女性の行動

好きなのに彼氏に冷たくしてしまう女性の心理と特徴

image&illustration by フォトイラ

付き合っているのに、なぜか彼女が冷たいと思ったことはないですか?女性は好きな彼氏に冷たくしてしまう場合があります。寂しい気持ちになったり「むかつく」と思ったり、焦ることで逆にパニックなったりしないように、あなたのことが好きなのになぜ彼女が冷たくするのか心理的な状況や特徴の中から解説していきます。なぜ素っ気なくしてしまうのか考えると、彼女が何を伝えたいのかが見えてきます。

愛される資格がないから素っ気なくしてしまう

自分は人に愛される資格がないと思っているので、彼氏に冷たくしてしまうという心理です。彼氏のことは好きだと思っているのですが、自分はそんな彼氏の愛を受けてはいけない、距離を置かないといけないと思い込んで、素っ気なくしてしまうといったところでしょう。自分と彼は釣り合わないと思っているとか、自分は悪い子だから幸せになったら駄目なんだなどと思っているときにこの心理になりやすいです。

自分の偏った思考に支配されてしまい、彼氏に冷たくしてしまうんです。タイプ的にネガティブな女性や自分に自信がない女性に多いパターンと言えます。また自分的に何か過去の出来事を引きずっている女性も、愛される資格がないと思ってしまう女性も多いので、その結果彼氏に対して素っ気なくしてしまうという行動をしてしまうことが考えられます。

彼氏の言葉が素直に受け入れられない

彼氏に告白されたから付き合っているものの、自分のどこがいいのか本気で理解できないという心理です。自分のどこがいいのか理解できないので、どうしても彼氏にも素っ気ない態度をとってしまいます。例えば彼氏に「かわいい」「好き」と言われても、どこがかわいいのか理解できないので、反応が鈍くなります。本気でかわいいと言っているのに彼氏に冷たくしてしまうと、彼氏は悲しい気持ちになります。

結果、喧嘩して別れてしまうことも珍しくありません。彼氏側の対応としては、彼女が素直じゃないだけなので、大人な対応をすると関係が円滑に進むと考えられます。男女に言えることですが、何に対しても素直じゃなく反論したり冷たい態度をとったりするタイプの人はいるので、ただの「あまのじゃく」と思っておいていいでしょう。

愛を実感したくて、わざと冷たい態度をとる

愛されていると実感したくてわざと彼氏に冷たくしてしまう心理です。冷たい態度を取っても強く「愛している」と言われたい、行動で愛を示して欲しいと思っているわけですね。普通に過ごしていてもなかなか彼の愛を実感できることはないので、冷たくして彼の愛を引き出そうとしています。ある意味愛を試すようなところもあり、本当の愛に飢えているんです。

好きな人に愛されたいという強くゆがんだ思いが、冷たくしてしまうという行動に表れています。この場合は彼女は彼氏からの愛を実感していないという心理からの行動となるので、彼氏に対してわかりやすく言葉や行動で愛を示してといったメッセージになります。直接言いづらいので遠回しに伝えているという訳です。この辺も女性の特徴の一つと言えるでしょう。

彼女は言葉で好きと言ってほしい

彼氏に好きだと言われたくて、わざと冷たくしてしまう心理です。前項と似た心理だと言えます。なかなか彼氏が好きだと言ってくれない、または冷たくすると彼氏が好きだと何度も言ってくれるという理由から、冷たくしてしまうわけです。冷たくするという刺激的な扱いをすることで、彼氏の好きを引き出そうとしています。普通に好きと言ってと言えばいいだけの話ですが、それが恥ずかしいので、冷たくするという態度で甘えているわけです。

彼女は言葉でわかりやすく「好き」と言ってほしいだけなので、言ってあげれば満足してとても喜びます。あまり愛情表現をしていないようなら、たまには愛情を示してあげると、関係が長く続きし上手くいくでしょう。また彼氏からの愛を感じているけど、ちゃんと言葉で言ってほしいという女性が多いことも覚えておいて下さい。

寂しいから素っ気ない態度

彼氏に構って欲しくて彼氏に冷たくしてしまう心理です。寂しい気持ちや構って欲しくて、あえて素っ気ない態度でアピールしているということです。彼女に冷たくされて全く気にしないという男性はいないでしょう。ほとんどの男性が「不機嫌なのかな」「どうして欲しいんだろう」などと考えます。まさにそれが狙いで、もっと自分のことを考えて欲しい、構って欲しいという気持ちから冷たくするのです。

意識的にやる人もいますが、無意識にやってしまう人もいます。無意識に冷たくする女性は、「また冷たくしてしまった…」と後悔することが多いです。この場合は単純に相手にしてほしいということなので、ちゃんと気にかけてあげることで解決できる問題でしょう。逆に彼女の方が「最近彼氏が冷たい」と思っているかもしれないパターンなので、自分にも心当たりがないか考えるとスムーズに解決に進むでしょう。

