女性の特徴

バツイチ女って性格悪い?離婚歴のある女性の特徴や心理

image&illustration by フォトイラ

バツイチ女性は本当に性格が悪いのか?それとも単純に性格が少しきついだけで悪い性格をしていると言われてしまっているだけなのか?今回はそんな離婚歴のある女性の嘘や本当について解説していきたいと思います。離婚をしただけで色々と周りから言われてしまいますが、夫婦関係とはそんなに簡単なものではありません。離婚歴のある女性はどのような性格の人が多いのか、性格の良し悪しの見分け方や、心理や特徴について考えてみましょう。

離婚を繰り返す不倫女性の性格

女性が不倫によってバツイチになったのなら、性格悪い可能性が高いです。不倫は法的に認められることではありませんし、倫理的にも良くないことです。これは子どもでも知っていることです。それをわかったうえで不倫したわけですから、性格があまり良くない、最低でも倫理観に何かしらの問題があると言えます。もちろん離婚前の家庭事情などいろいろあったでしょうが、きちんと手順を踏まずに欲を優先して不倫している時点で、性格がいいとは言えません。

離婚を繰り返す女性は、男関係にだらしない人が多いです。男性が不倫をするより女性が不倫をした場合の方が、世間からのバッシングは大きいです。一度不倫をした女性と付き合い、結婚までいったとしても、やはり「また不倫するかも」と心配になるのは当然です。ましてや過去に、不倫により離婚を繰り返す女性ならばなおさらです。不倫により離婚をしている女性を好きになってしまった場合は、自分も不倫される可能性が高いということなので、その辺も踏まえて今後の付き合いを考えていく必要があります。

離婚する人の特徴

男遊びが激しいバツイチ女性なら、性格悪いのは本当と言えます。バツイチになって落ち着くこともせずに、男性を漁りまくって遊ぼうと思えるのですから、性格がいいとは言えないでしょう。またこういった女性は、離婚する人の特徴の一つでもあり、性格が悪いはやや言い過ぎかもしれませんが、軽すぎるとか、信用しづらいと思われても仕方ありません。もしかしたら男遊びが激しいことが原因で離婚したのかもしれません。何にせよ元旦那はいい印象を抱いていなかったことが容易に想像つきます。

性格の良し悪しという観点でいえば、悪い印象の方が強く受けますが、ただ一人の男性だけでは物足りなく感じると言ってしまえばそれまでです。簡単に言ってしまえば軽い性格ということになりますね。どちらにしても一晩だけの関係と割り切るのであれば、そこまで問題ないのかもしれませんが、本気でお付き合いを考えるようなら、性格の良し悪しの前に男性関係について話し合う必要があります。いつの時代も、離婚する人の特徴は異性関係のトラブルが一番多いという訳です。

離婚歴のある女性の性格、自分勝手

普段から自分勝手でわがままと感じられるような発言が多いなら、性格悪い可能性が高いです。やはり離婚歴のある女性の性格の一つに「自分勝手」や「わがまま」というのは入ってきます。結婚しているときもわがままばかり言っていたと考えられるからです。周りがわがままと感じるほどの発言を繰り返すのは、優しい性格をしていたら到底できるものではありません。自己中心的で自分の気持ちを最優先させてしまうために、わがまま発言をしてしまうのです。

若い女性ではなく、いい大人がわがまま発言が多いのですから、そのバツイチ女性は性格が良いとは言えないでしょう。わがままな女性を見た時に、「こりゃ彼氏できないな」や「付き合っても長続きしないな」または「離婚歴ありそう」など、男性側から見ても思うことないでしょうか?やはり度を過ぎるわがままは、優しい性格ではないという事は確かです。

性格きつい、元夫の悪口ばかり

元夫の悪口ばかり言うようなら、そのバツイチ女性は性格悪いと言っていいです。本当に元夫に問題があって離婚したのかもしれませんが、仮にも一度結婚した相手の悪口ばかり言うのは、性格に問題があると思われても仕方がありません。そういったバツイチの女性は基本的に性格がきつい場合が多いです。また、人の悪口は聞いていて気分がいいものではありません。しかも元夫という反応しづらい人の悪口ばかり言うのですから、他人への思いやりに欠けています。性格が悪いと言って差し支えないでしょう。

元夫の悪口の内容をよく聞き、元夫側に問題があったのか、それとも女性の性格がきついだけで男性の方は別に悪くなかったのかを判断する必要があるので、その辺の事を調査する必要がでてきます。結婚している女性、もしくは離婚後の元旦那に対して、女性の心理や特徴の中で「旦那の悪口を言う」というのがあります。そこまで悪くなくても、こういう発言をしてしまう女性は多いので、鵜呑みにしないで「なぜ悪口を言うのか」を考えると、その女性の性格が見えてくるでしょう。

不幸アピールが多い

バツイチ女性の中には、いかに自分が苦労してきたのかということばかり話す人がいます。苦労してきたのは事実かもしれませんが、その女性は自分の不幸に酔っているだけです。自分がかわいそうだと周りにアピールして、周りの同情を買いたいと思っているんです。周りに「頑張ったね」「今まで大変だったね」と言われたいだけなんですね。離婚をだしに注目を集め、周りの感情を誘導しようという点で、性格が悪いとは言い切れませんが、あまりいい性格をしているとは言えません。

こういった女性の落とし方や口説き方は、共感をしてあげることが効果的です。度を過ぎる不幸アピールは性格に難があると思ってしまいますが、多少のアピールなら不幸話を親身になって聞いてあげることで、好意を持ってくれる可能性が高くなります。愚痴を聞いてほしいという女性心理に似ているので、ゆっくり聞いて、そのことについて話を広げてあげると効果が上がります。

