○に○○で集合ね」となりますが、本命には1度の連絡に対しては「○○になったけど来れる?」など複数回の連絡を行ったりします。

ただの女友達のLINEには放置

今度集まりがあるけど行かない?と誘われた場合でも、ただの女友達の場合は連絡が来ても気が向いたら返すか・・・などの適当な心理が働きます。「返事ないんだけど?どうすんの?」とLINEで入れたりする状態になります。ただの女友達と好きな人態度の違いは返信が基本早い、返事を忘れる事が無い為に放置をされる事がありません。

ただの女友達のLINEは必要事項

女友達へはそんなに連絡しないという男性がほとんどです。「どこかに遊びに行きたい」「相談に乗って欲しい」以外で連絡することはなかなかありません。LINEは必要事項を伝えるための手段に過ぎません。ただの女友達には必要事項や待ち合わせ場所などを知らせるだけです。本命の好きな人には必要事項以外の連絡や関係ない内容のLINEを送る事が多いです。

ただの女友達のLINEはスルー

LINEでグループを作っている場合には、ただの女友達の場合は入れてきた会話の内容をスルーする態度を取ってしまいます。基本的に興味が無い話はする意味が無いと男性は感じる為ですが、本命の好きな人がLINEにスタンプを入れただけでも反応したり、内容に対しては返信を出来る限りする様にします。好きな人の行動はスルーする事はありません。

ただの女友達へのLINEはスタンプ

LINEのやり取りを行っている中で、ただの女友達にはスタンプだけの返事やスタンプのみで完結させようとします。面倒だなと思うのが態度に出てしまうのと、スタンプで十分だなとの心理が働く為に適当なスタンプを送っとけば良いかとなります。本命の好きな人にはLINEでスタンプも送りますが必ずテキストを一緒に使います。

本命にはLINEで毎日連絡をする

男性にとってLINEは必要事項を伝えるための手段に過ぎないと言いましたが、好きな人がいる場合は違います。好きに女子の場合は「今何をしているんだろう」と常に気になってしまいます。基本的には毎日、何らかの内容を送りたいと態度に出てしまい。「お疲れ様」「仕事大変だった?」「おはよう!今日は雨だね」などを送る場合もあります。

本命へのLINEの内容には悩む

逆に言うと好きな人へLINEを送りたいけど「何を送ったら良いのかわからない」と悩んでしまうために「今は何してる?」「忙しいの?」「来週暇かな?」と疑問系の内容を送ってしまいます。基本的にはLINEで好きな人とは、やり取りを続けたいと態度に出てしまうので疑問系とか質問系のLINEの内容が多くなります。好意がない場合は、うざい男となります。

本命には写真なども添付する

ただの女友達にも、写真を送ったりする場合もありますが、基本的には本命の好きな人へのLINEで写真を送る場合は「可愛い犬いたよ」「今日の夕焼け凄いよ」「激辛料理食べてまーす」などのポエム的な写真や相手が喜びそうな写真、共感してもらいたい写真などをを撮影しLINEで送ります。本命の好きな人には共感してもらいたい気持ちが強いので態度にでます。

本命には報告をLINEでする

本命に対しては自分を認めて欲しいと心理が働く為に色々な事をLINEで報告をしてきます。「仕事終わった~疲れた」「そろそろ行かないと!」「今度○○に行く予定なんだよね」と女性からしたら迷惑になる可能性があるLINEもちょいちょい送ってしまいます。興味を持ってほしい、次の話に繋げたい心理から本命の好きな人には色々な報告をLINEを送ってしまいます。

既読や返信がないと周りに確認

共通の友達などが多い場合は本命の好きな人が既読が中々付かない場合やLINEの返事が無い場合にLINEのグループなどで、さり気なく確認をしようとしたり、友達に○○って今日は忙しいのかなー?などスケジュールの確認をしてしまう場合があります。好きな人が気になるので、さり気ない態度として本命の好きな人の事を周りに聞く事が多くなります。

本命と女友達で優しさが違う

無意識に出てしまう部分だったりもしますが本命の好きな人に対する優しさの態度とただの女友達への優しさの態度は違いが出ます。普通に考えれば当たり前ですが付き合う前の状態でも好きな人には、特別に優しくしてしまうのも男性です。無意識な態度でも出ている事や好きな人に好かれたいから優しい態度をとる場合もあります。