本当に好きなのか試している

彼氏が本当に自分のことを好きなのかどうかわからず冷たくしてしまうことがあります。誰にでも好きと言っているんじゃないかと思ったり、浮気していると心理的に疑ってしまっているわけですね。ちゃんと自分だけを見て好きだと思ってくれているのかわからないので、確かめようとしているわけです。もしも本当に好きなら冷たくされても頑張るでしょうし、本当に好きでないなら、冷たくされると早々に諦めるでしょう。

彼氏を信頼しきれていない女性は、冷たくして彼氏を試してしまうのです。女性はこのような別れに繋がるような試し方を平気でしてくる人がいます。本気度を確かめるために、あえて「関係を続ける為に努力をするのか」それとも「嫌になって別れを言い出すのか」このような選択を男性側にさせようとします。彼氏が本気ではないのに付き合っていても時間の無駄と考える訳です。女性側が何度も愛情確認をしてきたのに、彼氏側の感じれないときの最終手段として使うことが多いです。

体調が悪く機嫌が悪い

体調は人の心理に大きな影響を与えます。体調がいいと機嫌も良くなりますし、逆に体調が悪いと機嫌が悪くなる人は多いです。特に生理のときは精神に大きな影響が出るので、いつも以上に不機嫌になる女性は珍しくありません。長年付き合っているのであれば、多少理解できるようになっているので「今日はあの日だな」とわかりますが、付き合い始めの場合は察することができないかもしれません。女性が彼氏に冷たくしてしまうのも、彼氏や本人の心の問題ではなく、単純に体調が悪くて機嫌が悪いだけということがあるんです。

特に深い理由はなく、八つ当たりしてしまっただけなんですね。男性はびっくりするでしょうが、様子がおかしいことに気づけば喧嘩にならずに済むでしょう。病気などで体調が悪い場合はわかりやすいですが、生理による不機嫌さは男性はなかなか気づかないことがあります。女性によっては人が変わってしまう程、対応や言葉に変化がでる女性もいるので、理解してあげることが大事です。

他に気になる男性がいる

他に気になる男性ができてしまったので彼氏に冷たくしてしまうという心理です。ただし彼氏のことが嫌いになったわけではありません。彼氏のことは今でも好きだと思っています。しかし、他の男性も気になってしまうので、どうしても彼氏にデレデレする気になれないのです。彼氏と別れるのか、それとも一時的な気の迷いで済むのかはまだ定まっていません。しかし心が揺れつつあるのは事実で、彼氏と喧嘩でもしようものなら、新しい男性の方に心変わりします。

また完全に他の男性を好きになってしまった場合も彼氏に冷たくしてしまいます。その場合の女性心理は、彼氏側から別れ話をしてほしいという心理からの行動になります。新しく好きな男性ができたけど、今の彼氏は別に悪い人じゃない、なので自分から言い出しずらいという考えから、彼氏から別れを切り出せようと思ってしまう訳です。女性は自分からはっきり別れを切り出すことが多いですが、好きな人が新たに現れただけで嫌いになったわけではない場合は、相手に対する罪悪感から自分から別れ話をしたくないと考える女性もいます。

元カレと比較してしまう

元カレのことを思い出してしまい「元カレは〇〇してくれたけど今の彼氏はしてくれないな」みたいなことを考え、彼氏に冷たくしてしまうことがあります。彼氏への不満と美化された元カレとの思い出への想いが心理的に残っていてそれが重なり、彼氏に冷たくするという態度になってしまうのです。無意識に彼氏と元カレを比較してしまい、彼氏を下に見ている状態です。

この状態が続くと彼氏の嫌なところばかりに目がいってしまい、そのまま別れる可能性が高いです。女性は言葉には出さないですが、必ず元カレと今カレを比較します。これは女性の心理というか本能に近い特徴であり、より良い「オス」を求めるように女性は遺伝子的にそのようにつくられています。もし言葉に出して元カレと比較されるようなことを言われたら、完全に不満が爆発した状態なので別れの前兆と捉えて下さい。

嫌なことを言われた

何か彼氏に嫌なことを言われたので、彼氏に冷たくしてしまうという心理です。彼氏が言ったことを根に持っているので、どうしても態度に表れてしまいます。言葉では許すと彼氏に言っていたとしても、内心では許していないので、どうしても冷たくなってしまうのです。時間が解決するのを待つか、モヤモヤをきちんと話し合いでもしない限り、この状態は続きます。彼氏としては冷たくされる原因がわからないので、どうしていいかわからず困ってしまいます。二人の気持ちにすれ違いが生じているんですね。

このようなことで別れに繋がってしまう場合があるので、お互いが話し合える環境作りが大事になってきます。言いたいことを言える仲で、感情的にならないでちゃんと理解や解決策を考えられる関係を作っていく必要がありそうです。上の説明した全ての例で言えることですが、言いたいことが言える環境であれば、あえて彼氏に冷たくして何かを訴える必要がないわけなので、男性側も女性側もお互いが話し合う環境作りを心がけて下さい。それができれば無駄にすれ違うことがなくなります。