悪くはない、仕事で離婚する女性

バツイチ女性がキャリアウーマンなら、性格悪いのは嘘かもしれません。仕事を優先に生きているので、夫と価値観の相違で別れた可能性が高いからです。仕事に生きること自体は性格が悪いとは言えませんから、嘘だと言えます。男性からすると家事は女性にしてほしいと思ってしまいますよね。しかし女性からすると共働きなんだからあなたも家事をしてと思うのも当然です。お互い忙しく働いていたらなおさらすれ違いが起きます。なので仕事をバリバリしている女性は、仕事で離婚する可能性が高いだけであって、性格に関してはまた別の話になってきます。

ただし仕事ができない女性や専業主婦の女性を見下すようなことがあれば話は別です。バツイチでも仕事に生きる自分の方が女性として上だと言わんばかりの態度を取るようなら、性格悪いと言って問題ないでしょう。また仕事が出来るキャリアウーマンタイプは、仕事が出来ない男性に対して評価が厳しい人も多いです。人間性ではなく、仕事が出来るか出来ないかで人を判断するような女性なら、性格が良いとは言えないですが、女性は自分より優れている男性に惹かれるという特徴を持っていることを忘れないようにして下さい。

自分を曲げない性格だから恋愛も慎重

自分の信念を強く持っており、自分を曲げることが苦手という人なら性格悪いのは嘘かもしれません。自分のやりたいことと夫のやりたいことの折り合いがつかず離婚したのなら、価値観の相違なので問題ありません。しかしながら、自分を曲げないことで周りに迷惑をかけるとか、夫を困らせ続けていたのなら性格が良いとは言えないです。自分を曲げないことは立派なのですが、人を困らせてまで自分を押し通すのは、ただのわがままとなり、性格が悪いと認定されます。

また離婚歴のある女性は、色々と経験をし様々な状況の中から「離婚」という選択をとっているので、次の恋愛に対しても慎重になるタイプが多いです。バツイチの女性は離婚の経験から学んだことも多いので、より自分の考えが強くなり曲げない性格になり、どうしても恋愛が慎重になってしまいます。自分を曲げないのであれば、ゆっくりと時間をかけて向き合ってあげれば、自ずと心を開き、恋愛に対しても積極的になってくれるでしょう。

性格が良い確率が高い、付き合う女性選び

夫が原因でバツイチになったのなら、そのバツイチ女性が性格悪いのは嘘です。女性には何の非もなく、ただただ夫側が悪いためです。結婚前に相手の全てを見抜くのは難しいです。結婚した途端に豹変する人もいます。巧みに嘘をついている場合もあるでしょう。DVやモラハラ、夫の不倫など、どうしようもないことで離婚するケースも多いです。女性側に離婚原因がないのですから、性格が悪いはずがありません。むしろいい性格をしていることがよくあります。

離婚により多少なり心の傷を負っています。夫が原因で離婚しているので、人の心の痛みも理解できる女性でしょう。そういった女性は人に対して優しくできる性格なので、離婚歴がある女性と付き合うのであれば、付き合える可能性や性格の良さからも、こういった女性と仲良くなるとよいでしょう。また夫が原因で離婚した女性も、恋愛には慎重です。「また前の夫と同じタイプだったらどうしよう」と考えます。もしこういった女性に好意を持ったら、「自分は前の夫のようなことはしない」と焦らずゆっくりとアピールして下さい。

性格は努力で変えられる

仮に離婚原因がバツイチ女性にあり、過去は良くない結婚の形だっとしても、今更生して真面目に生きているなら性格悪いとは言えません。あくまでも過去は性格悪かっただけという話になります。人はいつでも変われます。自分が変わりたいと思ったら、変わることができるのです。バツイチになって過去の自分に反省して更生したのなら、それはもう悪いとは言えないでしょう。過去が駄目でも、人はいつでもやり直せるのです。今の性格が良ければいいんです。

自分の性格が原因で離婚をして、過去を振り返って自分の悪い部分に気付き、それを直すことができる女性は、性格だけでなく恋愛においても柔軟に対応できる女性に変化しています。こういう女性と付き合ったり結婚した場合、将来についての考え方の違いや、ちょっとした喧嘩があったとしても、別れ話になる前に改善する方法を先に考えます。自分の性格を改善できた経験から、二人の関係も修復できると考えているので、より深い信頼関係が築きやすいでしょう。

流されやすい性格や心理について

バツイチ女性が押しに弱く、人に流されやすい性格なら、性格悪いというのは嘘です。きっと女性は夫の押しに負けて勢いで結婚したのでしょう。しかし何かしらの原因で結婚生活がうまくいかず、離婚することになったのです。結婚は失敗でしたし、当時の女性はもっと慎重に自分で判断するべきでした。しかし、流されて結婚したのが間違いなだけで、女性が悪いとまでは言えません。過ちを犯しやすい性格かもしれませんが、性格悪いとは言えず、嘘ということになります。よくテレビなどで芸能人が「離婚は大変」などという言葉を聞いたことはないでしょうか。離婚するまで物凄くエネルギーが必要になります。

そして離婚した後も落ち着くまでは、精神的にも心理状態も不安定です。個人差はもちろんありますが、一度乗り越えてしまえば精神も安定するので、性格も穏やかになる可能性も高いです。そして離婚の経験からたくましい女性へと変化する場合が多いのです。少なくとも前を向き始めている女性は、性格も明るく変化し、男性選びの判断も独身の時とは違う面を見るようになります。バツイチイコール性格が悪いではなく、何が原因でバツイチになったのかを考え、離婚の大変さにより一時的に性格が悪くなっただけなのか、それとも元々性格が悪かったのかを判断していく必要があります。