ただの女友達の変化は気にしない

ただの女友達に対しては友達として接するのでそこまで優しさはないです。自分から荷物を持ってあげたり、変化に気づいたりする事は中々ありません。女友達として見ていますので細かな変化に気づきにくくなっています。好きな人の場合は匂いや服装、髪型も気にしているので気が付く可能性は高いですが、ただの女友達の場合は気づきません。

ただの女友達には普通の優しさ

女友達には厳しいのか?と思う女性もいるかも知れませんがそんなことはありません。やはり女性であることに変わりはないので基本的に優しく接します。ただの女友達の場合には態度として「友達としての優しさ」になってしまいます。特別な優しさや周りの女性に対しての優しさと変わらないと感じる場合は本命ではないと言えます。

ただの女友達には冷たい場合も

好きな人がいるのに、ただの女友達に優しい態度を取る事や本命の好きな人に見られている場合はただの女友達には違いを見せたい為に冷たくする時もあります。自分の優しさは本命の好きな人に理解して欲しいとの思いから態度に出てしまいます。男性にもよりますが、好きな人にだけ異常に優しい場合などもありますのでチェックしてみてください。

ただの女友達には送り迎えなし

基本的には付き合っていない状態であれば、ただの女友達も好きな女性も同じ女性ですが、基本的には、ただの女友達の場合は暗くなっても「暗いから気をつけてね」程度の優しさですが好きな人に対する態度では「暗いから近くまで送ろうか?」と一歩進んだ気遣いを見せます。他の友達よりも雑に扱われている場合は本命ではありません。

ただの女友達は喜ばせる気がない

女性に対しての普通の優しさを、ただの女友達にも持っていますが、好きな人に対するサプライズやプレゼントなどの喜ばせる優しさはありません。誕生日のプレゼントやホワイトデーのお返しなども適当だったりします。本命の好きな人の為には誕生日プレゼントなども考えて用意したりします。ただの女友達の扱う態度が明確に出ます。

本命には頼れる男と思われたい

本命に対しては「自分から進んで」手助けしてあげようとします。買い物袋を持ったり何か困っていることがあったら聞いてあげたり自分から積極的に女性に対して何かしようとします。本命の好きな人に好きと思われたい心理や頼れる男のアピールをしたい為の態度です。困っている態度を出す事で、助けてくれるかを見極めれば本命か分かります。

本命の小さな変化に気づきたい

好きな人に対しては細かいところまで気がつくのでネイルを褒めたり、髪切った事などの小さな変化に気づいたりします。好きな人に対しては気づきたいと心理が働きます。気づける気が利く男と思われたい、気づいたと喜ばれたい、喜んでほしい気持ちが態度に出てしまいます。小さな変化に気づいてくれるかを確認してみましょう。

本命には食事やご飯をご馳走したい

本命の女性と2人の場合は、ご飯をご馳走したり、エスコートをしたりします。ただの女友達の場合は優しさもあまりないので、割り勘が基本ですし、エスコートなども行いません。本命の好きな人に優しくする事で好かれたいと下心が出てしまう為の態度となります。好きな人には凄いと思われたいので頑張ってご馳走したりする優しさを見せます。

本命の好きな人の事は守りたい

道を歩いていても車道側を歩きますし、人込みであれば常に好きな人の事を気にしています。その為に基本は本命の好きな人の側にいる事が多く、常に気に掛けています。電車に乗れば潰されない様にしたり、歩いていれば自分が先に道を作るなどの優しい態度を示します。ただの女友達に対しては、気に掛けてまでは行いません。

本命に対しては損得で動かない

本命の好きな人に対しては、自分が損になるからやらないとか、面倒だからしないと言う事がありません。その為に本命に頼まれると基本的には断わりません。損をしてでも優しさを見せたい気持ちがある為に損得勘定はしないで出来る限り本命の好きな人に対しては優しい行動します。ただの女友達に対しては損得勘定が働きます。

本命と友達では遊びの決め方が違う

遊びに行く所や久しぶりに飲む?などとなった場合でも、ただの女友達と本命の好きな人では男性は決め方も決める場所も変わってきます。ただの女友達を喜ばせても意味があまり無いと心理的に常に感じてしまう為です。逆に本命の好きな人に対しては遊ぶ場所やプランに関しても頑張る態度が出てしまうのが男性の心理です。

ただの女友達の場合は一緒に決める

女友達と遊びに行く時はお互いや他の仲間に相談し、どこに行きたいかを言い合って一緒に決めます。ただの女友達の場合は「他に誰か呼ぶか」など複数人で会おうとします。複数人で遊んだ方が楽しいですもんね!ただの女友達と2人で会う必要もありませんので、2人で決めて誰を誘うか?行く場所や遊ぶ場所は大勢で決めたりします。

ただの女友達の場合はいつもの場所

場所を決めるのも面倒と案じてしまうので、ただの女友達の場合は「いつもの所で」「この前の所で」と場所の決め方が同じ場所や行った事がある場所が多いです。ただ単に飲みながら話をしたり、ファミレスなどでお喋りをする為に会う事が多いです。女友達の場合は場所決めが面倒なので、いつもの場所が増える訳です。

ただの女友達は行き当たりばったり

取りあえずいつもの場所でとなった後にもこの後どうすると話しになる場合でも場所を決めていませんので「どこ行くか?」「どこ行こう?」など行く場所を決めるのに時間が掛かります。特に女友達と行きたい場所も無いし単純に集まっただけなので心理的にも扱いは適当です。中々場所が決まらないのが特徴と言えます。

ただの女友達は決まらないと諦める

どこに遊びに行くと話してても、中々決まらない場合は「今回は俺はやめとくわ」「また次にでも誘ってよ」など面倒と心理的にに感じると遊ぶ事すらやめてしまいます。友達関係なので当たり前ですが、めんどくさいと感じると特に会いたい訳でもありませんので、今回はやめると選択します。本命の好きな子が参加する場合は参加します。

ただの女友達と遊んでも途中で帰る

自分の都合で楽しくないと感じた場合は「俺はそろそろ帰るよ」とか「○○は呼べないの?」とか楽しく感じない場合は好きな人を呼ぼうとするか、他の友達が来ないなら帰るよと、素っ気無い態度を取る事が多いです。友達だから帰りたい時には帰っても問題はないと心理が働く為に自由気ままに帰ってしまう場合があります。

本命と遊びは場合はデートを意識

本命女子と遊びに行く場合は多くの男性がデートとして意識します。そのため本命の好きな子と決める場合は男性から率先してデートコースを決めます。他の人を増やす事も嫌いますし出来る限りは、2人で一緒に過ごせる様な遊びを選ぼうとします。デートを意識している為に食事する場所なども考えて行動します。

本命との遊びは予約を確りとする

普通の気軽の食事でも、適当な店を予約しておくよ!だったり、オススメの店を聞いたからその店に行ってみる?となります。お店も予約してきちんと席を確保します。そして好きな人とデートに行く場合は2人っきりで会おうとします。積極的に男性からデートコースを決めて2人で会いたいがる場合は本命の可能性が高いです。

本命と遊ぶ場合は2人になろうとする

本命の好きな人と大勢で遊びに行く場合は、隣や近くで過ごす事はもちろん確保しますし2人で少し抜け出せる遊び場所であれば「ジュース俺達が取ってくる」「一緒に買いに行こうか?」など2人で一瞬でも過ごしたいと心理が働く為に2人になろうとします。ただの女友達の場合は俺のもついでに買って来てとなります。

本命との遊びは雰囲気がある飲み

もちろん本命な訳ですから、落としたい、手に入れたいと心理的にも感じていますので、本命と遊びに行く場所は夜の場合が多いです。お酒がある飲み屋さんや雰囲気がある少しオシャレなバー、薄暗い居酒屋などに誘う事が多いです。ただの女友達との飲みは基本はチェーン店の居酒屋や騒がしい場所が多くなります。

本命との遊びを決める時には積極的

大勢で遊ぶ場合でも、2人で遊ぶ場合でもですが、基本的な態度は積極的になります。積極的に連絡を取ったり「どこに行きたい?」「何を食べたい?」「2人で行ってみる?」と2人で行けそうか、大勢じゃないと無理かなどの判断をしたい心理が働く為です。ただの女友達の場合は連絡も適当になり、決めといてとかになります。

ただの女友達と本命の違いとは

ただの女友達と本命女子にする行動の違いについてご紹介致しました。異性と言えど女友達と本命女子にすることは明確な差があります。優しくても遊ぶに行っても「友達」という壁があれば接し方も変わってきます。仲良くしている男性がいるのなら行動をチェックして見てください!男性のサインを見逃さないようにし恋を引きつけてください!